何度も観て欲しい! ノンストップ・ライブ・アクション『10人の泥棒たち』初日舞台挨拶

By saeki, 2013年6月24日


韓国で大ヒットを記録、アジア全域、全米中心に世界でも熱狂的に迎えられた『10人の泥棒たち』がついに日本上陸! 2013年6月22日(土)より全国公開となった。
その初日には吹き替えを担当したキャストによる舞台挨拶が行われ、観覧前の、多くのファンの前でトークを繰り広げた。
登壇したのは石塚運昇、小山力也、小山茉美、小松由佳、山寺宏一、朴 璐美、平野 綾、野島健児、平田広明、中井和哉。
サングラスを装着したり、演じた人物をイメージした衣装を着たり、そして小山さんはファンと俳タッチしながら、「泥棒」たちが舞台上に颯爽と現れると、集まったファンから大きな歓声が上がった。

アフレコ現場の様子を聞かれると、
小山茉美さんは「セリフ回しもかぶりかぶりでテンポがよく、台本を読んでいても中々ついていけなかったです(苦笑)」、
山寺さんは「魅力的なスターがたくさんいるので、どの役者さんが好みかをワイワイ話しながら収録していました」とコメント。
ステージ上では、朴さんら女性陣が、実際に「誰派」なのかを言い合うような一幕も。

そして石塚さんが「茉美と恋愛をしているようで楽しかったです(笑)」と冗談めかして発言、小山力也さんが「収録の後、二人でどっかに行っちゃうんじゃないかと思いました」と乗っかり、客席の笑いを誘った。
一方の平野さんは「私が演じたイェニコールは、てのひらで転がしている感があって演じていて楽しかったです」、
朴さんは「『狙ったものは必ず手に入れる』という美貌を持つ金庫破りで、『自分との戦い』というモットーを持っています」
と役どころを説明。

本作の見どころについては、
小松さんは「複雑な物語で、2、3回観てようやく彼らの関係が分かりました。ひいきの役者さんが見つかったら、是非字幕版でも観ていただきたいと思います」、
野島さんは「濃厚なラブストーリーを楽しんで下さい」と、アクション以外の部分にも言及。
平田さんは「目にもとまらぬアクションシーンの連続なので、今のうちにまばたきをしておいてください」
中井さんは「私が演じているジョニーは『無口なガンマン』という、声優としては致命的な役なので(笑)、聞き逃さないようにしてください!」とコメントし、笑いを誘った。

映画は6月22日(土)より7月5日(金)まで、全国2週間限定公開。

●作品公式サイト
http://10dorobo.jp/