注目の新タイトルも大発表!!『ブシロード戦略発表会2011 夏』開催

By saeki, 2011年6月28日


新たな『モンコレ』シリーズがついにベールを脱ぐ!!『ブシロード戦略発表会2011 夏』開催!!

季節ごとに開催される、ブシロード恒例の戦略発表会。今回は目玉トピックとして、人気TCG(トレーディングカードゲーム)『モンスターコレクション(モンコレ)』の新規発表会も併せて開催された。TCGファンには見逃せない、こちらの模様をお届けしよう!

<『ブシロード 戦略発表会2011 夏』概要>
・『カードファイト!! ヴァンガード』
・『カオスTCG』
・『ヴィクトリースパーク』
・『モンスターコレクション』

まず最初は、全国で行われている『カードファイト!! ヴァンガード』コーナー。TVアニメがBSジャパンにて再放送されるほか、5月18日(水)からDVDのレンタルが開始、さらに9月よりDVDのリリースがスタートすることが発表された。
カードゲーム自体の展開としては、6月25日に発売される『ケロケロエース8月号』にハーフデッキが付属。スリーブや、ブースターパック第2弾にGREEで展開中の携帯ゲーム『ヴァンガードモバイル』のアイテムチケットが封入されることも告知された。
また、6月18日(土)、19日(日)に開催される『東京おもちゃショー2011』にも『ヴァンガード』が出展されることも告知された。
続いては『ヴァイスシュヴァルツ』。2008年3月からの累計出荷額が100億円を突破したことが発表された。
現在製作中のPSP用ゲーム。こちらの公式サイトの告知と、人気アニメ『Angel Beats!』のエクストラブースターパックが、今夏行われる予定の『コミックマーケット80』にて先行発売されることが発表され、会場は沸いた。
『カオスTCG』では、PCゲーム『穢翼のユースティア』がブースターパックに参戦することを発表。また、第一弾も好評だった「フレッシュスタートカップ」も再び行われることが発表された。詳しくは公式サイトをチェックしてほしい。

ここでスペシャルゲストの民安ともえさんが登場! フロントウイングの代表取締役・山川竜一郎氏と民安さんが、6月19日に行われる『ブシロードカードファイト2011』東京地区決勝大会にて対決することになったことが発表された。当日は山川軍と民安軍に分かれ、敗者には罰ゲームが!「もし私が負けたら、何でもしますよ!」と強気の発言も飛び出した。当日を楽しみにしよう!
『ヴィクトリースパーク』では、7月4日に発売されるコミックス『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』第2巻の初回限定版にPRカード(金色の闇)が封入、5月27日発売のDVD&Blu-ray『劇場版 ブレイクブレイド』第5章にもPRカードが2種類付くことが発表された。
また、新規参戦タイトルの発表。現在好評放送中のアニメ『花咲くいろは』、そしてアニメ化が決まった人気ライトのベル『僕は友達が少ない』の参戦が決定した。今秋発売予定とのことだ。
最後は今秋開催される『ブシロード ワールドグランプリ2011』の日程が発表された。国内、海外から猛者が集うこちらの大会に注目だ。
ここからは『モンスターコレクション』の発表会。富士見書房の山下社長は「『モンコレ』が誕生してから14年間、富士見書房を支え続けてきてくれたタイトルです。今後はブシロードさんとともに、新しい展開をしていきたいと思います」とコメント。
グループSNEの安田社長は「『ロードス島戦記』から始まり、二期にわたって『モンコレ』というTCGに関わらせていただきました。そして三度目の新たな旅立ちとして今回を迎えました。期待してください!」。ブシロードの木谷社長は「こうした歴史のあるタイトルに携わらせていただけることになって大変光栄です。TCGは『勝てなければやらなくなる。勝てれば、もしくは勝てそうな雰囲気を作れば伸びる』という持論を持っております。『モンコレ』のような硬派な、かつオリジナルなゲームに初めて携わらせていただきます。これであらゆる層のお客様に楽しんでいただけるコンテンツが揃ったと思います。ありがとうございます!」と感謝の意を表明した。
続いては、ゲームの具体的なコンセプトの紹介。これまで愛されてきた『モンコレ』のコンセプトは変わらず、大会のレギュレーションは新規のユーザーとベテランユーザーが楽しめる、2本柱で展開予定。これまでの1年から半年に1ブロックのスパンで展開することになり、カードもイラスト枠を拡大したり、テキストも整理したりと改良も加えられている。また、イラストは新規描き下ろし&「燃える」イラストを多数揃えているぞ。
気になる発売日は、8月6日にトライアルデック『火竜』『剣姫』、8月27日にはブースターパック『アルフレアの不死鳥』、10月下旬にはエクストラブースター『ソラステルの堕天使』が発売。そして2012年1月からは「ブロック2」が始動する予定だ。
大会は、公認ショップ大会が8月1日(月)より開催。ブランニュー大会(今回発表されたブロックのみを使用して戦う、初心者向けの大会)とオープン大会(2008年以降に発売されたカードを使用する、経験者向けの大会)のどちらかを選んで参加できるほか、参加者はPRパックカードを参加賞としてもらえる。
また、全日本選手権(年2回)はこれまでどおりに行われる。さらに全国8地区を中心に大規模イベントも開催されることも発表された。そして2人1組で参加する『モンコレ甲子園』(レギュレーション:ブランニューの)開催も発表・・・・・・と、まさに盛りだくさん。また、他のTCGと同様に初心者講習会も開催される予定だ。
各県に展開するショップ店員の挨拶の後は、メディア展開の発表。小説版の著者・加藤ヒロノリ氏が登壇し、挨拶を行った。続いてコミックの展開。富士見書房の伊藤氏は「これまで5シリーズが漫画化されていて、今回は『第15回 ドラゴンエイジコミック大賞』で入賞を果たしたこゆきさんを起用し、内容は小説版の3年前が舞台となっています」。こちらは8月創刊のWEBコミック『エイジプレミアム』にて連載が開始される、とのことだ。どちらも楽しみに待ちたい。
と、ここでスペシャル映像が! 人気ハンティングアクションゲーム『GOD EATER』とのスペシャルタイアップが発表された。毎年『モンコレ』と世界観の近い作品を1タイトルずつコラボしていく、とのこと。バンダイナムコゲームスの富沢プロデューサーは「ファンタジーとSF、一見異なったジャンルですが、どういう形でクロスしていくのか、期待もありつつ、不安もありつつ、というところです。世界観もゲームのファンの方にも納得していただけ、またTCGとしても踏み込んで遊んでいただけると思います」とコメントした。さらに、WEBコミック『エイジプレミアム』にてスピンオフ作品の連載も決定! 続報に期待だ。
この後行われた質疑応答の中では「説明書には初心者でも分かりやすいようにイラストも多数使用してする」「1ブロックのカードの種類は約250枚くらいを予定している」などの情報も飛び出したほか、オールドファンからのコアな質問も寄せられた。
最後は富士見書房常務取締役・村川 忍氏と、山下社長、安田社長が再び登場し『モンスターコレクション』の拡大宣言を行い、安田氏から試合開始の合言葉「デックオーン!」の叫びとともに発表会は終了した。
いよいよ第三期の展開が始まる『モンコレ』。「期待を裏切らず、さらなる楽しいゲーム環境を作り上げていきたいと思いますのでよろしくお願いします!」(村上氏)。
続報など、詳しくはこちらのサイトをチェックしよう!!

<Text/ダンディ佐伯>
●ブシロード 公式サイト
http://bushiroad.com/

●モンスターコレクションTCG 公式サイト
http://bro-moncolle.com/