今回は大幅ボリュームアップ!? アツいステージが開催!「DNE Live! TRF#06 ~リターンズ~」レポ

By for girls, 2011年9月5日


TRF(タイガー・ロック・フェスティバル)が約11か月ぶりに帰ってきた! 「DNE Live! TRF#06 ~リターンズ~」が7月31日(日)、東京・上野にあるライブハウス「BRASH」にて開催!
今回は、TRF初の試みとして午前中に無料イベントが行われた。今回は総合司会として、その際どいトークには定評のある(?)坂巻 学さんが登場! イベントを盛り上げた。
最初に行われたのは『虎の穴ラジオ公開録音』。本放送前のプレ放送という体で行われた今回の公開録音。パーソナリティも当然初お披露目。佐原 誠さんと、同姓同名の加藤祐梨さんと加藤優里さん。WEBラジオ番組を統括する「天の声」ことHHさんは「同姓同名だから面白いのでパーソナリティに抜擢した」とのことだったが、なかなかどうしてトークの方も達者。二人の加藤さんがエッチなセリフを振り撒いたり、佐原さんは坂巻さんとほほ笑ましい(?)掛け合いを披露したりと会場に集まったファンのニーズに応えつつ、コーナーをこなしていく。
続いて行われたのが「つきねこ式のど自慢大会」。熱心な『つきねこ』ファンが、キャラクターソングをステージ上で披露する、という、ファン垂涎の企画だ。森谷里美さんの曲「FLY」を歌ったファンの元に、まさかの本人登場! まるでものまね番組のような展開に、客席からも歓声が上がった。
続いて行われたのはアニメ化企画が進行中の『こぴはん』のトークショー。マウスプロモーションの納谷僚介氏をはじめとするスタッフが、ここだけの話を展開。話せる内容が限られた中、視聴意欲をかきたてるトークを展開した。また、原画を担当したKEI氏の描き下ろしイラストパネルが当たるジャンケン大会も行われ、大盛況だった。
最後は「Twinkle☆Girls TEAM G トークショー」。夜の部でも登場する、アーリーウィングが誇る女性声優ユニットが登場し、会場に集まったファンを交えて楽しいトークを繰り広げた。

そしていよいよ夜の部が開始。まずは今回初参戦となるACRYLICSTAB。ヴォーカル・ウユの独特なハスキーボイスで会場のファンの心をわしづかみに。「LOVELESS」「こらえきれない心拍数」「世界」など、6曲を披露した。
続いてはWater Rat Backのステージ。「Burn Ayay」「Infection Love」など、おなじみの曲、さらに発売予定のミニアルバムから新曲も交え、いつも通りの激アツパフォーマンスを見せてくれた。
こちらも恒例の『つきねこ』ステージでは、10月に行われる「マチ★アソビvol.7」で先行発売されるCD『つきねこ3』に収録される、桑門そらさんと五十嵐裕美さんのデュエットによる新曲「夏のしずく」を披露。二人がステージを後にすると「Twinkle☆Girls TEAM G」の4人が登場。「☆Twinkle☆Girls☆」「YAKUSOKU」を披露し、場内は異様な熱気に包まれた。
ここからは再び『つきねこ』パート。
「Monday Morning」は市来光弘さんと越田直樹さんのデュエットソングだが、今回は越田さんが会場に来られず。ということで急きょ代役を務めたのは何と阿久津加菜さん! これには会場も大盛り上がり!! 
最後に登場したのは水野愛日さん。、「花の破片」「M」「セカンドステップ」と、渾身の3曲を披露した。
ラストは今日ステージに登場したメンバーが再び登場し、「LOVELESS」「MaTaGi」、そして『つきねこ』のテーマ曲「Refrain -call your dream-」で締め。
ライブ後は恒例の、出演者による物販も行われ、最後まで盛り上ったままイベントは終了した。

  
  
  

つきねこプロジェクト公式サイト http://dn-e.jp/tsukineko/index.html