【プレゼントあり】12か月分の想いをこの1枚に込めて 1stデジタルアルバム『Colorful Diary』をリリースする熊田茜音 インタビュー

By saeki, 2021年1月29日


声優・アーティストとして活躍中の熊田茜音。待望の1stデジタルアルバムが、アーティストデビューからちょうど1周年となる2021年1月29日(金)にリリース!
初のデジタルシングル「Start up *DREAM*」、2020年8月~12月まで5か月連続リリースされたデジタルシングルのほか、新曲6曲を収録! 怒涛の1年を駆け抜けてきた熊田さんにお話をうかがってきました。

―新年の初詣で「クマ吉」を引かれたそうですね。

熊田茜音さん(以下、熊田):そうなんです! ただし、私のラジオ『アカネノ音』の企画での話ですが(笑)。リアルでは、近所の神社に行きました。おみくじで大吉を引けたので、2021年はいい年になりそうです!

―そんな好スタートを切った熊田さんですが、デビュー1周年の1月29日にデジタルアルバムのリリースが決定しました。

熊田:実は、デジタルアルバムのお話自体は、昨年4月にデジタルシングル「Start up *DREAM*」をリリースしたころから出ていて。これまでみなさんにお伝えできなかったのがもどかしかったです。

―『Colorful Diary』というタイトルが決まった経緯は?

熊田:5ヶ月連続デジタルシングルリリースでは、それぞれの「発売月」をイメージした楽曲を発表してきたので、アルバムの制作にあたっても「1年を通したイメージソングから、私の成長を感じてほしい」という思いがありました。
なので、「色とりどりの日記」という意味を込めたタイトルにしました。

―ジャケット写真の撮影エピソードを教えてください。

熊田:「意志の強さを感じさせて」というオーダーに応えた表情で臨みました。
合成に見えるかもしれませんが、リングノートや本、色えんぴつを実際に透明な糸でぶら下げているんです。
スタッフの方が一生懸命角度を調整してくださったので、ぶつからないようにと、少し緊張しながら撮影しました。
衣装は「白」のワントーンで、腕にはシルバーアクセサリーをつけて、オシャレな雰囲気を前面に出しました。ジャケットでは見えないのですが、下もパリッとした白いズボンでスタイリッシュにキメています!

―ではここからは新曲についてメインでお聞きしていきたいと思います。まずは5月「何人目の私でも」から。

熊田:4月にリリースした「Start up *DREAM*」の次にレコーディングをしたので、すごく懐かしい楽曲です。
「もし私がもうひとりいたとしても、たとえ生まれ変わっても今と同じ夢を目指していると思うし『同じ人生を歩みたい』と自信を持って言える」という想いを込めました。

―ラスサビ前には転調がありますが、歌うのが難しかったのでは?

熊田:はい。まだレコーディングもそこまで慣れていたわけではなかったので、技術的にも苦労しました。いまはだいぶ克服できましたが、以前のインタビューでもお話しました「お腹から声を出して」というディレクションをしきりに受けていたころでしたので、大変でしたね。

―6月「透明なパラソル」は切なさも感じられるナンバーです。

熊田:今後ライブで披露するとき、初心を思い出させてくれる楽曲になったと思います。「この先たくさんのスキルを身につけていったとしても、常に純粋な気持ちでいたい」、という想いが込められています。

―レコーディングはいかがでした?

熊田:「そのままの自分をぶつけていいよ」と言われたので、楽な気持ちで歌うことができました。このあたりから「ステージで歌ったらどんな感じになるかな?」と考えるなど、余裕を持ってレコーディングできるようになってきた気がします。

―7月「Happy project U&M」はいつごろ録られたのでしょう?

熊田:いままでの2曲と違い、最近レコーディングしました。季節的には真逆になってしまいましたが(笑)。
初心に戻るような気持ちで臨んだのですが、「Wow wow がんばった!」というコール&レスポンスが楽しいパートで、本来ならみんなと横並びで歌うイメージを持たなければならないところ、どうしても戦いに行く気持ちが強くなりすぎてしまいまして……。
でも、いままで私が歌ってみたいと思っていたイメージの曲でもあったので、歌っていてとてもテンションが上がりました!前のめりな気持ちを歌にうまく乗せられた気がして「結果オーライかな」と思いました。

―アルバムの曲作りはどのように行なわれたのでしょうか?

熊田:5月の「何人目の私でも」から9月の「夏空クロール」までは、スタッフさんに私が感じていることなど細かくお話しして、スタッフさんから私の情報を畑亜貴さんにお伝えしていただき、詞を書いていただく流れでした。

―畑さんとお会いするときには、すでに熊田さんのことがほぼ伝わっていたということでしょうか?

熊田:そうですね、少し恥ずかしいですけど(笑)。
畑さんに最初にお会いしたときは、伝えたいことがありすぎて、ひたすら思いをお伝えしたんです。そうしたらスタッフさんに「この子、不器用なんです」と言われまして……。畑さんから「うん、わかる(笑)」と言われたのが印象的でした(笑)。

―8月からは5ヶ月連続リリースの並びで収録されています。周りの反響はいかがでした?

熊田:スタッフさんや家族や友人、みんなそれぞれ違う楽曲を好きになってくれているのがとてもうれしかったです。とくに9月の「夏空クロール」は女性、10月の「カコ→イマ→ミライ→?」は男性に気に入っていただけているようでして。ライブで歌う際はどんなパフォーマンスにしようか、色々考えています!

―1月「My way, find a way!」は1年の始まりにふさわしい、元気が出る楽曲です。

熊田:「アニメのオープニングのような感じを出したい」と思い、作らせていただきました。1月はみんな新しい年の始まりで気合いが入ると思うので、やっぱり明るい楽曲で、ということで!
この楽曲は「こういうメロディの楽曲で、こういう風に歌ってみたい」というオーダーをしまして、「こういうニュアンスの詞で」というところまでお願いしたので、楽曲が上がってきたときはすごくうれしかったです。

―レコーディングで大変だったところはありましたか?

熊田:ラストにかけて、息継ぎができるところが少なくて。プリプロのときからディレクターさんに「体力を使うよ」と言われていたので、レコーディングまでに、この楽曲を歌いこなすためのトレーニングをたくさんしました。

―2月「Chocolate Mint Magic」は乙女心を感じるバレンタインソングです。

熊田:私、自分の可愛らしさに自信がなくて、レコーディングのときに「すごくわざとらしい可愛らしさ」が出てしまったんです。
そうしたらディレクターさんから「可愛い子ぶるな!」と言われてしまいまして(笑)。ともすると、キャラクターソングみたいに聴こえてしまうんですよね。私のなかの「かわいい像」との戦いでした(笑)。この楽曲を歌っているときだけは「熊田茜音、かわいい!」って思ってもらいたいです。

―3月「Everybody, JUMP&JUMP!」は新生活への門出を祝うような、明るいナンバーになっています。

熊田:今回のアルバム楽曲のなかで一番最後にレコーディングした楽曲なのですが、「これぞ熊田茜音!」と自画自賛してしまうくらい、歌っていてしっくりきました。
「ポップで明るい楽曲だけど、内心メラメラ燃えているロック魂がある!」という気持ちを込めて歌ったところ、ディレクターさんからも「すごくよかった」とほめていただけて、うれしかったです。

―今回のデジタルアルバムですが、受注限定でCD付きカレンダーも発売されるようですね?

熊田:使用される写真は、全てスタジオで撮影しました。用意された小道具がかわいくて、すごく楽しかったです。
ちなみに「2月」の写真は、最初はイチゴの小道具を使う予定でしたが、「本物を持ってみる?」と言われまして。結局2パターン撮ることになったんです。どちらが使われているのか、私も楽しみです(笑)。

―衣装も月ごとに替えたそうですね。

熊田:はい。例えば「5月」は“自然体”というコンセプトにしたので、ナチュラルメイクに白いお花を持った清楚な雰囲気の私をご覧いただけると思います!
こちらのCD 付きカレンダーには、直筆サインもつけさせていただきますので、ぜひチェックしてくださいね!

―ちなみに熊田さんは何月が一番好きですか?

熊田:「10月」です! 夏を過ぎて蚊もいなくなってきているし、さつまいもやぶどうなど「秋の味覚」も充実しているし、そう考えると一番過ごしやすい月かもしれません。

―アニメ『転生したらスライムだった件 第2期』の放送も始まりました。

熊田:エレン役として約1年ぶりに演じさせていただいたので、ものすごく気合いを入れてスタジオに行きました。あのころから経験を積んだおかげで、余裕を持って演じることができましたし、「ガヤ」にも楽しく入ることができました!
出番を楽しみにしていただきたいです。

―熊田さんの、今後の目標を教えてください。

熊田:まずは、こうしてアルバムという形で12曲をまとめることができたのが本当に
ありがたいです。「チーム熊田」が泣いたり笑ったりしながら一丸となって制作しました。
どんなときでもみなさんに寄り添えるような楽曲が詰まっていますので、ひとりでも多くの方に聴いていただきたいです。そして、大勢のファンの皆さんの前でライブをやりたいです!

【商品概要】


【配信盤ジャケット】
品番:LZC-1830


【CD付きカレンダー盤ジャケット】
品番:LACZ-10065
¥5,000(税抜)

<INDEX>
01. Start up *DREAM*
作詞 : 畑亜貴 作曲・編曲:日比野裕史
02. 何人目の私でも
作詞 : 畑亜貴 作曲・編曲:福田淳平
03. 透明なパラソル
作詞 : 畑亜貴 作曲・編曲:服部祐希
04. Happy project U&M
作詞 : 畑亜貴 作曲・編曲:川崎智哉
05. Summer Jump YYYY!
作詞 : 畑亜貴 作曲・編曲:TAKE(FLOW)
06. 夏空クロール
作詞 : 畑亜貴 作曲・編曲:本多友紀(Arte Refact)
07. カコ→イマ→ミライ→?
作詞 : 畑亜貴 作曲・編曲:園田健太郎
08. ネムルトビラ
作詞 : 畑亜貴 作曲:矢吹香那 編曲:前口ワタル
09. Pure White Love
作詞 : 畑亜貴 作曲:ArmySlick, Giz’ Mo(from Jam9) 編曲:ArmySlick
10. My way, find a way!
作詞 : 畑亜貴 作曲・編曲:睦月周平
11. Chocolate Mint Magic
作詞 : 畑亜貴 作曲・編曲:塚田耕平(Dream Monster)
12. Everybody, JUMP&JUMP!
作詞 : 畑亜貴 作曲・編曲:黒須克彦

☆受注限定CD付きカレンダー発売決定!
【通販受付期間】
1月29日(金)12:00~2月14日(日)23:59まで
https://www.asmart.jp/p_90023659

【発送予定時期】
3月26日(金)
以降発送予定
※通販はお届け地域や配送状況によりお届けに時間がかかる場合がございますので予めご了承ください。

【配信概要】
●熊田茜音アシスタントMCで出演中 「Lantis Info Station」
内容:音楽レーベル・Lantis のホットな情報をお届けする音楽バラエティ番組
放送日:毎月1回放送

配信:YouTube Lantis Channel
出演:遠藤正明(MC)熊田茜音(アシスタントMC)

●熊田茜音 公式HP
https://kumaka.jp
●熊田茜音 公式Twitter
https://twitter.com/official_kumaka
●熊田茜音 Instagram
https://www.instagram.com/kumadakane_official/
●熊田茜音 YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCM_5BE5ckx_PQdYcBRkuMhg/featured

【プレゼント】
熊田さんのサイン色紙を1名にプレゼント!
ご希望の方は、「Colorful Diary」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)

応募締め切り:2021年2月26日(金)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)