高橋李依・上田麗奈が演じる二人の女子高校生が夢を追う青春物語! 「エステティシャン」の魅力を描くアニメーションが公開!!

By saeki, 2020年10月26日


一般社団法人 日本エステティック業協会は、アニメーション動画「十年分の私へ」を制作し、2020 年 10 月 26 日(月)より公開した。

本動画は、人の持つ悩みや夢に寄り添い、心身を美しく健やかに保つための施術を行う「エステティシャン」という 職業の本質に触れていただきたいという想いから制作されました。新進気鋭のイラストレーター・loundraw(ラウン ドロー)が率いる FLAT STUDIO が制作を手掛けたコンセプトムービーとなります。
物語の主人公は、モデルを志す「海(うみ)」(CV:高橋 李依)と、彼女を支えたい想いからエステティシャ ンを志すようになる「咲(さき)」(CV:上田 麗奈)という二人の女子高校生。
最初は内気で自分の夢にも自信のなかった咲が、夢に向かって突き進む親友・海の姿を見て、次第に「誰かを支えたい」という自分の中にある想い と向き合うようになります。
loundrawならではの、透明感あふれる映像の世界が、それぞれの夢と将来に向かって、 時に迷いながらも歩み続ける少女たちの姿と心境を描き出します。

【アニメーション動画「十年分の私へ」】

●特設サイト URL
https://www.esthesite.jp/conceptmovie2020/

【登場人物・あらすじ】

自分に自信のない<咲>は、ある日、親友の<海>からモデルになる夢を明かされる。<咲>はそんな親友を見 て、自らの夢のあり方を自問自答しながらも、<海>を支える美容系の進路を選ぶ。
流れる月日の中、<咲>は自分の存在の小ささを感じながらも、常に<海>を支え続けてきた。そんな十年目の 夏、<海>はついに夢を叶える。夢のステージへ向かう背中を、ただ見つめることしかできない<咲>。しかし、そんな<咲>に、<海>はある思いを告げる。「違うよ、<咲>が私を変えたんだ」それは、<咲>が想像もしない、< 海>からの十年分のメッセージだった。

■咲(さき) CV:上田 麗奈
少し内気な性格だが、小さなことにも敏感に気づく優しさ を持っている。夢を追う海に憧れを持ちながらも、彼女を 支えたいという思いから、エステティシャンを目指す。

【上田 麗奈 コメント】
素敵な人がもっとキラキラ輝くように支えていきたい、そう思って行動できる人だってすごくすごく素敵な人。 感情豊かで快活な海ちゃんと、素朴で淡々とした印象の咲ちゃん、この 2人が、観ている側にとてもあたたかい気持 ちをくれるようなムービーになっています。 私も完成したものを観た時、とても感動しましたし、この先も自信を持って生きていくためのパワーを頂けましたので、 ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

■海(うみ) CV:高橋 李依
活発で行動力のある性格。大雑把な面もあり、よく咲に 注意される。モデルとして海外へ行くため、傷つくことも恐れ ず夢を追いかけている。

【高橋 李依 コメント】
この作品は、主人公のような海ではなく、咲の物語。
一瞬の描写や限られた言葉の中に、代わりのいない深い感謝が隠れているのを感じました。それもお互い。 そして今回、loundrawさんが全面的に指揮を取って下さり、この世界観に必要最低限の声を添えるような感覚で 収録させていただきました。 「誰かを支える仕事」が題材のこの作品において、私も声で支えられていたらいいなと思ってしまいます。

【制作背景】
本作・アニメーション「十年分の私へ」は、高校や専門学校卒業後の進路を考える人達に向けて、誰かを支える 「エステティシャン」という職業の魅力を伝えるために制作されました。人々の夢や悩みに、てのひらの温もりで寄り添 うエステティシャンの仕事には、人々を変え、やがて世界を変えてゆく可能性があります。本動画では、女子高校生二人の姿を通して、エステティシャンという仕事の魅力と可能性を伝えます。

●一般社団法人 日本エステティック業協会(AEA) 公式サイト
http://www.esthesite.jp/