【プレゼントあり】曲もアニメもテーマは「海」! 「lull ~そして僕らは~」を歌うRay インタビュー

By saeki, 2013年10月27日


毎週切なくてキュンとする展開にドキドキし、美しい背景とファンタジーな世界観に見とれてしまうアニメ『凪のあすから』。そのオープニング主題歌「lull ~そして僕らは~」を歌うRayちゃんにインタビュー!

―アルバム「RAYVE」を6月にリリースしましたが、デビュー当時を振り返って、変わったなぁって思う部分はありますか?

Rayさん(以下、Ray):デビューして1年半以上経って、あっという間だなって思うんですけど、デビュー当時はレコーディングも、ブースに入ることも初めてで、緊張して“自分らしさ”というのをなかなかしっかり出せないでいたんです。
でも、1年半は短いような長いような……。充実した時間を過ごさせていただいた中で、自分らしい表現を少しずつできるようになってきたんじゃないかなって思います。

―アルバムは、本当にいろんな曲がありましたからね。

Ray:そうですね。アルバム制作が一番刺激になりました。勉強にもなりましたし。その中で、いろいろな自分を見てもらっての“自分らしさ”かなと思います。

―ちなみにシングル「lull ~そして僕らは~」は、いつ頃制作していたのですか?

Ray:7月のはじめ頃です。でも、その前に『凪のあすから』のイメージソングとして「凪-nagi-」という曲を歌わせていただいて。その頃、まだ主題歌を歌う事は決まってなかったんですけど、オープニングを歌えたらいいな、とちょっと期待して、心の中でワクワク!とはしてました。

―この楽曲はどのような流れで制作をしていったんですか?

Ray:I’ve(音楽クリエイターチーム)さんに楽曲をいただいて、その後、詞をいただいてレコーディングしていったんですけど、「lull~そして僕らは~」に関しては、作詞の川田まみさんから、歌詞と一緒に「男の子目線の歌詞だよ」というメモをいただいて。歌詞のフレーズの中にその言葉を意識しながら歌いました。

―わりとデビュー曲の「sign」(アニメ『あの夏で待ってる』OPテーマ)に近い印象を受けました。

Ray:楽曲のイメージも近いかなと思うんですけど、ここまでキラキラしたファンタジーは初めてなので、そこは意識しつつ。
それと『凪のあすから』は1話から切ないフラグが立ちまくっていたので……。デビュー曲の時とは違う、切なさがすごい伝わってきました。

―ちなみに1話を見た感想は?

Ray:第一印象は、画がきれいだなと思いました。ポカーンとしながら、はぁ~きれい!って見ていたんですけど、テレビ越しなのにファンタジーの世界に潜り込んでしまったような感じ。シナリオを読んでいたのでわかっていたけど、切ない関係が始まると思いながらも、海村の登場人物の仲の良さが羨ましいなと思いながら、楽しく見てました。

―楽曲を受け取った時、どう思いました?

Ray:最初、メロディだけをいただいていたんですけど、その時は優しくて可愛くて、キラキラした良い曲だなって思っていたんです。でもこの歌詞を合わせると、優しくて温かいけど、すごく切ない曲に感じて。だからメロディを聴いた時と、歌詞を合わせた時の印象が本当に違いました。
切なくてもどかしい、男の子だから、強がっちゃうんだろうなっていうのも感じられて。ただ優しい歌い方だけじゃダメかなって、考え直したりもしました。

―光くんを頭の隅に置いて歌う感じ?

Ray:そうですね。と言っても声質を変えるとかではなくいですが。光くんって本当に真っ直ぐな子なので、わりとイメージはしやすかったんですけど。
たとえば思っていることと反対のことを言っちゃう。そういうもどかしさも表現できるようにと考えながらレコーディングに臨んだので、他の曲と比べると、歌う前に考える時間が長かったかもしれないです。

―ではレコーディングはスムースにいきました?

Ray:いくつか試したことはあったんですけど、わりとスムーズに。順調に進みました。

―歌詞やアレンジから、光くんの心情だけではなく、情景がすごく浮かんでくるなと思いました。〈凪ぐ水面〉とか、言葉もすごく素敵で。

Ray:そうなんです。アニメを見ていない方でも情景やシーンは浮かびやすいと思います。

―初回盤に付くDVDに収録されるPVは、まさに“海”! アニメとはまた違う印象のPVでした。

Ray:生まれて初めて沖縄に行って撮影してきました。真っ白い砂浜に、明るいブルーの海で、船に乗って、空撮もしてもらって、すごく豪華なPVになっています。
『凪のあすから』のイメージ通りなところもあって、海を覗けば魚が泳いでいたり、海に反射した雲がキラキラ見えるのもすごくきれいで。きっと海村から空を見上げたら、こういう感じだなと思ったり。そういう意味ではアニメとのつながりもありました。

―何だか、少し面白いストーリーにもなっていて(笑)。

Ray:そうですね(笑)。あれは300年後の世界なんです。お家に帰ってきた少女の周りには誰もいない。で、持っていたカバンを開いてみたら……っていう(笑)。変わったPVですけど、すごくきれいなので。
2メートル位の距離から、ばぁーって後ろに引いていく空撮シーンは、海や砂浜も一緒に見てもらえる壮大でさわやかな映像になっています。

―メイキング映像も入ってますね。

Ray:少しだけメイキングを撮られるのも慣れてきました。私も他のアーティストさんのメイキングを見るので、視聴者の方の気持ちになると、普段の顔が見たいんだなって思うんです。だから自然に会話する感じを撮ってもらえたらと思ったんですけど、やっぱり緊張してできませんでしたね(笑)。

―沖縄はどうでした?

Ray:雨も降らずに、すごくきれいな青空の下で撮れました。日照りが強くて大変でした。でも夕方には船で本土に帰らないといけなかったので、夜はご飯と食べるだけ! 沖縄でおいしいごはんをいっぱい食べました。

―初回盤、アニメ盤には、アニメのノンテロップオープニングが入るのも嬉しいですね。

Ray:何回も繰り返し見ることができるのはすごく楽しみです。アニメもきれいで感動するんですよ!

―そしてカップリングには「I’m MONSTERちゃん」という面白い曲が入りますね。何かテーマはあったんですか?

Ray:IKUOさんに曲を書いてもらい、三重野瞳さんに歌詞をお願いしました。ライブで盛り上がる曲がいいなと。
カッコかわいい、面白い曲になりました。これも歌詞と合わせたらがらっとイメージが変わった曲ですね。

―歌詞の発想がぶっ飛んでていいですよね。こういう歌詞の意味って、やっぱり想像しながら歌うんですか?

Ray:そうですね。やっぱり理解できるまで読んで考えます。もしかしたら作詞家さんと考えが違うことがあるかもしれないけど基本的には「私はこう解釈して歌う!」というふうにしています。
やっぱり歌っているのは自分で、自分の楽曲なので、「これはRayの曲なんだ!」ってするには、自分なりの解釈で歌うのがいいと思うので。ただ、タイアップ曲は、作品の内容にも関わってくるので、作詞家さんとちゃんと確認をしながら歌っています。

―すごくロック色が強い曲ですが、ライブを意識したり?

Ray:ライブで盛り上がれる曲ということはお願いしていたので、曲の中に初めての掛け合いが盛り込まれているんです。
これを予習してライブに遊びに来てもらえると、みんなで盛り上がってもらえるんじゃないかなって。だから予習してきてね!

―もともとロックっぽい曲は好きだった?

Ray:大好きです! 昔からバンドの曲も好きで、ヘヴィメタルなどを聴いていたので。アルバムの時もいろんな楽曲に挑戦したんですけど、ここまでロックなものはあまりなかったんです。今回はロックと言い切れる楽曲だと思うので、楽しかったです。

―それでは最後にメッセージをおねがいします

Ray:4枚目のシングルなんですが、アルバムをリリースしてから1枚目のシングルということで、初心に戻った気持ちで、歌いました。
『凪のあすから』というアニメの主題歌なので、私もその切なくてもどかしい中に入り込んで、少しでも切なさやキラキラ感を感じてもらえたらと思っています。じっくり聴いてください。
それと12月29日には渋谷CLUB QUATTROで、2回目のワンマンライブを開催します。年忘れライブの気持ちで、私自身も楽しんで、その楽しみが伝わるくらいみなさんと一緒に盛り上がりたいと思うので、ぜひ遊びに来てくださいね。

<Text/塚越淳一>

【CD概要】
■OPテーマ シングル
Ray「lull ~そして僕らは~」
2013年10月30日(水)発売


【初回限定アニメ盤 】(CD+DVD) 
品番:GNCA-0309
税込価格1,890


【初回限定盤】 (CD+DVD) 
品番:GNCA-0310
税込価格1,890


【通常盤】 
品番:GNCA-0311
税込価格1,260

【ライブ概要】
Rayワンマンライブ「RAYVE02~DREAMS COME TRUE~」
2013年12月29日(日)
【東京】渋谷CLUB QUATTRO
開場18:00 / 開演19:00

<チケット料金>
前売¥4,200 / 当日¥4,800

チケット一般発売中!

●ローソンチケット
Lコード:76803/TEL:0570-084-005/WEB:http://l-tike.com
●チケットぴあ
Pコード:206-239/TEL:0570-02-9999/WEB:http://eplus.jp

お問い合わせ:KMミュージック(TEL:045-201-9999(土日祝日を除く) )

●Ray オフィシャルサイト
http://www.geneonuniversal.jp/rondorobe/music/ray/
●公式ツイッター
@_r__a__y__

【プレゼント】
Rayさんの直筆サイン入り色紙を1名の方にプレゼント!
ご希望の方は、「lull」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)

応募締め切り:2013年11月30日(土)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)