いまの時代、多くの人に観て欲しい作品 映画「魔女見習いをさがして」完成報告イベント

By saeki, 2020年10月2日


「おジャ魔女どれみ」20周年記念作品「魔女見習いをさがして」が11月13日に全国公開される。
本作では、年齢も性格も住む場所も異なる3人が「おジャ魔女どれみ」をきっかけに出会い、ともに旅をする中で、大人になって忘れてしまった大切なものを探していくさまが描かれる。

10月1日に開催された完成報告イベントには、長瀬ソラ役の森川葵、吉月ミレ役の松井玲奈、川谷レイカ役の百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、大宮竜一役の三浦翔平が登壇した。

この日の午前中、4人は丸の内TOEIの屋上にある東映稲荷で新型コロナウイルスの終息と映画のヒットを祈願。森川さんは「心から笑える日が一日でも早く来るように、とお祈りしました。この作品を観て、少しでも明るい気持ちになってもらいたいです」

松井さんは「たくさんの方に観に来てくださること、健康で帰っていただけるようにお祈りしました」

百田さんは「たくさんの人に幸せが届くようにと願い、参加させていただきました。公開まで盛り上げていきたいです」

三浦さんは「いよいよ来月公開です。やっと皆様にお届けできるということで、楽しみにしています」

とそれぞれコメントした。

ここからはインタビュアーからの質問に4人が答えていく。

―オファーがきたときの感想を教えてください。

森川さん:最初は「え、いいの? 本当に?」って感じでした(笑)。大好きな作品だからこそ、自分のせいで台無しになったら……とプレッシャーを感じていました。

松井さん:友達から「一緒に観に行こう」と誘いがありましたが、まだ自分が出演していることを言えなかったので、もどかしい気持ちで思いながら収録に臨みました。

百田さん:マネージャーさんから「『おジャ魔女どれみ』の仕事があるよ」って言われたとき、詳細を聞かずに『やりたいです!』と答えました。それくらい『どれみ』が大好きなんです。

三浦さん:実は、僕はおんぷちゃんが大好きなんです! 自分が演じた大宮もおんぷちゃん推しなんですが、僕の話を聞いてそうしてくれたのか、もともと『おんぷちゃん推し』として作っていたのか……あとでスタッフに聞いてみたいと思います。

―アフレコ現場でのエピソードを教えてください。

森川さん:本読みをしたときに、松井さんの本気さが伝わってきて、気が引き締まりました。
キャストさんが、それぞれのキャラクターに合っているので「どこまで見抜いてキャスティングされたのかな?」とビックリしました。

松井さん:ソラちゃんの声が飛び出してきたときに「しっかり準備してきているな」と焦りました。自分の演技が正解なのか不安になりました(苦笑)。

百田さん:アフレコの途中、台本のページや秒数を追えなくなってしまったときがあったのですが、みなさんに引っ張ってもらって助かりました。

三浦さん:森川さんの作る空気が居心地よかったです。ひとりで収録するシーンが多かったのですが、森川さんと一緒だったシーンは優しい雰囲気に包まれました。

―本作を演じての感想や、見どころをお願いします。

森川さん:女子3人が悩みを抱えているところから物語が始まるのですが、みんなで旅行に行ったり、自分も旅行に行ったような気持ちになれました。

松井さん:『どれみ』ゆかりの地を聖地巡礼するのですが、自分も好きだったからこそ、3人と一緒に旅行している気持ちになれます。鉄道好きなので、駅を始めとした風景も見どころです。

百田さん:自分が好きな作品に自分の声が載っているという、すごく不思議な気持ちになったのですが、作品の雰囲気がいまの時代に寄り添っていると思います。どんな方にもご覧いただきたいです。

三浦さん:ひさびさに、ほっこりした気持ちになりました。

―作品タイトルにちなんだ質問です。みなさんが悩んだときに使う魔法は?

森川さん:美味しいごはんと、それに合うお酒を適量、です!

松井さん:猫を飼っているので、猫のお腹を吸います(笑)。

百田さん:「家族との時間」です。頑張らないといけないときに、家族と話していたら一瞬忘れられますので!

三浦さん:大切な家族と友人たちです。仕事の悩みは友人に話すことが多いですね。

―最後に、メッセージをお願いします。

三浦さん:映画を通して、少しでも明るい気持ちになってください」

百田さん:「どれみちゃんが大好きな世代の人たちがすごく楽しみにしている」、という声をたくさん聞きます。ハッピーやラッキーがたくさん届いてほしいです!

松井さん:魔法とはどんなものなのか? 考えさせられる作品です。魔女見習いたちに会いに来てください!

森川さん:仕事も生まれも違う3人が、自分や相手のいいところを見つけていく作品です。「もっと自分らしく生きていいんだな」、と思えました。観れば勇気と自信をもらえると思いますので、ぜひ劇場に足を運んでください!

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

【映画概要】
■映画『魔女見習いをさがして』 
11月13日(金)公開

【出演】
森川葵 松井玲奈 百田夏菜子 / 千葉千恵巳 秋谷智子 松岡由貴 宍戸留美 宮原永海 石毛佐和 / 石田彰 浜野謙太 三浦翔平

【スタッフ】
原作 :東堂いづみ  
監督:佐藤順一 鎌谷悠 
脚本:栗山緑 
キャラクターデザイン・総作画監督:馬越嘉彦 
プロデューサー:関弘美 
アニメーション制作:東映アニメーション  

配給:東映  

【STORY】
「ねえ、大きくなったら何になりたい?」教員志望でありながらも、自信をなくして進路に戸惑う大学生・長瀬ソラ。望んだ仕事についたものの、職場になじめず葛藤する帰国子女の会社員・吉月ミレ。夢に向けて進学費用を貯めるも、ダメ彼氏に振り回されるフリーター・川谷レイカ。

年齢も性格も住んでいる場所も、なにもかもが違う三人。しかも、それぞれ思いを描く未来が見えず、人生に絶賛迷い中!そんな彼女たちを引き合わせたのは“おジャ魔女どれみ”!?かつて魔女見習いたちが集っていたMAHO堂―鎌倉にある洋館での運命的な出会いをきっかけに、三人は飛騨高山・京都・奈良と「おジャ魔女どれみ」ゆかりの地を巡る旅へ!
笑って泣いて支え合って、掛け替えのない時間を過ごした三人は改めて気づく、いつもどれみたちがそばにいてくれたことに。そして魔女見習いたちに背中を押され、踏み出した先に、素敵な世界が広がっていた。

●映画公式HP
http://Lookingfor-Magical-Doremi.com  
●おジャ魔女どれみ20周年Twitter
@Doremi_staff 
●おジャ魔女どれみ20周年公式Instagram
doremi_20th_anniv

(C)東映・東映アニメーション