コミック アース・スター付録ドラマCD『water cube』柿原徹也、櫻井孝宏、LISPコメント第2弾

By for girls, 2011年8月8日


現在発売中の『月刊コミック アース・スター 8月号』付録ドラマCD『water cube』から、出演者コメント第2弾が公開されました。

今回は、水希大祐・水球子役の柿原徹也、黒田亮介役の櫻井孝宏、藍野リサ役の阿澄佳奈(LISP)、高杉桃香役の片岡あずさ(LISP)、千葉雪奈役の原 紗友里(LISP)が、プールの思い出を語ります。


――『water cube』は、水球をテーマにした作品です。皆さんの水泳やプールに関する思い出を教えてください。

柿原:幼稚園の時、親父にプールに連れていってもらったのですが、親父が僕から目を離した隙に、プールサイドの飛び込み台の所から落っこちて…。親父が『徹也どこだー!!』って焦ってたら、僕は25メートル先の反対側の所まで泳いでたという。(笑)

櫻井:何、自慢? (一同笑)

柿原:自慢・・・かな(笑)。みんなびっくりしてて、僕もたぶん必死にもがいたんでしょうね。そこから、水泳とか水が大好きになって、水泳を始め、背泳ぎの水泳選手もやってました。

櫻井:小学校の時によく、県営プールに行ってたんですけど、プールの底にある格子の向こうにサメがいるという噂が流れまして。(一同笑)いるわけないんですけど…。あと、プール上がりに売店で味噌田楽を買って食べてました。

一同:へえ~!!! 売ってるんだ!?

櫻井:当時は売ってたんだよ。やっぱお味噌の国なので。プールの後は、必ず味噌田楽ってね(笑)。冷えた体をあっためてくれました。

阿澄:小さい頃水泳教室に通ってました。3歳頃から毎週、長いこと通ってたんですけど、ある時、お母さんが練習で泳いでる私の姿を見て、なんか『溺れる様に泳ぐね』って言われて、それがとってもショックでした。 (一同笑)私なりに泳げるようになったと思っていたんですけど、言われてみれば、“通わなかったら私カナヅチだ
ったんだろうな”っていうぐらい、上達は遅かったので。プールとか水とか好きなんですけど、運動オンチなので、泳ぎもあんまり得意じゃなかったみたいです(笑)。

片岡:中学校の時に、体育が選択制だったんです。夏はやっぱり暑いですし、グラウンド走りたくないですし、泳げなかったので泳げるようにもなりたいし…と思って水泳を選択したんですけど、女子が私一人で。中学校の時って、やっぱり女の子は男子達に水着姿を見られるのが嫌な子が多かったみたいで、でもわたしは『そんなん自意識過剰だろうが! 水場では水着だろうが!』と思っていたので、まあ女子一人でしたけど果敢に、授業を受けてましたね。でも今でもバタ足しかできないです。 (一同笑)

――『water cube』は“女子水球部に男子(女装した水希)がただ一人”というお話ですが、その逆のような状況ですね。

片岡:はい。水希君にも、果敢に過ごして欲しいと思います!(笑)

:私も幼稚園生くらいの頃スイミングスクールに通っていたんですけど、先生がこう・・・ (両手を組みながら)手を組んでピュッってやって、水鉄砲みたいに水を飛ばすのが上手くて、一年位お風呂でずっと、ピュッピュッってやる練習をしてました。(笑)。泳ぎの方は下手で、クロールの息継ぎがずっとできなかったのですが、先生に『息継ぎできなくても泳ぎなさーい!』って言われて、死にそうになりながら、25メートル息継ぎなしで泳いでました。

――ファンの皆さんのへ向けてメッセージをお願いします。

柿原:『water cube』は、話の構成や、出てくるキャラクターとその関係性が楽しくて、僕自身もすごく好きなお話です。女の子の中で、男の子が一人・・・試行錯誤したり、いろんな事件に巻き込まれたり、非常に読んでて楽しいですし、演じていても愉快な作品です。“もっとこのシーンはこういう風にやった方が、聴いてる皆さんが笑ってくれるだろうか”と、考えながら演じられる作品というのは、本当に素晴らしいなと思います。『water cube』を、柿原としても応援していきたいなと、また読者としても作品の行く末を見届けたいなと思いますので、たくさんの人に応援していただけると、本当に嬉しいです!

櫻井:秘密って面白いですよね。水希が今後、どうなってしまうのか、物語がどういう風に展開していくのか気になるところです。今回、この付録のCD で、主役の柿原さんの演技の幅がハンパないと気付かされました(笑)、人って凄いものを見てしまうと、衝撃と共に、感動を得るんですね。 (一同笑) この衝撃を皆さんも体験して下さい!

阿澄:キャラクター達がとっても魅力的で、それぞれにおもしろいドラマがありそうだなというイメージを受けたので、部員のみんなのお話とかも見てみたいなって思いました。あと、何より主人公と先生とのかけ合いもとっても楽しいので、個人的に今後の話の展開も気になりますし、リサが周りとどう関わっていくのか、関係性がどう変わっていくのかって所もきっと、見所になるんじゃないかなと思ったりしまして、それをまたドラマCD で演じられたらいいな、とも思っております。是非是非、応援宜しくお願いします。

片岡:スポーツが題材だからでしょうか。黒田先生をはじめ、登場人物がみんなハツラツとしていて、見ていて気持ちいいし、深刻にならずに楽しんで読める作品だなあと思いました。今後の展開が私もすごく楽しみです。特にドラマCD は、主にそのハツラツとした部分が描かれている作品になったので、皆さんには楽な気持ちで、楽しんでアハハと笑いながら聴いていただけたら嬉しいなと思っています。

:今回のドラマCD は笑いをメインにしていて、収録の時も、笑いを抑えるので必死でした。また、ドラマCD では、女の子は3人・・・あ、あと、球子さんも入れると4人ですけれども(笑)、原作ではもっと色んな女の子も出てきたりして、ほんとにみんな、濃いキャラクターで面白いです。このキャラ達がどんな風に動いたりしゃべったりするのかっていうのも、すごく気になるので、また第2弾があれば是非、出演したいなと思います!本当に楽しい作品でした。ありがとうございました。

<『月刊コミック アース・スター8月号』概要>
発売日:2011 年7 月12 日(発売中)
付録:ドラマCD
定価:500 円(税込)

<コミック アース・スター 夏コミ出展概要>
開催日:2011年8月12日(金)~14日(日)
開催場所:東京ビッグサイト 西4ホール/ブースNO.327
配布物:CD付き無料冊子

月刊コミック アース・スター http://comic-earthstar.jp/
『water cube』紹介サイト(ボイスドラマ試聴版&コミック第一話を無料配信中!)
 http://comic-earthstar.jp/author/detail11.php

【関連記事】 柿原徹也が男女2役へ挑戦!? ドラマCD『water cube』コメント
【関連記事】 花澤香菜が初ソロ表紙&グラビア『月刊コミック アース・スター』8月号
【関連記事】 竹達と能登が、茶道の極意に迫る!? 『東京自転車少女。』