【プレゼントあり】春奈るなが、未来の仲間たちに向けてアドバイス! 代々木アニメーション学院 オープンキャンパスレポート

By saeki, 2020年5月8日


声優やイラストレーター、2.5次元演劇、アニメ音響など、様々なジャンルでの活躍を目指す者たちが集まる「代々木アニメーション学院」。このたび、入学志望者を集めたオープンキャンパスが東京校(水道橋)で開催された。
この日はアニソンアーティストとして大活躍中の春奈るなさんがゲストとして登壇し、歌手を目指したきっかけや活動するうえでの心構えなどをたっぷりと語った。

 

入学希望者を対象に行なわれた全体ガイダンスでは、これまでの実績や卒業生が実際に活躍する場の紹介など、代々木アニメーション学院に関する様々な情報を紹介。
今年で開校42周年を迎えた代々木アニメーション学院は、業界で活躍する数多くの卒業生を輩出。
声優・アニメソングのドラフトオーディションで夢をつかんだり、プロ公演のキャスト出演、裏方スタッフとして参加するチャンスも!

また、自前の施設で実習を行なったり、舞台公演も可能ということで、デビュー前から活躍の場が用意されている。
教育ローンや学生寮など、安心の充実したサポート制度も!

そして、現在放送中の数多くのアニメにも卒業生が関わっており、業界で働くための“最短ルート”とも言えよう。

全体ガイダンスが行なわれたあとは、ゲストの春奈さんが登場!
ガイダンスから引き続き、同校の講師でもある海老塚久蔵さんを司会に迎え、トークショーが開催された。

デビューのきっかけは『美少女戦士セーラームーン』の楽曲だったという春奈さん。デビューするためには、親の協力も必要不可欠な人が多いと思うが、春奈家では母親も協力的で、「次はどんなオーディションを受ける?」とノリノリだったそう(笑)。

アニソン歌手を目指した大きな理由は「大好きなアニメ(二次元)の近くに行くためにはアニソンアーティストになればいい!」と思い立ったことが大きいとのこと。
なお、歌手になる前からモデルとしても活躍していたのは、原宿で雑誌のスタッフにたまたま声をかけられたのがきっかけだったそうだ。

歌手活動については「デビューする前、中学3年生のときに、Webラジオのテーマソングを歌わせていただいたことがあって。学校では誰にも知られてないと思ってたんですけど、先生が昼休みの放送で私の曲を流してくれて、ちょっとした有名人になりました。卒業前でしたので一瞬でしたが(笑)」と裏話も。

そして、2017年に放送されたテレビアニメ『URAHARA』では声優として主役の須藤りとを演じた春奈さん。デビュー前から声優のレッスンはしていたものの、アフレコを終えてオンエアを観ると、自身では「できた」と言える領域まで達しておらず、打ちのめされてしまったそう……。
それでも、アフレコ現場ではスタッフや同じ事務所の上坂すみれさんらキャスト陣が丁寧に教えてくれて大感激だったそうだ。

そのほか、海外のライブやイベントに出席した際のエピソードを語ったり、受講者からの鋭い質問に答えたりと、あっという間のトークタイムとなった。

トークショーを終えた春奈さんにお話をうかがえたので紹介しよう。

―本日の感想をお願いします。

春奈るなさん(以下、春奈):学園祭でゲストとして呼んでいただいたことはありますが、こうしてオープンキャンパスで夢を追いかけているみなさんの前でお話させていただくのは初めてでしたので、すごく緊張しました……。
人生の進路を決めようとしている方々の前で、うかつなことは言えないな、というのもありましたし、少しでも受講者のみなさんのプラスになるような内容になればいいな、と思いながらお話させていただきました。

―アニソンシンガーを目指したきっかけなどは、これまでも色々なところで語られてきたかと思いますが、今回はさらに気合いが入ったと。

春奈:そうですね。「自分にもチャンスがあるんだ!」という希望を持っていただきたいですし、私もこれまでたくさんのオーディションを受けてきましたので、その経験を言葉にして伝えられたらと。

―受講者からも、様々な角度から質問が飛んでいました。

春奈:プロポーションを保つために、階段を爪先立ちでのぼったり(※試すときは十分気をつけて!)、ホットミルクを飲むというルーティンを入れているなど、みなさん色々と考えながら夢を追いかけているんだな、と刺激になりました!
「何がなんでも声優に、アーティストになりたいんだ」という気持ちがすごく伝わってきたので、私も初心に返ることができました。

―ちなみに、春奈さんが最近ハマっていることはありますか?

春奈:家の中では、トレーニング以外ではゲームですね。『ポケモン』をひたすらやっています!ひと段落したら『あつまれ動物の森』で無人島にも行きたいですね! 
あと、『パズドラ』の痛バッグ製作も進めています。そして、身体を動かしたくなったらエアロバイクに乗ってリフレッシュしています。家のなかでもやること、やりたいことはたくさんあるので!

―最後に、メッセージをお願いします。

春奈:最近は「音楽って心の支えになるんだな」と改めて強く感じています。みなさんもぜひ音楽を聴きながら、日々の生活を充実させてもらいたいです。
そして次に海外でライブをする時は、ファンの皆さんのまえで「日本はたくさんの素晴らしいアニメやアニソン、ゲームであふれているから、すごく楽しく過ごしてきたよ!」と言えるような日がくればいいな、と思っています!

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

【プレゼント】
春奈さんのサイン色紙を1名にプレゼント!
ご希望の方は、「YAG春奈るな」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)

応募締め切り:2020年5月15日(金)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)