「ひとりでも多くの役者の魅力を伝えたい」前島亜美主演・舞台『バレンタイン・ブルー』2月18日(火)~25日(火)まで博品館劇場で上演!!

By saeki, 2020年2月19日


エイベックス・マネジメントが主催、同社所属の俳優14名が出演する舞台『バレンタイン・ブルー』が2月18日、東京・博品館劇場で初日を迎え、公開ゲネプロと囲み取材が行われた。
本作はカフェ『バレンタイン・ブルー』を舞台に、たくさんの登場人物による群像劇を繰り広げられる。ひょんなことから、店内にブースを構えるコミュニティFMのDJをすることになった深水梨子。梨子が始めたラジオ番組をきっかけに、カフェに集う人々の“人生の歯車”が回り始める……。

囲み取材には深水梨子役・前島亜美、若林優介役・久保田秀敏、三沢研役・武子直輝、深水由起恵役・しゅはまはるみが登壇し、作品の見どころなどを紹介した。

 

前島さんは「魅力あふれるキャスト陣がそろったので、ひとりでも多くの役者の魅力を伝えたいですし、知って欲しいです。ちなみに久保田さんとは6年前、15歳くらいにドラマで共演して以来で、お会いした際『素晴らしい役者さんになられた』と思いました。出演者はみなさん真面目で誠実な役者さんで、背筋が伸びる思いです」

武子さんは「これまで一緒になったことがない演者さんも多くて『どんな感じになるんだろう?』と思っていましたが、稽古では素晴らしいお芝居を見せられ、新しい可能性が見せられそうです。早く本番がやりたいです!」

久保田さんは「本作は梨子が主演と言うことになっていますが、登場人物ひとりひとりにドラマがあるので、ほかのメンバーにも注目してください」

しゅはまさんは「バレンタインを稽古中に迎えたのですが、稽古が慌ただしく『ハッピーバレンタイン』のようなことはしていません。見に来ていただいたみなさんに優しい気持ちを届けられればと思います。タイトルに暗いイメージがあるかもしれませんが、どちらかというとコメディー要素が多い作品で、ファンタスティックなところもありますので、楽しみにして観にいらしてください!」
とそれぞれコメントした。

舞台『バレンタイン・ブルー』は2020年2月18日(火)~2月25日(火)まで博品館劇場で上演される。

<Text・Photo/ダンディ佐伯>
☆ページ下部に写真一覧あり。

●舞台『バレンタイン・ブルー』公式サイト
http://no-4.biz/valentineblue/
●舞台『バレンタイン・ブルー』公式ツイッター
@butaibareburu