灼眼のシャナⅢ-FINAL-アフレコインタビュー公開

By for girls, 2011年9月21日



10月7日深夜1時30分より、TOKYO MX他で放送が始まる『灼眼のシャナⅢ』から、主要キャストインタビューが公開されました。

――最終章決定の報を聞いたときのお気持ちと、そのときの意気込みをお聞かせください。

日野聡さん
すごく嬉しいです。
スタートからゴールまで、完全にやりきれる作品に関わることはなかなか経験がなく、今回のファイナルですべてを出し切って素敵な作品にしようと思っています。

釘宮理恵さん
2期をやっているときに3期の事はお聞きしていたのですが、あまりにも2期を必死に取り組んでいたときだっただけに先のことへの実感はありませんでした。
いざこうして集まってみると、みんな変わらずに1人1人安心感をもって演じているのが印象的で、現場の雰囲気も変わってなくホッとできる場所だなと思いました。作品の緊張感あるだけに、こうした安心感はとても演じやすい空気感をもたらせてくれます。

川澄綾子さん
2期の最後に3期決定の報を聞いたのですが、現実味がないほどあまりにも先の話で、予測はまったくつかないでいました。
でもふつうに過ごしていれば、3年間はあっという間で、意外にもブランク感はありません。というのも間にOVAがあり、劇場版があったことも大きいのですが、第3期シリーズで集まったときに、久しぶりだけど落ち着ける場所あると感じられたことも起因しているのかなと思いました。

江原正士さん
また参加させていただいて嬉しかったです。
アラストールなだけにひょっとしたらどこかに飛んでいってしまったのかな? と思っていたのですが(笑)
今期もぶら下がって頑張っていこうと思っています。

生天目仁美さん
やるという話はずいぶん以前から聞いていたのですが、いつやるのか分からず、ドキドキしながらまだかまだかという思いでいました。またこうして帰ってこられて嬉しいです。

伊藤静さん
待っていましたー! いつ始まるのかなと思っていました。
またこのメンバーでできるのが嬉しいですし、ファイナルは大人の魅力満開で頑張ります。

――今シリーズでの自身のキャラの活躍のほどは? どんな活躍を期待(あるいは希望)されますか?

日野聡さん
悠二の思惑と行動はおそらく最後まで分からないと思いますけれども、今期シリーズではみんなをとことん傷つけて、立ち直れないくらいにまでさせて、そしてアラストールを首にぶら下げてシャナを愛でて行こうと思っています(笑)

釘宮理恵さん
迫りくる戦いに備えて必死に鍛錬している状況なのですけれども、この先どんな戦いが展開されていくのか、私自身、原作の小説を同じタイミングで読み進めていますので、ドキドキしながらお芝居するのを楽しみにしたいと思います。
今は「負けるなー」という思いでいっぱいです。

川澄綾子さん
今日、1期の頃の映像がたくさん流れていたのですが、あの頃から考えると想像もつなかいくらいにこちら側の人間に吉田さんはなってしまっているんだなと実感しました(笑)
普通にバル・マスケと言ってしまっている自分が可笑しくて堪らない気持ちでいました。人間として、坂井くんがどんどん遠い存在になっていく。でもそれを認めず執念深く追いかけていく吉田さんでいたいと思います。

江原正士さん
アクションのシリーズと聞いておりますので、ぜひアクションに参加したいという気持ちでいます。
シャナを厳しく管理しながら、悠二との恋の行方はどうなっていくのか? みつめながら、思いっきり暴れたいなと思います。

生天目仁美さん
今回のお話の中でのマージョリーの立ち位置はどうなっていくのか? 分からないことは多く楽しみなのですが、その中でも
啓作と栄太の2人の歩く道が変わってきたことへの面白さを感じつつ、2人に対するマージョリーのポジションを楽しみたいと思っています。

伊藤静さん
シャナがどんどん心強い子になっていくのをヴィルヘルミナとしては見守ってサポートしつづけていけたらなと思っています。
今期はたくさん登場する機会があるみたいです。なのでヴィルヘルミナがどんなふうにシャナを助け、バル・マスケと対峙していくのかを楽しみにしたいと思います。

――ご自身のとっての『灼眼のシャナ』とは?

日野聡さん
ふるさとと言うべき、帰ってきた感覚の強い作品です。
作品を通して悠二も少しずつ成長している役どころで、自分も演じていく中で一緒に成長いていった感があります。そんな意味でも『灼眼のシャナ』は大切な作品です。

釘宮理恵さん
つかず離れずという距離感でいられるタイトル。常にあるわけでもないのですがなくなることもない。いつもどこかそばにいるような気持ちにさせてくれる作品です。今回もスタートしてみて、その内容にピリッと身の引き締まる思いですけれども、現場の空気はとても暖かい。ここに帰ってこられて本当に嬉しい気持ちにさせてくれます。

川澄綾子さん
1期、2期とあって、さらに劇場版にOVAと7年にわたって続いてきた『灼眼のシャナ』。
その間アフレコではみんなと会い、一緒に時を重ねてきた大切な作品という思いがあります。とても感慨深い思いでいます。

江原正士さん
たいへん清々しい現場で、7年時が流れましたけれども自分自身は若返っていて、アドレナリン全開でいます。これを最後といわずにずっと楽しませてくれるといいなっと願いたくなる作品です。

生天目仁美さん
今でこそお姉さん役が多い自分ですが、年上のお姉さん役を一番最初に演じたのがマージョリーなんです。
私のお姉さん道の芯にはマージョリーがいる。
軸になれるキャラを演じられることに感謝しつつ大事にしたいと思います。

伊藤静さん
落ち着く現場ですね。
初めてきたときは過去のエピソードであり、次に来たときは学園ものになっていた(笑)
まったく違う側面を体験したスタートでしたが、今ではすんなりと自分がその作品世界の中にいて、作品独自の言葉もすんなりと口に出てしまう自分になってしまっているので、今では「帰ってきた場所」にというべき現場になっています。

――視聴者へのメッセージをお願いします。

日野聡さん
昔からシャナを応援してくださった方、新しく興味をもって好きになってくれた方、皆さんに感謝して最終シーズンをお届けしたいと思います。果たしてシャナと悠二がどういう答えを出していくのか? シャナをめぐるさまざまな人たちが幸せな答えにたどり着けるのか? 僕自身期待は膨らみますが、今までのすべての謎が解明するシリーズでもありますので思いのたけをこめて演じたいと思います。どうぞお楽しみに、待っていてください!

釘宮理恵さん
昔からのファンのみなさん、長い間お待たせいたしました。ようやくの第3期スタートです。
難しい作品を長い時間をかけて映像化してきたタイトルで、新しくファンになってくださった方にもきっとハマっていただけるとお勧めしたい深い作品です。
複雑に緻密に積み上げられてきた物語を原作とアニメで誤差を生じさせないようにしっかりと組み立てられている作品でもあります。私たちも渾身の愛情を注いで、最後まで突っ走ります。そしてみなさん全員で同じゴールを駆け抜けたいと思いますので、どうぞ応援してください。

<アニメ情報>

■放送局・時間
TOKYO MX 10月7日より毎週金曜日 深夜1:30~
チバテレビ 10月8日より毎週土曜日 深夜1:00~
tvk 10月8日より毎週土曜日 深夜1:30~
MBS 10月8日より毎週土曜日 深夜1:58~
CBC 10月12日より毎週水曜日 深夜2:30~
BS11 10月14日より毎週金曜日 深夜0:30~
AT-X
 10月13日より毎週木曜日 朝11:00~ 夜11:00~
 10月17日より毎週月曜日 夕方5:00~
 10月18日より毎週火曜日 朝5:00~  

■メインスタッフ
原作:高橋弥七郎(アスキーメディアワークス/電撃文庫 刊)
イラスト:いとうのいぢ
監督:渡部高志
シリーズ構成:小林靖子/シリーズ構成協力:高橋弥七郎
キャラクターデザイン:大塚 舞
総作画監督:大塚 舞/井本由紀
徒デザイン:石垣純哉
プロップデザイン:高瀬健一/亀谷響子
色彩設計:伊藤由紀子/美術監督:黒田友範/撮影監督:中西智一
編集:西山 茂(REAL-T)
音響監督:明田川 仁/音響制作:マジックカプセル/音楽:大谷 幸
OPテーマアーティスト:KOTOKO 
EDテーマアーティスト:ALTIMA(アルティマ)
アニメーション制作:J.C.STAFF
製作:『灼眼のシャナF』製作委員会

■キャスト
シャナ:釘宮理恵/坂井悠二:日野 聡/アラストール:江原正士
吉田一美:川澄綾子/マージョリー・ドー:生天目仁美/マルコシアス:岩田光央
ヴィルヘルミナ・カルメル:伊藤 静/ティアマトー:渡辺明乃/佐藤啓作:野島健児
田中栄太:近藤孝行/緒方真竹:小林由美子/池速人:野島裕史
シュドナイ:三宅健太/ベルペオル:大原さやか/ヘカテー:能登麻美子

© 高橋弥七郎/いとうのいぢ/アスキー・メディアワークス/『灼眼のシャナF』製作委員会