アフタートークも必聴!『生☆声優グランプリV』第三回終了後 大亀あすかインタビュー!

By saeki, 2012年4月25日


下田麻美さんがパーソナリティを務め、毎回ゲストを招いてトークを繰り広げる月1バラエティ、『生☆声優グランプリV』。第三回は大亀あすかさんがゲストに登場!!

―本日の放送の感想をお聞かせ下さい。

下田麻美さん(以下、下田):ニコニコ動画に移行してから3回目になって、番組のほうも徐々にニコニコ動画のシステムをうまく使っていけるような体制になってきました。大亀あすかちゃんはUstreamの時に続いて出て下さったのですが、コメントが流れるたびにすごく感動していたのが印象的で、なんだか娘を見ているような心境になるぐらいすごく可愛かったです。Ustreamとの違いがあったので、新しい楽しさがあった回でした。

大亀あすかさん(以下、大亀):もう下田さんは本当に上手いです。(会話の)回しも持ち上げるのも全部上手いなと(※ここで、持ち上げるジェスチャーをする)。

下田:なんですか? そのジェスチャーは?(笑)。

大亀:言葉では説明できないぐらいなので、身売り手振りで表現してみました(笑)。もう下田さんがきれいに私と横浜さんを(※声優グランプリ新編集長の広島さんのこと)……。

下田:横浜は都道府県ではないよ?(笑)。

大亀:もうコロコロってまわしてくれていたので、本当に楽しかったです。あと質問も今回初めて見て、私もやりたいと思いました。また機会がありましたら遊びに来たいです。

―アフタートークやコメントも収録されて、その中では温泉の話題が出ていましたが、聞き所を教えて下さい。

下田:アフタートーク「生☆グラもういっちょう!V」のほうでは、亀ちゃんと一緒に放送を振り返ったり「ワイルド」なお話をしたんですけど、こっちの本編に流したかったぐらい面白い内容でした。本編とは別に亀ちゃんがやりたいことをやってみましたので、本編とあわせて聞いていただきたいと思います。

大亀:あの……エコーを使って温泉に入りたかったんです。それをやってみたんですけど、理想と現実は違いますよね(笑)。とある一日のお風呂風景になってしまいました。ぜひ聴いていただきたいです。あさぽんさんも巻き込んでしまいましたし。

下田:私も一緒に出ちゃいました。「この雰囲気に巻き込まれたくないな……」と思ってビクビクしていたら、ズルズルと巻き込まれてしまいました(笑)。

大亀:最初から「これはやばいぞ」と思っていたんですけど……。

下田:一緒にどぶ風呂に入りました(笑)。もうドロドロのお風呂に入らせていただきました。体を洗い合い……。

大亀:裸のつきあいをしましたよね。

下田:どんな風になっていたのかは、聴いていただいたほうが100倍楽しいと思います。ちょっとした罰ゲームみたいな感じですが、Sっ気のある方は聴くといいと思います(笑)。

―ちなみにプライベートで二人で何かするとしたら、どんなことをしてみたいですか?

大亀:今回はエコーで温泉に入った風でしたが、私は本当にあさぽんさんと一緒に温泉に行って、お風呂に入りたいです。

下田:本当?……何が狙いだ?(笑)。

大亀:いやいや、やっぱり裸のつきあいをするともっと距離が縮まると思うんです。

下田:もうね、亀ちゃんにはもう一人、中におっさんが入っているんです(笑)。

大亀:何を言っているんですか。女の子同士がお風呂に入るのは法律でも問題ないですよ。

下田:そうね、そうね。私も温泉も入るのはすごく好きなので、機会があれば温泉といわずスパ行くのもいいですね。

大亀:一緒に垢すりとかしたいです。

下田:……やっぱおっさんやなぁ(笑)。番組の話に戻すと、なりきり番組とかも面白そうかなと。くだらないこともしたいです。

―番組ではワイルドなキャラやセクシーなキャラをやってみたりしていましたが、今年目指すキャラを教えて下さい。

下田:今年は頼れるキャラになっていきたいなと思います。現場でも年下の方と一緒になる機会が増えたと、今年は特に実感しているんです。もう何人も制服の女の子とスタジオで一緒になりましたし、後輩の方とも仲良くさせていただく機会も多いので、気軽に飲みにでも誘ってもらえたり相談に声をかけてもらって聞けるような、身近な頼れる存在になりたいですね。
私は気弱でネガティブ思考のところもあって、ファンの方にすごくご心配をおかけすることもあるんですね。「大丈夫ですか?」「そんなに気にしなくていいですよ」と言っていただくことも多いので、みなさんに心配されなくていいような、ドドンと構えた女になりたいです。

大亀:すごい、かっこいい!

―番組内でCDの告知をされていましたが、改めてアピールをお願いします。

大亀:私たちが作詞を担当したんですけど、歌詞はどこか響くところがあると思います。私としては、私たちに会いたくなったらこのCDを聴いてほしいというイメージで作りました。
多くの方に聴いていただきたいですし、ふと顔を思い出して急に私たちの声が聴きたいと思ったときには、ぜひ聴いて下さい。

―3日間という短い時間にいろいろと忙しくこなされていたとの事ですが、印象的なエピソードはありますか?

大亀:名前を書くとき(※CDブックレットに、応援メールをくれた方全員の名前を三姉妹が手書きで掲載する企画)に、いろんなことが重なっていたんです。第100回の放送も重なっていて、たしかその日は築地に朝6時半に集合だったんです。そこでロケをしてスタジオに戻って収録をして、そのあと直筆の名前を書くという……。夜までかかって大変でした。もう涙なしでは語れない苦労がありました(笑)。

―最後にメッセージをお願いします。

下田:いつも番組を聴いて下さっているみなさんありがとうございます。今日はCDの発売の報告もあったのですが、なんといっても声優グランプリの編集長になられた「47の名前を持つ男」広島さんの就任やお子さんが生まれたという報告が入ってきて、「ああ、4月だな……」って感じられる放送になりました。
本当にすごい情報番組になってきたという感じで、広島さんのお子さんの人生に影響してしまった以上(笑)、責任を持ってこの番組を盛り上げていきたいなと思っています。
毎回毎回楽しみですし、5月の放送はこれ以上の楽しさをお届けできるように頑張ります。

大亀:すごい素敵な番組で、これによって声優グランプリさんがどんどん売れていくと実感しています。なので視聴者の方やこれを読んでいるみなさんはすぐに声優グランプリを買ってほしいです。みなさんの気持ちが番組継続の力になります。

下田:雑誌内のアンケートハガキも是非送って下さい! よろしくお願いします!!

※次回放送(5月14日)ではゲストに上坂すみれさんが登場! お楽しみに!!

<Text/さとかず・Photo/ダンディ佐伯>

●公式サイト『声優グランプリweb』
http://seigura.com/

●携帯サイト『声優グランプリV』
http://seigra.com/
アクセスはこちらから↓

●『声優グランプリ』公式ツイッター
@seigura(https://twitter.com/#!/seigura
●『声優グランプリV』公式ツイッター
@seiguramobile(https://twitter.com/#!/seiguramobile

☆携帯サイト『声優グランプリV』会員3名に、下田麻美さん&大亀あすかさんのサイン色紙をプレゼント!
応募〆切は4月30日まで。『声グラV』(http://seigra.com/free)へアクセス!

【関連記事】
・竹達彩奈が写真集・CD・DVDについて語る!『生☆声優グランプリV』第二回終了後インタビュー!
http://repotama.com/2012/03/17946/
・ゲストは茅原実里!ニコニコ生放送『生☆声優グランプリV』第一回終了後インタビュー!
http://repotama.com/2012/02/14815/