『アニマックス 第5回全日本アニソングランプリ』鈴木このみがデビュー!

By saeki, 2012年2月26日


『アニマックス 第5回全日本アニソングランプリ』で過去最高の10,223組の応募者の中から見事優勝した鈴木このみさん。デビューシングル「CHOIR JAIL」2012は年4月よりスタートするアニメ『黄昏乙女×アムネジア』(以下『アムネジア』)のOPテーマとしてオンエアが決定している。
2月24日(金)、都内で彼女のデビュー記者会見が行われた。作詞を担当した畑 亜貴さんも同席し、彼女の魅力や今回の楽曲について語ったぞ。

―歌手デビューを迎えた現在の心境をお聞かせください。

鈴木このみさん(以下、鈴木):とても嬉しいです。優勝してから初めてのこともたくさん経験させていただき、これから多くの皆さんに出会うことがとても楽しみです。今まで歌い続けてきて良かったです。

―畑さんに質問です。今回の曲はどのように指導されましたか?

畑 亜貴さん(以下、畑):これから歌手として歩んでいくにあたり、本人としても、作品としても開いた表現ができるのではないかと思い、歌詞にそのような表現を込めました。その分、今後もレコーディングは厳しくいこうかと思っています(笑)。

―では、鈴木さんはどのように歌おうと思いましたか?

鈴木:『アムネジア』という作品は世界観が奥深いので、その部分を意識しつつ、暗くなりすぎすに心の奥底に眠っている希望や未来を表現できるように歌いました。


―アーティストとしての目標をお聞かせください。

鈴木:音楽は一人ひとりの心に残せるものだと思いますので、私も人の心に残るような歌を歌えるアーティストになりたいです。

―畑さんにお聞きします。鈴木さんの第一印象は?

:可愛くって危なっかしくって、無防備で、でも「今すぐに飛べる」と思っているひよこみたいだと思いました(笑)。切ない作品でどのように融合させていこうかな? と考えさせられましたね。初々しい中でも、深みや切なさも歌っていって欲しいと思います。

―「CHOIR JAIL」を最初に聴いた印象をお聞かせください。

鈴木:『アムネジア』という作品にぴったりで、最初は暗い内容を歌ったものだと思いましたが、だんだんと夢や希望が見えてくる曲だと思えてきました。

:自分の中に希望があるからこそそう思えるんじゃないかな。そういうところは伸ばしていってあげたいな、と思います。


―レコーディング時のエピソードをお聞かせください。

鈴木:最初はちょっと厳しいなと思いましたが、歌っているうちに、畑さんの楽曲に対する愛情を感じてきました。

:これから色々な曲を歌っていくことになるので、お姫様扱いしていると、その先がつらいと思いましたので、プロとしての道を歩むために厳しいところは厳しくいかせていただきました。

―目標とするアーティストさんはいますか?

鈴木:元々May’nさんが好きだったのですが、先日直接歌を聴く機会があり、とても衝撃を受けまして。「私もあのように歌いたい」と改めて思いました。これから頑張ります!

デビューシングル「CHOIR JAIL」は4月25日(水)発売予定となっている。

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

【CD情報】
「CHOIR JAIL(クワイア ジェイル)」/鈴木このみ

発売日:2012年4月25日(水)
品番:ZMCZ-7835
価格:1,260円(税込)
発売・販売:メディアファクトリー

<収録曲>
「CHOIR JAIL(クワイア ジェイル)」
作詞:畑 亜貴 作曲:田代智一 編曲:田代智一、浦田尚克
c/w
「残像未来」
作詞:畑 亜貴 作曲:田代智一 編曲:後藤康二(ck510)

●黄昏乙女×アムネジア アニメ公式サイト
http://www.amnesia-tv.com/