【8/26開催】恒例の夏ライブ!「PIZZA-LA Presents Buono! Delivery LIVE 2012 ~愛をお届け!~」レポート

By saeki, 2012年9月4日


嗣永桃子(Berryz工房)、夏焼雅(Berryz工房)、鈴木愛里(℃-ute)の3人からなるロックユニットBuono!が、毎年恒例となった夏ライブを横浜BLITZで行った。

もともとテレビ東京系列のテレビアニメ『しゅごキャラ!』のテーマソングを歌うために結成されたユニットだが、アニメ終了後も活動を継続。最近は海外からの注目も高く、今年2月にフランスで行った単独ライブでは、外国人ファン1000人を熱狂させたという人気ぶりだ。

「ふたりとも、どんな形で愛をお届けする?」(嗣永)
「昨日8月25日に20歳になったばかりなので、10代と違った20歳の色っぽい私をお届けできたら」(夏焼)
「大好きな歌を中心に、私の全身からみなぎるすべての愛をお届けしたいです」(鈴木)
「じゃあいろんな形でお届けして行きましょう!」(嗣永)

アルバムでもトップを飾った1曲目、疾走感たっぷりの「FEVER」からスタートしたBuono!は、アイドルらしさ満開の1stシングル「ホントのじぶん」でかわいらしさを、オールユニゾンの「JUICY HE@RT」では、ハードでボリューミーな歌声を披露。バンド演奏の重低音に合わせて多彩に変化する彼女達の魅力に、会場はしょっぱなから大フィーバー! 1曲ごとに割れるような歓声がわき上がり、赤(夏焼カラー)、ピンク(嗣永カラー)、緑(鈴木カラー)のサイリウムがビートを刻んでいく。

また、骨太なロックな「Independent Girl~独立女子であるために」、アイドル系ロックサウンド「ロッタラ ロッタラ」と人気曲が続く中、「Kiss! Kiss! Kiss!」では、電光掲示板に歌詞が流れ、その部分を観客が歌うという演出も。
「みなさんに歌っていただこうという初の試みだったんですが、“声を出したいけど歌詞覚えてないよ”とか、電光掲示板に歌詞が出たけど“ももち邪魔で見えねーよ”って顔をしていた人もけっこういました(笑)」(嗣永)と、得意のトークも冴えまくる。


 
中盤はソロタイムに突入。嗣永がピンクの制服風パンキッシュ衣装、鈴木がレディ・ガガ風シルバードレス、夏焼がフワフワのオーガンジードレスと、それぞれがセフルプロデュースしたという衣装で登場し、バラードやミディアムテンポで、じっくり聴かせるナンバーを次々と披露。歌唱力に定評がある3人の伸びやかで力強い歌声に、さっきまでの大騒ぎがウソのように静まり返る会場。普段はグループの活動であまり聴くことのできないソロを味わい尽くすかのように、観客は全身で歌に聴き入っていた。

そして後半、ピンクのチェックを基調にしたゴスロリロック(嗣永)、赤いエナメル&ギターがイカしたハードロック(鈴木)、ウサギとトランプがポイントのアリスうさちゃんロック(夏焼)に変身した3人は、「最強の夏をお届けします!」のかけ声とともに、アルバム曲から「GO!GO! ゴーダ」、「初恋サイダー」、「恋愛♥ライダー」などの盛り上げナンバーを連投。アンコールのラスト「Bravo☆Bravo」では、弾けまくる客席と一緒にタオルを回し、大熱狂の中でライブを終えた。

「今日は、出足から最後までロックに走り抜けられたと思います。みなさんも回を重ねるごとにみなさんもめちゃめちゃロックになっていて、こっちもビックリ(笑)。Buono!はロックをテーマにやっているので、今後もロックとアイドルの調和を楽しんでやっていきたいです!」(鈴木)
かわいさと激しさを併せ持つBuono!ライブ。ハロー!プロジェクトとはまた違った彼女達の一面が見られた。

<Text/河本チーター>

<セットリスト>
01. FEVER
02. ホントのじぶん
03. JUICY HE@RT
04. Independent Girl~独立女子であるために 
05. ロッタラ ロッタラ
06. Kiss! Kiss! Kiss!
07. 未来ドライブ
08. うらはら(嗣永桃子)
09. Blue-Sky-Blue(夏焼雅)
10. My alright sky(鈴木愛理)
11. 夏の星空
12. Never gonna stop!
13. 泣き虫少年
14. ロックの神様
15. GO!GO! ゴーダ
16. 初恋サイダー
17. 恋愛♥ライダー
18. MY BOY

<アンコール>
01. BELIEVE★★★
02. Bravo☆Bravo

●Buono! オフィシャルサイト
http://www.helloproject.com/buono/