特製「ハル」ケーキ入刀&日笠陽子からサプライズプレゼント!お祝いムード満載☆「ハル」初日舞台挨拶

By saeki, 2013年6月9日



。監督:牧原亮太郎×脚本:木皿泉×キャラクター原案:咲坂伊緒の異色タッグで注目される2013年6月8日(土)公開の劇場中編アニメーション「ハル」。
WIT STUDIO初の劇場作品である本作は、メインキャストに細谷佳正さん、日笠陽子さんが決定したことでも話題となりました。事故で最愛のハルを失ったくるみとハルのかわりとなるロボハル。ロボットと人が心通わす奇跡を描いた、号泣必至の近未来ラブストーリーだ。

この度、無事に公開初日を迎え、新宿ピカデリーにて、細谷佳正さん(ハル役)、日笠陽子さん(くるみ役)、牧原亮太郎監督による初日舞台挨拶が行われた。

いよいよ公開初日を迎えた「ハル」。華やかな舞台上では、公開を迎えた心境やアフレコ時のエピソードなどを語っていただきました。公開初日を祝して「スイーツパラダイス」とのコラボで制作した、作中でくるみが大好きなキリンをモチーフにしたケーキ、“ショコラ・オ・くるみ”が登場! 会場のお客さんと細谷さん、日笠さんの掛け声に合わせて、牧原監督によるケーキ入刀も行われました。

さらにサプライズで、日笠陽子さんからは、細谷さん、牧原監督へくるみの大好きなボタンをモチーフにした、ブローチと主題歌「終わらない詩」のCDをプレゼント!! 最後に細谷佳正さんから全国の「ハル」ファンに向けてメッセージをもらい、お祝いムード満載の中、舞台挨拶は終了しました。


<細谷佳正>
プレアフレコに参加させていただいてから、1本の映画として完成するまでには、長くて、濃い時間がありました。初日の前にも完成披露試写会や女子限定イベントなどの機会はありましたが、早く公開して皆さんに観ていただきたい気持ちでいっぱいでした。
こうして、初日を迎えて、客席がお客さんでうまっているのを見て、本当に嬉しく思います。


<日笠陽子>
私はプレアフレコには参加できなかったんですが、主題歌のレコーディングに音響監督がいらっしゃって、その後のアフレコにうまく繋げていただけました。こうして色んなことが繋がって出来あがった作品を皆さんのもとに届けることができて、とても嬉しいです。


<牧原亮太郎監督>
普通に電車に乗ってここまで来て、いつも映画を観ている劇場で自分が前に立って話をしていると、化かされているような気もします。木皿泉さんから脚本をいただいたのが去年の4月で、1年ほどかけて作ってきました。
キツいこともありましたが、公開初日にはお客さんが来てくれるはずだ、というのを心のよりどころに頑張ってきたので、今日こうしてみなさんのお顔を拝見できて本当に嬉しいです。

■アフレコ時の思い出
<細谷佳正>
アフレコの前に監督がキャスト、スタッフを集めて、ディスカッションしながら作品のテーマや、伝えたいことを共有してくれる場があり、それはとても豊かな時間で印象深い思い出です。

<日笠陽子>
細谷さんとは共演した機会は少ないのですが、とても信頼できる相手なので、二人で「ハル」の世界を築いていけるなと思い、不安なくスッと役に入っていけました。

■初監督作品を作り上げての心境

<牧原亮太郎監督>
アニメーターとしてキャリアをはじめて10年、朝から夜まで机に向かって絵を描いていて、監督になってもそれは変わらないので気負いはないですが、本当にたくさんのスタッフが関わっているので、彼らのためにもちゃんとした作品にしなければ、という想いはありました。

■代表して全国の「ハル」ファンに一言
<細谷佳正>
「ハル」は観ていただいた方のそれぞれの感性で違った受け取り方ができるし、皆さんの中でいろんな色で育っていく作品だと思います。是非、何回もご覧になって、その度に新しい発見をしていって下さい。

【作品概要】
『ハル』
2013年6月8日(土)ロードショー

<キャスト>
細谷佳正 日笠陽子

監督:牧原亮太郎
脚本:木皿泉 キャラクター原案:咲坂伊緒
アニメーションキャラクター・総作画監督:北田勝彦
小物設定・作画監督:長谷川ひとみ 作画監督:加藤寛祟・野崎あつこ・山本祐子
美術監督:竹田悠介 美術設定:塩澤良憲
色彩設計:藤田裕子 CG ディレクター:西田映美子
撮影監督:田中宏侍 編集:肥田文
音響監督:はたしょう二 音楽:大島ミチル
主題歌:日笠陽子「終わらない詩」(ポニーキャニオン)
制作:WIT STUDIO
製作:ハル製作委員会

<ストーリー>
「くるみに、生きていることを思い出させるために、ボクは人間になった」
ハルとくるみの幸せな日常。 いつまでも続くと思っていた日々は、飛行機事故で突如終わりをつげた。
けんか別れのまま、最愛のハルを失い、生きる力も失ってしまったくるみ。 彼女の笑顔をとりもどすため、ヒト型ロボットのQ01(キューイチ)は、ハルそっくりのロボハルとしてくるみと暮らすことに。
ロボハルの頼りは、かつてくるみが願い事を書いた、ルービックキューブ。 色がそろうごとに溢れてくる、くるみの想いに応えるた
め、ロボハルが奮闘するも、くるみはかたくなに心を閉ざしたまま。ロボハルを作った荒波博士、そして京の街のひとたちに助けを借りながらも、ロボハルは、人について、そしてくるみについて知っていく。少しずつ打ち解けるロボハルとくるみだったが……。

●公式サイト
http://hal-anime.com/
●Twitter
@halanime

(C)2013 ハル製作委員会