【12/13開催】『干物妹!うまるちゃん』の魅力を濃縮! 昨年末に開催されたスペシャルイベントがBD&DVDに!

By saeki, 2016年2月15日


2015年夏、多くのファンがヒロイン・うまるの可愛さに萌えたTVアニメ『干物妹!うまるちゃん』。そのスペシャルイベント「干物妹!うまるちゃん 宴・THE FINAL ~そして伝説へ~」が、12月13日に埼玉県和光市の和光市民文化センターの大ホールで開催された。

 イベントは、会場を埋め尽くした1000人を超える観客の大歓声に包まれながら登場した土間うまる役の田中あいみさんが歌うアニメOPテーマ「かくしん的☆めたまるふぉ~ぜっ!」でスタート。「おにいちゃーん、おねえちゃーん、こんばんはー!」と挨拶しながら、作中のヒロインそのままの学校制服姿で元気いっぱいに歌う田中さんに、会場のボルテージは一気に急上昇。さらに海老名菜々役の影山灯さん、本場切絵役の白石晴香さん、橘・シルシンフォード(シルフィン)役の古川由利奈さんがもそれぞれ作中のキャラが着ていた制服姿で登場。そんなキャラクターソングやEDテーマを歌ったユニット“妹S(シスターズ)”のメンバー4人の勢揃いに観客は大興奮!

 ライブパートとなった前半戦はPS Vita専用ゲーム『干物妹!うまるちゃん ~干物妹!育成計画~』のOPテーマ「フィーバー夏Vacation!」やBD&DVD収録のキャラクターソング「Dreamy Friends」などを“妹S”が見事なシンクロのダンスと振り付けで披露。さらに田中さんと影山さんが、それぞれうまると海老名ちゃんのキャラソンメドレーをソロで熱唱すると、会場の空気はますますヒートアップしていくことに。曲の合間にはレコーディング秘話をはじめとした和気あいあいとしたトークが交されたりと、楽しいライブステージにファンは大満足といったようす。

umarucyan_event_zenin_01

 ここからは妹Sが出演していたニコ生番組『ダラなま』のイベント出張版のコーナーに。まずステージ上のスクリーンに、こちらもそれぞれ演じたキャラクターの姿にコスプレした土間タイヘイ役の野島健児さん、ぼんば(本場猛)役の安元洋貴さん、橘・アレックス役の柿原徹也さん、叶課長役の小清水亜美さんが映し出されると観客は大喜び。『ダラなま 残業版』と称してアフロヘアの安元さんや金髪の柿原さんによる軽快な掛け合いに観客は大爆笑となっていた。残業版が終了すると妹Sが登場。ステージ上には『ダラなま』でおなじみの番組セットが用意され、放送当時とそのままに妹Sはコーラで乾杯。こたつで丸くなりながらアニメ本編でのお気に入りシーンを振り返ったり、収録の思い出や、キャラへの想いなどを語ったりとトークを展開。そして、残業版で先輩4人が要求した無茶ぶりのサプライズに対して、果敢にチャレンジ。ステージに登場した野島さん司会の中、メガネ姿になったりぼんば風のアフロのカツラを被ったり、萌えセリフでアピールしたりと、恥ずかしがりつつも会場を盛り上げた。そして、野島さんの手には、「ゴボウ」が…。田中さん、影山さん、白石さんと息の合った小芝居でリレーされたゴボウが古川さんに手渡され、以前『ダラなま』で披露したゴボウダンスを生お披露目。そこからポージングゲームも展開して、『ダラなま』そのままの空気感にファンはグータラしながら酔いしれた。

umarucyan_event_zenin_03

 後半戦は再びライブパートに突入。曲中の決めポーズがイベントパンフレットの表紙のイラストに使われたという「SistersWink」や、ハロウィンを題材にしたいつもと雰囲気が違う「Happy Nightmare ~妹たちの饗宴~」、白石さんと古川さんによるソロでのキャラソンメドレーに続いて、イベント開催直後の13日にリリースされたBD&DVD第4巻に収録された最新曲「X’mas Decoration」をここでなんと本邦初公開。クリスマスソングとなっているこの曲の最後に仲良く手をつないだ4人に、会場からは大きな拍手がおくられた。

 ここでイベントもフィナーレに差し掛かり、キャスト陣が想いを込めて会場に集まったファンにメッセージ。古川さんは「ド新人ということもあり、シルフィンという可愛いキャラクターを演じられることは不安もありましたが、すごくうれしいことでもありました。そんな私をのことを温かく受け入れてくださったみなさんには感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございました。今日のイベントも楽しかった!」、
白石さんは「こんな風に歌ったり踊ったりするのは初めてでした。私は不器用なこともあってこれまでうまるちゃんのイベントやニコ生ではドジばかりでしたが(笑)、みなさんのおかげで声優というお仕事が楽くて素敵なんだなと改めて思うことができました。ホントに幸せでした」とコメント。
影山さんは瞳を潤ませながら「アニメに出るのもこの作品が初めてで、ドキドキしながらのアフレコでした。でも、みんなあったかく見守ってくれたりして、そんな優しい雰囲気の中で精一杯やってこられたんだと思っています。これでもう(ファンの)お兄ちゃんやお姉ちゃんたちと会えないのはすごくさみしいけど、またみんなで集まれたらいいなと心から願っています」とコメント。
最後に、田中さんも声を詰まらせながら「本当に2015年はうまるちゃんだらけの一年でした。オンエアまではすごい不安でしたが、本編もOPテーマもうれしい反響をいただいて、うまるとの出会いは私の人生の中での大きな出来事となりました。本当にたくさんのものをもらえた作品でした。うまるとあいるーは幸せです。本当に楽しかった。ありがとうございました!」と挨拶。最後に妹SでEDテーマの「ひだまりデイズ」を心を込めて歌い上げ、イベントはついに終幕へ。

 ここで終わりかと思ったものの、アンコールの大声援に応えて妹Sと野島さんがライブTシャツ姿でステージに再登場。最後はキャスト陣と観客が声を合わせて笑顔いっぱいに「かくしん的☆めたまるふぉ~ぜっ!」の大合唱。こうして妹Sの4人が主題歌やキャラクターソングなど全13曲を披露するライブ、そしてうまるちゃんらしいバラエティコーナーで展開した、『干物妹!うまるちゃん』の魅力がギュッと詰め込まれた約3時間のイベントは、興奮と感動に包まれながら幕を閉じた。

 そんな大盛況となった今回のイベントのもようは2016年2月17日に発売されるBD&DVD第6巻に特典映像として完全収録。詳細などは公式サイトをチェックして欲しい!

<Text/川畑 剛>

●『干物妹!うまるちゃん』アニメ公式サイト
http://umaru-ani.me/

umarucyan_event_kageyama_01 umarucyan_event_kageyama_02

umarucyan_event_furukawa_01umarucyan_event_furukawa_02

umarucyan_event_shiraisi_01umarucyan_event_shiraisi_02

umarucyan_event_tanaka_01umarucyan_event_tanaka_02