【プレゼントあり】アニメでも舞台でもなく……ドラマ!? 2021年1月新アニメ『アイドールズ!』メインキャスト 留冬藍名、水野亜美、花岡志織、屋代瑠花 インタビュー

By saeki, 2020年11月8日


アニメーション制作会社のシンエイ動画と声優事務所の81プロデュースによる共同オーディション企画「What 声 You?」。
このたび、オーディションで選ばれた留冬藍名、水野亜美、花岡志織、屋代瑠花が出演するアニメ『アイドールズ!』の放送時期が、2021年1月に決定! 
モーションキャプチャーを使用し、3DCGを駆使した新感覚アニメで、アイドルアニメの新たな形を提言している。
今回は、過酷なオーディションを勝ち抜いたメインキャストの4人にオーディションを振り返っていただきつつ、パーソナルな部分や作品のみどころまでお聞きしました!

―まずはみなさんの自己紹介をお願いします。

水野亜美さん(以下、水野):水野亜美です! 私はお笑いが好きで、 “ぺこぱ”さんが最近のお気に入りです。実はおふたりと偶然道端で会ったことがありまして、「私、声優をやってるんです! いつか共演したいです!!」と、思わず声をかけてしまいました(笑)。
また、10月3日に配信したYouTubeとニコニコ生放送の特番でも披露させていただいたのですが、歴代中国王朝を早口で言えます! 声優事務所のオーディションを受ける際、何か特技がほしいと思っていたとき、お世話になった世界史の先生から伝授されました。意外と簡単にマスターできますので(笑)、みなさんもぜひ試してみてください。

留冬藍名さん(以下、留冬):留冬藍名です! 私は、スノーボードを小学3年生からやっています。元々運動が好きで、『アイドールズ!』でダンスを踊れるのが、とても楽しいです。
2.5次元舞台観賞が好きで、月に1回は行っています。とくに『刀剣乱舞』は殺陣がすごいんです! 私も専門学校で空手や武道を習っているのですが、自分の型にもフィードバックできそうだな、と思いながら観ています。最近は『ヒプノシスマイク』にハマっています!

花岡志織さん(以下、花岡):花岡志織です!  小さい頃からテニスや習字など、色々な習い事をやっていたのですが、とくに音楽関係のものがお気に入りでした。合唱と吹奏楽をやっていて、中学からは和太鼓を始めました。歌うこともすごく好きなので、こうして歌を披露できる作品に携わることができてうれしいです!

屋代瑠花さん(以下、屋代):私も歌うことが大好きで、『アイドールズ!』でたくさん歌えてうれしいです。YouTubeの生配信でも披露しましたが、「紙を破る音」が得意なんですが、実は高校の友人から教えてもらったんです(笑)。
それと「百人一首」もたしなむのですが、取るだけでなく「詠み手」と呼ばれる仕事もあるんですよね。とある大会で「詠み手」をさせていただいたことがあるのですが、その講習会でプロの方に技術を教えていただいて、すごく勉強になりました!

―オーディションの思い出を型っていただけますか?

屋代:私は第1ステージで落ちてしまったので、正直「もうダメだろうな」と思いながら敗者復活戦に挑みました。しかも毎回ギリギリで……。
「どうせ落ちるなら、思いっきり楽しんでお芝居しよう!」と、自然体で挑んだのがよかったのかもしれません。

留冬:第1ステージで亜美と同じグループだったのですが、1位通過したことにより、お客さんの前でパフォーマンスをできる「ごほうび」をもらえたんです。たくさんのお客さんの前で演技を披露したとき、「リアルな反応ってやっぱりいいな」と思いました。
私も瑠花と同じで、かなりギリギリのところで残った感じなのですが(苦笑)、人前で演技ができるよろこびを糧にして突き進んでいった結果、役をいただけたんじゃないかと思います。

花岡:最終的には個人戦になるのはわかっていたので、チームメイトがどうやれば個性を発揮できるのかをあれこれ試行錯誤していました。
気がついたらグループのリーダーになっていて、今考えると、
リーダーっぽい部分が少しは発揮できていたかなぁと。

水野:半分以上がチーム戦だったので、チームメイトとの思い出がたくさんできました。チーム内にお笑いが好きな子がいたので、私とシンパシーを感じて楽しかったです!
ちなみに、第2ステージで歌とダンスを披露する機会があり、客席に向けてマイクを向ける振り付けがあるのですが、私だけ違うポーズをしてしまったんです。あれは恥ずかしかったですね……。

―キャラクタープロフィールには、みなさんピッタリ当てはまりますか?

留冬:あいなは「常識担当」ですが、人並みに常識がある……と思いたいです(笑)。あいなにはオーディションの資料をいただいたときから「似てるな」という直感はありました。

屋代:生配信でも言ってたけど、感動屋なところも似てるかもしれないね。

留冬:アニメの中でのあいなの行動は、実は「常識担当」ではないんですよね。3人が「これやろう!」と言ったことに対して、素直に「いいね!」と言ってしまう子なので、ほかの3人の常識はずれな行動や言動に引っ張られてしまうところがあります。

―もしかして「誰一人として、まともな子がいない」……とか?

留冬:そんなことはない! ……と思います(笑)。

水野:あみは「行動力担当」なのですが、活発で明るいところが似ていると思います。また、オーディションでも水色担当だったので、シンパシーをすごく感じます! ちなみに、「なんでも長く続けるのが苦手」とありますが、飽きっぽいところも似ています(笑)。

花岡:しおりは「可愛い&毒吐きトーク担当」となっていますが、私は……似てないよね?

3人:似てると思うよ?

花岡:え~(笑)!? しおりちゃんはメンバーが敢えて言わずに避けていることをボソッと言ってみたり、彼女たちが置かれている「現実」に引き戻してくれる役回りです。

屋代:るかは「クール&ミステリアス」担当なんですが、私はクールではないかな……。
るかは「見た目はクール、中身は……」みたいなところがあるのですが、表立って見せないので、そういう点でミステリアスかもしれません。
それから、るかは独創性が強いところが魅力的ですし、そういうところは私も近づいていきたいと思っています!

―収録は順調ですか?

留冬:はい! ただ、今回はモーションキャプチャーを使った収録だったので、驚きと戸惑いの連続でした。印象的だったのが、収録現場で「『アイドールズ!』はアニメではないんです。舞台でもないんです。これは『ドラマ』なんです」と言われました。

水野:中野(翔太)監督から「アニメのお芝居をしないでほしい」と言われました。最初はピンとこなくて、すごく難しかったですね……。

花岡:アニメのキャラクターなのに、リアルを求められるのが難しかったですし、しおりを演じるときは「感情を出さないで」、「もっと下手に!」とディレクションを受けたんです。普段のレッスンでは、いかに感情を出すかを学ぶことが多いので、大変でした。

屋代:私は台本を読んだときに面白くて衝撃を受けました。元々笑いのツボが浅いので、現場でいかにして笑わないようにするかが大変でした……。

水野:監督に「これやったら面白くないですか?」と私たちからアイデアを出すこともあるし、実際に採用されることもあるんです!

―みなさんのアドリブも楽しめるということですね。

屋代:もしかしたらホームビデオみたいなイメージもあるかもしれません(笑)。

留冬:私たちの生の反応も楽しんでください!

―アフレコと違う演技が必要だということですが、演じる上で難しかったところは?

屋代:台本を手にしながら演技ができないところですね。キャラクターの動きに反映されてしまいますので……。

花岡:しおりはダランとした動きが特徴的なので、控え室にいるときからすでにしおりの動きになってしまうんです(苦笑)。彼女とリンクし過ぎないように気をつけています。

水野:現場の話ではないのですが、今日の服は4人それぞれ演じたキャラクターを意識した色になっているじゃないですか。お店に洋服を選びに行くと、ついつい担当しているキャラの色が気になってしまう、というのはあります(笑)。

3人:あるある!

―『アイドールズ!』の公式チャンネルではVTuberとして生放送をされました。

留冬:一応、キャラクターの姿でおしゃべりしているものの、ほとんど「私」としてしゃべってしまいました……。

水野:同じく(笑)。

花岡:リアルタイムでふたりのやり取りを見ていたのですが、キャラクターを通じて「中の人」同士の掛け合いが見えてくるんですよね。「今の亜美はこんな顔してるんだろうな」とか(笑)。リアルタイムでリスナーさんのコメントを拾えるので、ぜひたくさんコメントしていただきたいですね。

―作中で使われている楽曲についてはいかがですか?

花岡:アイドルたちのかわいらしさ、元気さ、フレッシュさが出ていて、泣けちゃうんです! みんなの想いがたくさん詰まっていますので、ぜひ聴いていただきたいです。

水野:歌詞にも、私たちのことを丁寧に入れていただいているんですよ。

留冬:レコーディングのとき、「ひとりひとりの個性があるから、いいものになったね」とスタッフさんから言われて、すごく感動しました!

屋代:楽曲を含めて、視聴者の期待をいい意味で裏切るアニメだと思います。応援よろしくお願いします!

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

【配信概要】
(1)『アイドールズのすたでぃ4U!』
日時 12月5日(土)20時放送開始

【出演者】
留冬藍名、水野亜美、花岡志織、屋代瑠花

【ゲスト】
未定

【配信】
YouTube(アイドールズ!公式チャンネル)、ニコニコ生放送(公式生放送)

<内容>
2021年1月に放送開始するアニメ『アイドールズ!』の新着情報を毎月1回のペースでお届けします!
キャスト4人(留冬藍名、水野亜美、花岡志織、屋代瑠花)がアニメ『アイドールズ!』の最新情報をお届けするために奮闘します!

(2)アニメ『アイドールズ!』V-Tuber生放送
日時 毎週日曜日20時放送開始

【出演者】留冬藍名、水野亜美、花岡志織、屋代瑠花(うち二人が出演予定)

【配信】
YouTube(アイドールズ!公式チャンネル)、ニコニコ生放送(アイドールズチャンネル)

<内容>
毎週日曜日20時から「アイドールズ!」のメンバーが交代制でV-Tuberとして番組を担当!
ゲーム実況やトークなど、ゆるーくお送りする1時間の生放送です。

<番組URL>
YouTube、ニコニコ生放送にて毎月放送!
配信詳細やアーカイブは公式サイトよりご確認ください。
https://wsy-idolls.com/live_stream

<チャンネルURL>
●アイドールズ!公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCPbxsEH-uW-pZhwvtj9nUZw
●アイドールズチャンネル
https://ch.nicovideo.jp/wsy-idolls

【アニメ概要】

「アイドールズ!」
◆放送情報
BS朝日にて2021年1月放送開始

◆キャスト
あいな:留冬藍名
あみ:水野亜美
しおり:花岡志織
るか:屋代瑠花

◆スタッフ
原作 シンエイ動画
監督 中野 翔太
シリーズ構成 宮本 武史
キャラクター原案 渡会 けいじ
3DCGデザイン 久保田 将司
制作 シンエイ動画
制作協力 Ray
キャスティング 81プロデュース
音楽プロデューサー 木皿 陽平
音楽制作 Stray Cats
音楽制作協力 APDREAM、HANO
ダンス振り付け 新垣 寿子

◆オープニング曲
タイトル「WE ARE THE ONE」
作詞・作曲・編曲 藤井健太郎(HANO)
うた アイドールズ!(あいな(CV:留冬藍名)、あみ(CV:水野亜美)、
しおり(CV:花岡志織)、るか(CV:屋代瑠花))

●公式サイト
https://wsy-idolls.com/
●公式Twitter
@wsy_idolls ( https://twitter.com/wsy_idolls )

●YouTubeアイドールズ!公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCPbxsEH-uW-pZhwvtj9nUZw
●niconicoアイドールズチャンネル
https://ch.nicovideo.jp/wsy-idolls

【プレゼント】

4人の寄せ書きサイン色紙を1名、キャストのソロ色紙を各1名、計5名にプレゼント!
ご希望の方は、「アイドールズ!」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)
(※どのサイン色紙が当選するかは選べません。あらかじめご了承ください)

応募締め切り:2020年12月11日(金)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)