アニメ『義風堂々!! 兼続と慶次』のエンディングテーマを 直江兼続役:浪川大輔と前田慶次役:佐藤拓也が担当!!

By saeki, 2013年6月25日



2013年7月2日(火)より、テレビ東京、テレビ大坂、テレビ愛知にて放送予定のテレビアニメ「義風堂々!! 兼続と慶次」のエンディングテーマを、直江兼続役:浪川大輔(みながわだいすけ)と前田慶次役:佐藤拓也(さとうたくや)が担当することが決定した。

「義風堂々!! 兼続と慶次」とは、月刊コミックゼノンにて連載中の漫画「義風堂々!! 直江兼続-前田慶次 酒語り-(原作:原哲夫・堀江信彦 漫画:武村勇治、月刊コミックゼノンにて連載中)」を原作とする戦国大河アニメーション。
同作は、愛の前立ての下で義を貫いた直江兼続と戦国随一の傾奇者(かぶきもの)である前田慶次、二人の傾奇者が“莫逆(ばくぎゃく)の友”として戦乱の世を生き抜いた様を描きます。そして、アニメ化にあたり、原作者の一人である、原哲夫が総監督を務る。  

作品内容は、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康 戦国時代の覇者である彼らが、認め、欲しがり、畏(おそ)れた、上杉謙信の落とし胤(だね)という秘密を胸に秘め、命を賭して上杉家を支える家老・直江兼続と、天下の傾奇者(かぶきもの)と名を轟かせた伝説のいくさ人・前田慶次。

親兄弟すら信じられぬ群雄割拠の時代にあって、ふたりは立場や身分こそ違えども、互いのためなら〝黙って共に死んでやれる、終生の同志、莫逆(ばくぎゃく)の友だった。

いかなる権力者たちにも屈することなく、兼続と慶次は、ただひたすら己の生き様を美しくせんと“義”に忠実に戦い抜き、激動の戦国末期を華麗に駆け抜けていく― 、というふたりの男の乱世の生き様を描いており、原作漫画『義風堂々!! 直江兼続 ―前田慶次 酒語り―』をベースに、原作者監修のオリジナルエピソードを加えた戦国大河アニメーションの決定版となっている。

また、この『義風堂々!!兼続と慶次』エンディングテーマ曲「月下に交わす、杯と契り」(読み:げっかにかわす、さかずきとちぎり)は、8月28日(水)にCDとして発売する。
収録内容は、M1:月下に交わす、杯と契り(兼続と慶次ver.)、M2:月下に交わす、杯と契り(兼続ソロver.)、M3:月下に交わす、杯と契り(慶次ソロver.)、M4:月下に交わす、杯と契り(inst.)が収録され、兼続と慶次ver.や、兼続ソロver.、慶次ソロver.とそれぞれのファンが楽しめる内容になっている。
  

【CD概要】
◆タイトル:「月下に交わす、杯と契り」
◆アーティスト名:直江兼続(CV:浪川大輔)・前田慶次(CV:佐藤拓也)
2013年8月28日(水)発売

◆収録内容:4曲収録予定
M1 月下に交わす、杯と契り(兼続と慶次ver.)
M2 月下に交わす、杯と契り(兼続ソロver.)
M3 月下に交わす、杯と契り(慶次ソロver.)
M4 月下に交わす、杯と契り(inst.)

◆品番:AVCA-62869
◆価格:1260円(税込)
◆発売元・販売元:エイベックス・マーケティング

【『義風堂々!! 兼続と慶次』エンディングテーマ:レコーディングコメント】


直江兼続役:浪川大輔


前田慶次役:佐藤拓也

―レコーディングを終えて、感想をお聞かせ下さい。

・浪川
義風堂々の世界観を上手く反映されている曲になっていると思います。歌自体は難しい印象を受けましたが、強い漢たちが歌っている設定なので、弱気にならないように、気持ちを強く持って歌い切る事を意識しました。非常にエネルギーを使う曲でした。

・佐藤
無事レコーディングを終えてほっとしました(笑)。
エンディングテーマを歌わせて頂けると言うことは非常に光栄でしたし、また(直江)兼続と一緒に歌わせてもらえるというのは、うれしい設定だったなと思います。

―どんなイメージでレコーディングをされましたか?

・浪川
登場人物の(直江)兼続や、(前田)慶次を見て頂ければ分かると思うのですが、この作品は「義」がテーマになっている作品だと思います。
「義」といっても、男同士の友情や生き方など人それぞれ通したい「義」が違うんですけども…その作品内でも、今回のエンディングテーマは兼続と慶次が月夜に酒を飲み交わしながら語り合っている様子をイメージしました。
作品に対して、ぴったりな曲になったと思います。

・佐藤
(直江)兼続と(前田)慶次が昔を懐かしんで、落ち着いた雰囲気の中で杯を交わしている所をイメージしてレコーディングを行いました。
歌詞の中にもその光景を連想させるものが含まれていて、聴いて頂いてその部分も感じて頂ければと思います。
「義」に生きた熱い男達の生き様を描いた作品への想いが、歌うことを通じて深くなった気がします。

―最後にファンへのメッセージをお願いします。

・浪川
原先生の作品は僕も子供時代にすごく見ていて好きでした。
この絵のタッチと僕の声が合わさることを考えると僕も憧れの作品なので全くイメージが出来なくて(笑)。
ですが、直江兼続役に選んでいただいた以上は皆さんに喜んで頂けるように1つ1つ丁寧に演じていきます。作品のタイトルが『義風堂々』であるように義を貫いて真正面からぶつかる堂々とした作品になるように僕もその末端を担えればと思います。
皆さんもこの作品を一緒に育てて頂ければと思いますので宜しくお願いいたします。

・佐藤
前田慶次を演じられるという幸せを嚙み締めながら全力で収録に臨んでいます。
画にも言葉にもすごくパワーがあって、激しく男っぽいアニメだと感じるのですが、そうでありながら清々しさを纏った素敵な作品です。
男女問わず、多くの皆さんに楽しんでいただけたら嬉しいです。宜しくお願いします!

【アニメ概要】
「義風堂々!! 兼続と慶次」
テレビ東京にて7月2日放送スタート 毎週火曜日 深夜1時40分~2時10分 
テレビ大阪にて7月5日放送スタート 毎週金曜日 深夜2時10分~2時40分
テレビ愛知にて7月3日放送スタート 毎週水曜日 深夜2時35分~3時05分 
※初回放送時間が変更になる可能性があります

■内容
織田信長・豊臣秀吉・徳川家康 戦国時代の覇者である彼らが、認め、欲しがり、畏(おそ)れた―
上杉謙信の落とし胤(だね)という秘密を胸に秘め、命を賭して上杉家を支える家老・直江兼続と、天下の傾奇者(かぶ
きもの)と名を轟かせた伝説のいくさ人・前田慶次。
親兄弟すら信じられぬ群雄割拠の時代にあって、ふたりは立場や身分こそ違えども、互いのためなら〝黙って共に死んでやれる、終生の同志、莫逆(ばくぎゃく)の友であった。
いかなる権力者たちにも屈することなく、兼続と慶次はただひたすら己の生き様を美しくせんと“義”に忠実に戦い抜き、激動の戦国末期を華麗に駆け抜けていく――
原作漫画『義風堂々!! 直江兼続 ―前田慶次 酒語り―』をベースに、原作者監修のオリジナルエピソードを加えた戦国大河アニメーションの決定版!

■原作
「義風堂々!! 直江兼続-前田慶次酒語り-」(月刊コミックゼノンにて連載中)
原作:原哲夫・堀江信彦  漫画:武村勇治

■スタッフ
監督:ボブ白旗、脚本:今川泰宏、キャラクターデザイン:河南正昭、音楽: KAZSIN、
総監督:原哲夫、アニメーション制作:スタジオディーン、製作:ノース・スターズ・ピクチャーズ

■キャスト
直江兼続:浪川大輔 、前田慶次:佐藤拓也、茂助:川本成、中西次郎坊:郷田ほづみ 
上杉景勝:安元洋貴、豊臣秀吉:上田燿司、前田利家:廣田行生、上杉謙信:てらそままさき 
石田三成:加藤和樹
ナレーション:吉川晃司

■主題歌
「SAMURAI ROCK ~ 義風堂々!! ver.」吉川晃司
 
■エンディングテーマ
「月下に交わす、杯と契り」直江兼続(CV:浪川大輔)・前田慶次(CV:佐藤拓也)
2013年8月28日発売 

発売・販売元:エイベックス・マーケティング
品番:AVCA-62869 
1260円(税込)

●公式WEB
http://gifuu.jp/

(C)武村勇治・原哲夫・堀江信彦/NSP 2010,
(C)義風堂々 2013