ついつい体が動いてしまう!?東山奈央『生☆声優グランプリV』第五回終了後インタビュー!

By saeki, 2012年6月27日


下田麻美さんをMCに月一でニコニコ生放送にて配信している「生☆声優グランプリV」。6月11日放送分では、「神のみぞ知るセカイ」の中川かのん役でデビューし、「異国迷路のクロワーゼ The Animation」の湯音役などで知られる東山奈央さんがゲストに登場。

同じ事務所の先輩と後輩という間柄か、下田さんは東山さんについて「妹に感じて、なんだか親みたいな気持ちになる」という。そして東山さんから下田さんに対して「教えてほしいこと」をお願いし、下田さんがいろいろとアドバイスを送る。スランプの解消法といった真面目なことから、なんと「下ネタ」を教えてほしいといった一幕も……。
ちなみにアフタートーク「生グラもういっちょ」では、番組で触れられなかった「美しさの極意」について語っているので、気になる方はチェックしておこう。

東山さんは本誌の「へあちぇん!」に登場し、ショートヘア姿を披露。しかもボーイッシュとガーリッシュのイメージで撮影されている。東山さんは、特にオーバーオールが憧れで着てみたかったという感想を話していた。ちなみにそのオーバーオールを着ているボーイッシュな東山さんのポスターが付録となっている。

下田さんもファーストシングル「awake/もう一度」の発売が近いということもあって、メイキング映像を番組で流したほか、本誌にもグラビアに登場。実は本誌にとある誤植があったのだが、番組冒頭ではそれをネタにリスナーさんを盛り上げていた。

そしてすっかりキャラクターが確立されてしまった広島編集長は、今回”石川さん”と呼ばれていたほか、声の登場時には日本各地の地名が弾幕コメントで流れ、さらにはなんと、番組でのひょんなことから奥様への謝罪まですることに。今回も盛り上がりっぱなしと1時間となっていた。

―本日の放送の感想をお聞かせ下さい。

下田麻美さん(以下、下田):奈央ぼうは同じ事務所ですし、現場でも一緒になることがあったんですね。もう妹のような存在になっていて、もうすごく可愛いんです。だから今日来てくれると知ったときには嬉しかったです。
奈央ぼうと私は似ているところがあって、お互いにチキンなんです(笑)。きっと緊張しているんだろうなと思って、緊張せず全力で楽しんでもらおうということは意識していましたが、その必要がないぐらいにパワフルでしたし、映像ということも意識して身振り手振りを使ってリスナーさんに楽しんでもらおうという気持ちが全開だったので、私のほうが逆にパワーをもらって楽しんでしまうぐらいでした。

東山奈央さん(以下、東山):後輩の東山です。下田さんの後輩と名乗らせていただけることが、本当に嬉しくて……。

下田:いやいやいやいや、こっちが恐れ多いです。

東山:憧れの下田さんと、こうやって動画でご一緒させていただけてすごく嬉しかったです。一度がっつりと共演させていただいたときにすごく良くしていただきまして、また一緒にお話したいとずっと思っていたんです。
そうしたらこういう機会をいただいて。先輩に頼りきりになってしまったところもあったのですけど、1時間があっという間に過ぎてしまうぐらい、本当に楽しかったです。また来たいなと思いました。

―東山さんは緊張すると体が動くと話されていて、番組中も結構動いているように見えましたが、緊張されていましたか?

東山:まだまだフリートークが得意とはいえないので、ひとりでラジオ番組の担当もしているんですが、みなさんには見えないんですけどいつも動いています。今日は動画だったのでそれが見えてしまって「落ち着け」というコメントもいただいてしまいましたけど、そういうリスナーさんの反応が見られて楽しかったです。

―ちなみに、アフレコでも体が動いてしまう方なんですか?

東山:私は動いているつもりはないんですが……。以前ラジオで「ラジオではこんなに動いているんですけど、アフレコではノイズがのってしまうので、直立不動でちゃんとやっています!」といったら、帰るときにマネージャーさんから「いや、動いているから!」と言われてしまいました(笑)。

―番組でも先輩として下田さんがアドバイスをされていましたが、緊張しない方法のアドバイスはありますか?

下田:いやいや、そんなアドバイスをするなんて100年早いですよ。私は今でもすごく緊張するんです。トークの仕事でも最近まで緊張癖が抜けなかったし、自信もなくて悩んだりもしたこともたくさんあったんです。「自分のトークなんて聞きたくない」ぐらいまで思ったことも結構ありましたし、楽しませる以前に自分が楽しめないという時期も長くありました。
ただ、あるときから吹っ切れたんですね。「こうじゃなきゃいけないというのを全部捨ててしまえ」と思ったら、急にトークの仕事が楽しくなって自信を持てるようになったんです。何度も積み重ねていくと見えてくるものがあるし、そこで景色が変わることもあるのかなと思います。ただ、今は若いんだから突っ走っていけばいいんだよと言いたいです。

―東山さんは本誌の「へあちぇん!」でショートヘア姿になっていました。本誌でも放送でも、より男の子っぽくしてみたいという希望を話されていましたが、女性の髪形としてやってみたいものはありますか?

東山:そうですね……。もともとショートヘアだったんですけど、どうしてここまで伸ばしているのかというと、堀江由衣さんや小倉唯ちゃんみたいに「髪の毛が長いといったらこの人だよね」と言われるぐらいに伸ばす挑戦をしてみたくて、伸ばしたままにしているんです。なので、今の状態が女子としての理想ではあるんですよね。
手間はいろいろとかかるんですけど、いろんな髪型ができるのは魅力だと感じています。ここままもうちょっと伸ばしてみようかなと思っています。

―下田さんはいかがですか?

下田:私はずいぶん長いままなので、バッサリと短くしたい気持ちはあります。でも「切りたい切りたい」と言っている割には踏み切れないんです。「切りたいな」と思っているだけで切れないままなのは、きっと今の長さが好きなのかなと思います。
色も「染めたいな」ということはいろんなところでお話しても、結局は染めたことがないんです。何か自分の中で大きく気持ちを切り替えたいタイミングになったら、バッサリといくかもしれませんね。

―今よりも長かったときはありましたか?

下田:腰までとはいかなくてもおなかぐらいまではあったかな? 座るときに背中ではさんでしまうストレスで切ってしまいましたね。だから伸ばしている方はすごいと思いますし、とても綺麗にしている方も多いのですごいと思います。

―今回は下田さんもシングルCD発売間近ということで、番組ではメイキング映像も流されていましたが、なにかエピソードはありますか?

下田:3月の頭に撮影したものなんですけど、前日に雪が降っていたんです。なので空気が冷たかったんですけど、初夏の雰囲気で撮影するということで、まず衣装を探すのが大変だったんです。さすがにその時期に初夏のような服は売ってないので。
撮影のときもストッキングを履きたかったんですけど、つま先を出すということで素足で頑張りました。寒さで鳥肌が立ってしまうといったようなこともあったんですけど、スタッフさんも別のCDでご一緒したことがあったので、アットホームな雰囲気で臨めましたし、そのおかげもあって自然な表情の写真がたくさん撮れたなと思います。

―それではみなさんに向けてメッセージをお願いします。

下田:今回は私もCDの発売直前ということで情報もお届けさせていただいたんですけど、こういった番組ですとみなさんに動画を見ていただくことができて、リアルタイムでみなさんからのリアクションをいただけることが、心の励みになります。感想をいただけることが自信にも繋がりますし、見ているだけじゃない「コメント」があるからこそ、盛り上がったり共有できるものというのがすごくたくさんあると思います。
それはニコニコ生放送ならではですし、すごくいい感じの番組になってきていると思います。次回のゲストさんはまだわかりませんけど、ニコニコ生放送ならではの「声優グランプリV」を楽しみたいと思います。

東山:今日は下田さんに頼りきりになってしまいました。私が緊張しっぱなしなところを和らげようとしてくださったり、言葉に詰まったところをフォローしてくださったり……。番組の最初に「大船に乗っかったつもりで楽しんで」と優しく声を掛けてくださったので、お任せした状態で何も考えず楽しみました。「こうすればいいんだ」というお手本をいっぱい見せていただきましたし、気づけば時間通りに終わっているんですよね。それにすごく感動しました。

下田:でも、告知を忘れてしまいましたけど(笑)。

東山:今日もお話ししていて、仕事で悩んだときに下田さんに相談したら、いいアドバイスをいただけそうと感じました。とにかく今日は楽しかったですし、下田さんを尊敬する気持ちが改めて出てきました。そして本誌で「へあちぇん!」に出させていただきましたけど、本当に豪華な「へあちぇん!」だったと感じています。
衣装の2パターンというのは最近でも行われているようなんですけど、今回はウィッグも2つ用意してくださって、両方ともショートカットではあるんですけど、ボーイッシュとガーリッシュということで似ているようですけど細かいところにもこだわっていただきました。
5ページもあって、めくってもめくっても私が出てくるという、こういう機会はそうそうないので恵まれていると感じています。ぜひ髪の短い東山を見ていただけたらと思います。今日はありがとうございました。

―ちなみに、今回の放送が5回目で、「声優グランプリV」の「V」は「5」とも読めるので、ぜひこの「V」にちなんだコメントをいただけますか?

下田:そういえばこの「V」は何を意味するんでしょう……と疑問に思っていましたが、これはきっとビクトリーのVということで、番組でも「見た人全てが勝ち組となれる番組」と言ったことがありますが、この「V」は「勝ち」を意味するものです。ということで、この番組を見ないと負け組になってしまいますから、これまで見てなかったみなさんは、ぜひ来月からでも「見るんだV」……ということで。

東山:えーっと、えーっと……、女の子の好きな”ぶい”(部位)は、二の腕です。

下田:素晴らしい(笑)!

また次回、7月9日(月)放送の第6回ゲストは、早くも伊藤かな恵さんに決定!お楽しみに!!
http://live.nicovideo.jp/watch/lv98227697

<Text/さとかず・Photo/ダンディ佐伯>

●公式サイト『声優グランプリweb』
http://seigura.com/

●携帯サイト『声優グランプリV』
http://seigra.com/
アクセスはこちらから↓

●『声優グランプリ』公式ツイッター
@seigura(https://twitter.com/#!/seigura
●『声優グランプリV』公式ツイッター
@seiguramobile(https://twitter.com/#!/seiguramobile

【関連記事】
・「札幌ラーメン」は誰から教わった?『生☆声優グランプリV』第四回終了後 上坂すみれインタビュー!
http://repotama.com/2012/05/23810/
・アフタートークも必聴!『生☆声優グランプリV』第三回終了後 大亀あすかインタビュー!
http://repotama.com/2012/04/21298/
・竹達彩奈が写真集・CD・DVDについて語る!『生☆声優グランプリV』第二回終了後インタビュー!
http://repotama.com/2012/03/17946/
・ゲストは茅原実里!ニコニコ生放送『生☆声優グランプリV』第一回終了後インタビュー!
http://repotama.com/2012/02/14815/