Netflixアニメ『日本沈没2020』HIP-HOPアーティスト KEN THE 390が<ラップ監修>を担当! “希望の光を求めて”魂で叫べ!<魂のラップ>本編映像&場面写真、初解禁!!

By saeki, 2020年7月8日


『夜明け告げるルーのうた』『映像研には手を出すな!』等で世界的な評価と注目を集めてきた監督・湯浅政明。アニメ表現の限界に挑み絶大な支持を集めた『DEVILMAN crybaby』以来2度目となるNetflixオリジナルアニメシリーズとして、小松左京のベストセラー『日本沈没』の初のアニメ化に挑んだ。そのNetflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』が、7月9日(木)より全世界独占配信される!

2020年、現代の日本が舞台となる本作。平和な日常が続く日本を襲った突然の大地震。都内に住むごく普通の家族、武藤家の歩(あゆむ)と剛(ごう)の姉弟は、大混乱の中、家族4人で東京からの脱出を始める。
そして刻々と沈みゆく日本列島が、容赦なく彼らを追い詰めていく中、いつしか未来を信じ、懸命に生き抜く強さを身につけていく―これは、今を生きるすべての人へ捧ぐ、希望と再生の物語。

【HIP-HOPアーティスト KEN THE 390が<ラップ監修>を担当!】
HyperFocal: 0
KEN THE 390といえば、NBAバスケットボールプレーヤー八村塁選手とのコラボが大きな話題となったことが記憶に新しいが、今年デビュー15周年を迎えた日本を代表するフリースタイルラッパー。音楽レーベル”DREAM BOY”主宰でもあり、Netflixオリジナルアニメシリーズ『DEVILMAN crybaby』では声優にも初挑戦し、ジャンルを超えた様々なプロジェクトに関わるアーティストとして活躍している。

『DEVILMAN crybaby』に続き、湯浅監督と再びタッグを組むことについてKEN THE 390は「2度目のオファーということで、前作の内容を気に入っていただけたのだと感じて、最初の時よりさらにうれしかったですし、身が引き締まりました。」と、意気込みを語る。

湯浅監督とは「最初に対面でそれぞれのキャラクターの性格や、そのシーンでの心情を丁寧に伝えていただきました。それを踏まえて自分が作ったラップのデモに対して修正点をご指摘いただく、そんなやりとりを繰り返して完成させました。特にそれぞれが会話のようにラップする箇所で”間”を大事にされていることが印象的でした。」

と制作時の様子を振り返りながら
「普段は思ってても人に言えないようなことが、ラップだと勢いで思わず口から出てしまう。そんなシーンにしたいと意識していました。そのために、いわゆる上手なラップではなく、手探りで、うまく韻は踏めないところもあるけれど、気持ちが前に出てしまうように書いてみたり、ラップしながら<だんだん気持ちがのってくる>ような瞬間を作ろうと、試行錯誤しました。」

と、今回、監修で参加したラップシーンに込められた想い、そして、”ラップ”という手法だからこそ表現できた”極限状態にありながら希望を捨てない、魂の叫びを吐き出す”演出を模索した背景を語った。

本作の本編映像が解禁されるのはこれが初めてで、歩と仲間たちが絶望な状況で“希望の光差す”魂の叫びをラップで表現するシーンとなっている。何気ない日常が突然奪い去られ、いつこの状況が終わるともわからない日々に疲れ果てていた歩と仲間たち。
その時、突然、スマートフォンから曲を流し、ビートにあわせフリースタイルのラップをはじめるカイト。今、置かれている状況について、今を生きている我々について、率直な感情を歌詞にして吐き出していく。
カイトのラップを受けて、徐々に気持ちを滾らせていく歩と仲間たちはそれぞれの気持ちに向き合い、やがては、ラップの掛け合いがはじまるのだが…強い絆で結ばれ、懸命に希望と再生へと立ち向かっていく歩と仲間たちは、どのような想いをラップに込めるのか・・・!

KEN THE 390は、収録現場でのキャストの様子について
「事前に自分がそれぞれのパートをガイド用に録音した音源をお渡ししてたのですが、それを現場では皆さん自分のものとしてそれぞれのキャラクターでラップされていて、流石でした。自分のアドバイスに対するレスポンスの速さ、再現の正確性にも驚きました。」
と、本作でしか表現できない渾身のラップシーンを見事に作り上げてくれたキャスト陣を賞賛。

特に、ラップシーンを引っ張っていくカイト(CV:小野賢章)のラップについては「小野さんもラップを普段することはないとおっしゃっていましたが、とても勘がよく。とてもスムーズで、あっという間な録音でした。」と、驚きの連続だった様子を伝えた。そして、本作の配信を楽しみに待っているファンのみなさまに向けて「全く新しい日本沈没になっていますし、現状への問題提起、メッセージが詰まっています。2020年、まさに”今”見るべき作品だと思います。」とコメントを寄せた。

突然日常を奪われ過酷な現実を突き付けられながらも、希望と再生を求め前へ進んで行くことを諦めない、主人公・歩と仲間たち。本当に大切な物を知った彼らの物語がついに始まる。アニメ『日本沈没2020』は、いよいよ7月9日(木)より、Netflixにて全世界独占配信される。

■『日本沈没2020』<魂のラップ>本編映像:ラップに乗せて魂で叫べ!

【KEN THE 390 コメント全文】

・『DEVILMAN crybaby』に続き、湯浅監督作品への参加ですが、オファーを頂いた時のお気持ちは?
2度目のオファーということで、前作の内容を気に入っていただけたのだと感じて、最初の時よりさらにうれしかったですし、身が引き締まりました。

・湯浅監督とは制作時にどのようなやりとりをされましたか? 何か具体的な指示など思い出に残っていることは?
最初に対面でそれぞれのキャラクターの性格や、そのシーンでの心情を丁寧に伝えていただきました。
それを踏まえて自分が作ったラップのデモに対して修正点をご指摘いただく、そんなやりとりを二度ほど繰り返して完成させました。いくつかいただいたご指摘の中でも、特にそれぞれが会話のようにラップする箇所で”間”を大事にされていることが印象的でした。

・今回のラップ制作で意識したことは?
監督からも最初にお話しいただいていたのですが、普段は思ってても人に言えないようなことが、ラップだと勢いで思わず口から出てしまう。そんなシーンにしたいと意識していました。
そのために、いわゆる上手なラップではなく、手探りで、うまく韻は踏めないところもあるけれど、気持ちが前に出てしまうように書いてみたり、ラップしながら「だんだん気持ちがのってくる」ような瞬間を作ろうと、試行錯誤しました。

・収録現場では演者の方にどんなアドバイスをされましたでしょうか?
事前に自分がそれぞれのパートをガイド用に録音した音源をお渡ししてたのですが、それを現場では皆さん自分のものとしてそれぞれのキャラクターでラップされていて、流石でした。
演者の皆さんは声で表現するプロなので、自分のアドバイスに対するレスポンスの速さ、再現の正確性にも驚きました。小野さんもラップを普段することはないとおっしゃっていましたが、とても勘がよく。とてもスムーズで、あっという間な録音でした。

・これから作品をご覧になるファンの方へメッセージをお願いします。
全く新しい日本沈没になっていますし、現状への問題提起、メッセージが詰まっています。2020年、まさに”今”見るべき作品だと思います。

【作品概要】
Netflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』
配信日:Netflixにて、7月9日(木)全世界独占配信

作品ページ:netflix.com/日本沈没2020
エピソード:全10話

キャスト:武藤歩:上田麗奈/武藤剛:村中知/武藤マリ:佐々木優子/武藤航一郎:てらそま まさき/古賀春生:吉野裕行/三浦七海:森なな子/カイト:小野賢章/疋田国夫:佐々木梅治/室田 叶恵:塩田朋子/浅田 修:濱野大輝/ダニエル:ジョージ・カックル/大谷三郎:武田太一

原作:小松左京『日本沈没』 監督:湯浅政明
音楽:牛尾憲輔 脚本:吉高寿男
アニメーションプロデューサー: Eunyoung Choi シリーズディレクター:許平康 キャラクターデザイン:和田直也 
フラッシュアニメーションチーフ:Abel Gongora 美術監督:赤井文尚 伊東広道 
色彩設計:橋本賢 撮影監督:久野利和 編集:廣瀬清志 音響監督:木村絵理
アニメーション制作:サイエンスSARU ラップ監修:KEN THE 390
主題歌:「a life」大貫妙子 & 坂本龍一(作詞:大貫妙子/作曲:坂本龍一)

●公式HP
http://japansinks2020.com/
●公式twitter
@japansinks2020

製作:“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners