Netflixオリジナルアニメシリーズ『バキ』OPテーマにGRANRODEO、EDテーマに藤田恵名が決定!!

By saeki, 2020年3月19日


秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載の原作「刃牙」シリーズは、地下闘技場の最年少チャンピオンである主人公・範馬刃牙(はんま バキ)と “地上最強の生物”と呼ばれる父・範馬勇次郎(はんま ゆうじろう)との壮絶な死闘を軸に様々な格闘士たちの闘いを描いた大人気格闘漫画。
2018年夏にアニメ「バキ」の最凶死刑囚編がNetflixにて独占配信、テレビ放送され、続編となる大擂台賽編がついに本格的に動き出します!

この度、アニメ『バキ』大擂台賽編を盛り上げる主題歌アーティストを発表ッッ!!
オープニングテーマは、前作に引き続き、ロックユニット・GRANRODEOに決定!闘いの前の戦士の気持ちを歌う情熱的なテーマソングが物語を盛り上げます。
そして、エンディングテーマは、過激なジャケット写真とMVで注目を浴びる藤田恵名に決定!
激しい闘いをイメージしたドラマティックな楽曲が作品を彩ります。
さらに、主題歌を担当する両アーティストより、楽曲への想いを込めたオフィシャルコメントも到着ッッ!!

海王と呼ばれる強者たちが、最強の「海皇」の称号を手に入れるべく集う100年に一度の武術トーナメント大擂台賽。刃牙、史上最大の危機を描く大擂台賽編は、2020年にNETFLIXにて独占配信決定!壮大なスケールで描く物語とともに、アニメ『バキ』を盛り上げる熱い主題歌にもご注目ください!


【GRANRODEO コメント】
「肚を決めた人間の凄みみたいなものをテーマに、絶対に負けっぱなしにならないバキをイメージして作りました。
情熱は勝利の味を忘れないものです。」

「『バキ』最凶死刑囚編に続き大擂台賽編のOPも担当させていただきとても嬉しく思っております。
今回の楽曲は、闘い前の気持ちや、観客の歓声を浴びながらリングに向って歩き、リングに登り会場全てが高揚していく様を、土着的なリズムとエスニックなメロディ、サビでのシンガロングで表現してみました。
バキファンの皆さんにも気に入っていただけると嬉しいです!」

●Profile
“KISHOW”こと、声優”谷山紀章”と、ギタリストとして活躍中の”e-ZUKA”こと、”飯塚昌明”によるロックユニット。
2005年「Go For It!」でデビュー以降、多数のアニメ主題歌を担当。近年では、日本武道館、さいたまスーパーアリーナ、幕張メッセ展示場、大阪城ホールなど、アリーナ規模の会場でライブを開催。2019年11月からは15周年イヤーに突入し、ますます勢いを増している。


【藤田恵名 コメント】
「これを発表するまでは死んでも死に切れんぞ!という気持ちでした。
初めてのアニメタイアップが『バキ』ということでこの上ない光栄です。
ファンの多い作品ですがビビらず大胆に一生懸命書き下ろしました!
いま出せる最高形の曲になったと思いますのでライブに聞きに来て欲しいです!」

●Profile
2018年にファーストシングル「言えない事は歌の中」をリリースし、その過激なジャケット写真とMVで注目を浴びた藤田恵名。セカンドシングル「月が食べてしまった」のミュージックビデオは、YouTubeで250万回再生を記録した。バラエティ番組出演やグラビアアイドル、女優などをはじめ、型破りな活動を続けている。

【アニメ概要】
アニメ『バキ』大擂台賽編」
刃牙、史上最大の危機
2020年NETFLIX独占配信決定!!

<STAFF>
原作:板垣恵介(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
監督:平野俊貴
シリーズ構成:浦畑達彦
キャラクターデザイン:鈴木藤雄 石川晋吾
色彩設計:宮脇裕美
美術監督:西山正紀
撮影監督:野口龍生
編集:佐野由里子
音楽:藤澤健至(Team-MAX)
音響監督:浦上靖之 浦上慶子
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
製作:バキッッ製作委員会

<CAST>
範馬刃牙:島﨑信長
範馬勇次郎:大塚明夫
ビスケット・オリバ:大塚芳忠
マホメド・アライJr.:保志総一朗
松本梢江:雨宮天
烈海王:小山力也
劉海王:飯塚昭三

<主題歌>
オープニングテーマ:GRANRODEO
エンディングテーマ:藤田恵名

●公式サイト
https://baki-anime.jp/
●公式Twitter
@baki_anime( https://twitter.com/baki_anime

(C)板垣恵介(秋田書店)/バキッッ製作委員会