さらなる成長を遂げた3人のパフォーマンスが冴え渡る! Trignal 2nd ソロライブ 「so so funny」レポート

By saeki, 2014年6月18日


ボイスアクターの新たな表現の可能性を追求するエンタテインメントレーベル“Kiramune”のメンバー、Trignal(江口拓也、木村良平、代永翼)の2ndソロライブ 「so so funny」が神奈川・パシフィコ横浜の国立大ホールにて開催された。
昨年8月に神奈川・横浜BLITZにて開催された1stソロライブから約1年。3人からおくられた初夏のライブは、前回より大きく規模を増した会場で約5000人のファンを魅了するライブとなった。

眼鏡、帽子、翼と、Trignal の3人を連想させるモチーフが飾られたステージにTrignalが登場し、「Cupid Cupid Cupid!!!」で2ndステージは幕を開けた。
黄色を基調としたカラーの衣装で登場した3人は、暑さを吹き飛ばすさわやかなナンバーで会場を煽った後は、PSPゲーム『恋花デイズ』のOP主題歌「恋つぼみ」を披露。
1stソロライブから約1年でパシフィコという大きなステージでLiveを開催できるまでに成長した3人がそれぞれにファンへと挨拶を告げ、これからの季節にぴったりな夏の1曲「SUMMER MAGIC」を披露。ステージの3人も会場も、腕を思い切り振り上げて一体となる。

trignal_2014_06_03

ここで江口がソロ曲「延長線上のFriends」が挟まれ、続けてはスクリーンに雪の結晶が映し出される中「初雪」が披露された。それまでのアップテンポな楽曲とは違い、切ない恋心を歌いあげる1曲をしっとりと聞かせた。

「ORIGINAL COLOR」を挟み、2人目のソロコーナーとなる代永が「視線の先」を歌い上げた後、「towards the tomorrow」を披露し、MCコーナーとなった。

何度も重ねてきたリハーサルや、そして楽屋裏での様子まで語られていく中、1stソロライブから約1年が経ち、昨年は歌に注力していたが今回は振りも増やせたと語る3人。1曲目に披露した「Cupid Cupid Cupid!!!」の振りの中で「L・O・V・E」の文字を指で作る振りを取り入れたという話も飛び出していた。

ここまで8曲を歌い、前回ならばすでに終盤に入っていたところだが、フルアルバムも発売したということで曲数の増えたTrignalの、2nd ソロライブの熱気はここからさらに増していく。

真っ赤なライトに染まる中、「RESISTANCE」で激しい面も見せた後、木村がソロコーナーのラストとなる「Naughty」を披露。

江口と代永の2人もステージに戻り、聞こえてきたイントロは「愛しさのコントラスト」。ステージにはマイクスタンドが用意され、期待に歓声が上がる会場で、3人はスタンドを女性に見立てたかのようなマイクパフォーマンスを披露。3人のちょっぴりセクシーなパフォーマンスに、会場からは黄色い歓声が上がり、Trignalの新たな顔が見える1曲となった。

そんな一味違ったテイストを見せた後は、空気をがらりと変えて客席に手拍子を求める。会場が一体となった手拍子の音が響く中、「Sunny Shiny Days」を披露し、Trignalらしさを全面に押し出した構成でラストへと駆け上がっていく。

曲が終わる前にスクリーンの後ろに姿を消した3人は、後ろから当てられるライトを使って影絵遊びを始める。さらに、シルエットのみが映し出されたスクリーンの裏で、今度はなんとステージ上で生着替えを始めた。驚きのパフォーマンスに歓声が上がる中、3人は青い衣装から赤メインの衣装へとチェンジでトロッコに乗って再登場。トロッコから客席へと降りると、そのまま会場中央の通路に用意されたミニステージにそれぞれが上がり、パシフィコのど真中で「PARTY☆ビート」を披露。

これには会場のファンが声も枯れんばかりの大歓声を送り、ファンと至近距離で一体感を味わった3人は、ステージに戻ると「Honey Ready Go!!!」、そして「Darling」を披露。「Darling」は3人がパーソナリティーを務めるラジオ番組『キラキラ☆ビートR』で人気投票を行った際、1位だったこともあり、ファンにとっても3人にとっても思い出の選曲となっていた。

そしてライブのラストを飾ったのは「ALL FOR ONE!!!」。3人がすべてのファンに向けて熱い思いを乗せて歌い上げた。

trignal_2014_06_09

アンコールに応えて再びステージに登場した3人は、それぞれ襟や胸元にアレンジがされたライブTシャツ姿。代永のTシャツだけ裾にフリンジが施されていることを木村がいじると、代永はくるりと一周し、裾のフリンジがふわりと風に踊っていた。
そんなトークから、アンコール1曲目にはバズーカを使用してサインボールを客席へと投げ入れながら「Win-possible!」を披露。そして「まだ歌ってない曲があるよね?」と木村が会場に声をかけ、会場もステージ上の3人もタオルを手にする。2nd ソロライブのラストは「恋のメリーゴーランド」で会場が一体となり、さらに上昇する熱気の中、ライブは終了となった。

約5,000人の観客を沸かせた3人が、これからどんなエンタテインメントを発信していくのか。Trignalの活動から目が離せない。

trignal_2014_06_10

<Text/内田 希>

【セットリスト】
01. Cupid Cupid Cupid!!!
02. 恋つぼみ
03. SUMMER MAGIC
04. 延長線上のFriends / 江口拓也ソロ
05. 初雪
06. ORIGINAL COLOR
07. 視線の先 / 代永翼ソロ
08. towards the tomorrow
09. RESISTANCE
10. Naughty / 木村良平ソロ
11. 愛しさのコントラスト
12. Sunny Shiny Days
13. PARTY☆ビート
14. Honey Ready Go!!! 
15. Darling
16. ALL FOR ONE!!!

【アンコール】
EN1. Win-possible!
EN2. 恋のメリーゴーランド

●Trignal 公式サイト
http://kiramune.jp/artist/trignal/