ファンと一緒に祝福! 「内田彩 Birthday Party」レポート

By saeki, 2013年8月3日


声優・内田彩のバースデーイベントが2013年7月21日(日)、リーガロイヤルホテル東京で行われた。
バースデーケーキを意識したドレスで登場した内田さん。
当日は多くのファンが集い、お土産として「アニバーサリー」ならぬ「『彩』ニバーサリー」と彫り込まれたグラス(なんと、職人が一つひとつ手作りしたとのこと!)がプレゼントされた。

ステージに登場すると、さっそく各テーブルを乾杯して回った内田さん。ステージに戻ると大きなバースデーケーキが用意されており、笑顔で火を吹き消すと、会場から大きな拍手が沸き起こった(※ちなみにロウソクの数は10本でした!)。

続いては、パーティーが始まる前に参加者から募った質問に内田さんが答えるコーナー。
「これから新たな1年を迎えるにあたり、やってみたいことは?」という質問には
「みんな、この服を見てどう思う? こんな衣装が似合うように若返りたいです(笑)!様々な振り幅の曲を歌わせていただいているので、今度単独ライブができたらいいな、と思っています!」

「今後ファンと一緒にやってみたいことは?」という質問には
「『ファンと一緒にバースデーイベントをしたい』ということは、一つの夢でした。
皆さんと一緒にダンスを踊ったり、色々してみたいことはありますが、もしやりたいことがあれば是非教えて下さいね!」

「どこでデートをしたい?」という、ちょっとドキッとする質問には
「富士山に登ってみたいです。誕生日の瞬間に『ご来光』を拝みたいですね!」

そして普段の仕事でも感じているであろう「緊張をほぐすコツは?」という質問には「会場を見渡して、知っている顔があったら安心できます」という、ファンにとってはたまらない回答も。

続いては朗読コーナー。内田さんが大好きだという、絵本の「くまのがっこう」シリーズの中から『ジャッキーのゆめ』をチョイス。一人で何役もこなしていき、集まったファンを物語の世界へ引き込んでいった。

続いて「内田彩ヒストリー」。「小さい頃にどんな子供だったのかを皆さんに見てほしい」という内田さんたっての願いで選ばれた企画。生まれた時から20歳までを、当時の写真とともに振り返っていく。
「ボーイッシュな外見で、男の子に間違われることがよくありました」「ちとせあめが好きでした」などの思い出とともにスクリーンに次々と写真が映し出された。

最後は、お楽しみのプレゼントコーナー。内田さんが家から持ってきた手作りのケーキと、ポラロイド写真にサインを入れたものが抽選でプレゼントされた。
そして、この日集まってくれたファンに向けて挨拶が行われた。
「本日はたくさんの人に来ていただいて嬉しかったです! 今回のバースデーイベントは、1からワガママを聞いていただきました。いつもと違う私を見ていただけたのでしたら、色々と考えた意味があったのかな、と思います。これからもみんなで楽しいイベントを行って行きたいと思いますので、よろしくお願いします!」とコメントを送ると、ファンから大きな拍手が上がった。

そして「まだ終わりたくな~い!」と、『ラブライブ!』のキャラクターソング「sweet&sweet holiday」を、客席のテーブルの間を縫いながら披露し、この日一番オ盛り上がりを見せた。

イベント終了後は参加者一人ひとりとハイタッチを交わしながらのお見送り。ファンもそれぞれ誕生日プレゼントを片手に、笑顔でタッチを交わしていった。

イベント後、内田さんのコメントをいただいたので紹介しよう。

―まずは本日のイベントの感想をお聞かせください。

内田彩さん(以下、内田):こんなに大勢の方に来ていただけるとは思っていなくて、最初は緊張したのですが、始まったらみんなが笑顔で迎えてくれて、とても楽しくなりました。
自分がやりたいことをやれたのもそうですし、最後のハイタッチ会で「楽しかったよ
!」と言ってくれたので、それが何より嬉しかったです。

―時間の都合でできなかった企画はありますか?

内田:「バースデーケーキを切り分けて、みんなの席に持っていく」という企画をやりたかったのですが、残念ながらできなかったので、私自身がケーキになってみました(笑)! 

―今回セレクトされた写真は20歳までのものでしたが、20代になってから、印象に残っている出来事はありますか?

内田:やっぱり、声優としてデビューできたことですね!

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

●内田彩 オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/ichigoshiroppu/
●内田彩 ツイッター
https://twitter.com/aya_uchida