今年、さらに進化したミンゴスのステージをとくとみよ!「今井麻美 BirthdayLIVE 2014」

By saeki, 2014年5月28日


今井麻美の恒例のバースディーライブも4回目。この季節を迎えるごとにミンゴスはひとつだけ年齢を重ねるはずなのに、ますます瑞々しくなっていくという不思議。「かわいい!」という声がかかると、すかさず「かわいいは2回まで!」と返す、瞬発力バツグンのミンゴスには、誕生日をお祝いしてくれる人たちに楽しんでもらうことはもちろん、ミンゴス自身にも楽しみたいという想いが。

大好きな浅田真央ちゃんのオリンピックでの演技を彩った曲(鐘~ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番~仮面舞踏会)をバンドメンバーの+Aにメドレーで演奏してもらったり、2曲目の「Aroma of happiness」を歌い終えたところで、ダンサー4人がバースディケーキをステージに運んできて、会場のみんなで「ハッピーバースデートゥーユー」を歌い、お祝いムードに包まれるサプライズもあったり。今回のライブはそんなほのぼのとした雰囲気と、ミンゴスのアーティスト性が絶妙なバランスで融合していて、この日しか体感することのできないステージを作りあげていた。

CDとは違ったアレンジを施された楽曲も印象的だった。ボサノヴァテイストの「想いの羽根 ~Angelic White~」「Aroma of happiness」、ストイックな印象だった「Precious Sounds ~風が残していった~」や「struggle」は、ラテンの熱情が注がれ、よりリズミックに展開される。そしてなんといってもアイマス関連曲の「月下祭 ~la festa sotto la luna~」。生で歌う機会があまりなかったレアなナンバーが、てんちゃん(ギター)の大胆でかっこいいアレンジでよみがえる。
きしりん(バイオリン)とたまちゃん(ピアノ)とミンゴスの3人で披露した「星屑のリング」(Piano Ballad ver.)も聴き応え十分。ミンゴスの歌と、+Aのクリエイトするサウンドが生み出す、楽曲の新たな表情は新鮮だった。そういえば+Aもパワーアップしていて、新メンバーとして加わった伊達弦氏(パーカッション)も存在感を放っていた。

imai_birthday_2014_03

これまでのライブでは自分の演じているキャラクターを、フィーチャーさせることはあまりなかったと思うのだが、ミンゴスは声優であって。まずは宙海ジュピエル(『神様と運命覚醒のクロステーゼ』)のナレーションから、初披露となる「追憶の糸車」、ツンデレ炸裂のノワール(『超次元ゲイム ネプテューヌ』シリーズ)の前振りから「漆黒のサステイン」と、その作品に関連したナンバーを歌ってくれた。しかも、衣装はこの1曲のためだけに替えるという徹底ぶり。声優としてのミンゴスの顔も楽しむことができる、初の試みともいえるパートもあった。

楽曲ごとにその色を変化させるサイリウムもライブを彩るエレメンツ。ライブ終盤、「海月 ~Jellyfish~」で、幻想的に揺れる深い青。まるで深海に誘うようなバラードナンバー。この日のミンゴスが、どういったイメージのクラゲを思い浮かべていたのか、ちょっと気になるけど、こういったしっとりした曲のあとのMCで、「もう言っちゃおう! 37歳になりました~」と、本編あと1曲を残すこのタイミングで、カミングアウト(?)するところもミンゴスらしい。ライブ序盤では、「みんな大好き、ミンゴスの歳」とぼやかしていたのに。「私のなかではすごくすごく大事な曲。今の等身大のミンゴスを感じてほしい」という「AQUAMARINE」が本編のラスト。

アンコールでは、まず濱田プロデューサーがステージに。いじられることは、もう織り込み済みなのか、会場とのやりとりも自然体。くるっと回らされたり、ミンゴスのモノマネをやらされたり、いやがっているようには全然みえない。ちょっとカオスになりかけたところで、「濱田さん、長い!」とミンゴスがたまらず登場。

アンコール1曲目は「Dear Darling」。今回のライブのテーマカラーである、黄と緑のサイリウムが大きく揺れる。ミンゴスのブライトなヴォーカルと、+Aのはじけた演奏。ここからまたライブが始まってもいいくらいの爆発力だと感じていたら、ミンゴスからみんなに相談が。
オープニングの「想いの羽根」での出来事。平然と歌っていたけど、実は機材トラブルがあって、きちんとマイクを通したミンゴスの声ではなかった。リベンジというか、改めて歌いたいというお願い。2回も聴けて、なんだかちょっとしたお得感があった。

終演後、BGMで流れていた「いっしょ。」に声を合わせて歌っているみんなの幸せそうな顔をみていて、とても温かい気持ちになった。会場となったTOKYO DOME CITY HALLは、今までのミンゴスのライブとしては最大規模のキャパ。より多くの人に自分の歌を届けたい、そんなミンゴスの想いが叶った。

ハーフハーフと言っていた真央ちゃんは来シーズンは休養するけど、「COLOR SANCTUARY」を歌い終えた、アンコールラストのミンゴスの言葉は、とても明るく力強かった。「これからもいろんな色で歌を歌っていきたいと思います。ぜひまた遊びにきてね~!」。歌手活動5周年のミンゴスは、その勢いを止めることなく、これからもエネルギッシュに突っ走っていく――。

imai_birthday_2014_18

<Text/幡野 敬>

●今井麻美5pb.公式WEB
http://5pb.jp/records/sp/asami/
●今井麻美公式blog
http://blog.livedoor.jp/ubiquitous777/
●EARLYWING公式WEB
http://www.earlywing.com/
●5pb. Records公式WEB
http://5pb.jp/records/
●5pb.Records メールマガジン
https://qt15.asp.cuenote.jp/mypage/regist/bgR3sTTTbTsTbTl9