【プレゼントあり】榊原ゆいとDJ Shimamuraの10年間の軌跡がここに! コラボベストアルバム『Splash!』インタビュー

By saeki, 2013年8月28日


数々のアニメ・ゲームソングを手がけてきた榊原ゆい。そんなゆいにゃんに数々の楽曲を提供してきたDJ Shimamuraによるコラボアルバムが完成! 
「jewelry days」や「Eternal Destiny」などの代表曲に加え、今回のアルバムのために制作されたオリジナルナンバーも収録。二人の軌跡を存分に味わうことのできる本作の発売を間近に控えたゆいにゃんとDJ Shimamuraさんにお話をうかがってきました!

―まずは、発売を控えた、現在の率直な心境をお願いします。

榊原ゆいさん(以下、榊原):いい曲ばっかりで「なんだかずるい!」と思いました。

DJ Shimamuraさん(以下、Shimamura):ずるいって(笑)。

榊原:これだけいい歌を歌わせていただいて、みんなで盛り上がってきたんだな、と思うとグッとくるものがありますね。

―「コラボベストアルバム」と銘打たれていますが「ベストアルバム」と言ってしまっても差し支えないのでは?

榊原:本当ですね。

Shimamura:10年の間にこんなに曲ができたんだ、ということにまず驚きでして。制作中の思い出や、榊原さんのライブに参加させていただいた時の思い出もいっぱいあるので、そのときの気持ちが詰っていて、しかも今の僕たちを表すような新曲も入っていますからね。
ですから、トラックリストが上がってきた時は感動しました。

―では、約10年前、お二人が最初にお会いした時のエピソードをお聞かせください。

榊原:「jewelry days」を1stシングルとして出させていただくことになった時、最初「DJさんとのコラボ」と言われてピンとこなかったんです。
「ダンスを活かした曲にしたい」という自分のパフォーマンスの希望もあったのですが、その頃はそんなパフォーマンスをしている声優の子はいなかったですしね。
曲を聴いて作詞をさせていただいた時に「すごくいい」と思ったのですが、当時のゲームソングは、どちらかというと温かいイメージのサウンドが流行っていたので「みんなには受け入れてもらえるかな?」と不安でした(笑)。でも自分がいいと思わないものはみんなにも伝わらないだろうと思い、自分の言葉で作詞をして曲を完成させました。

―ということは新たなゲームソングとしてのパイオニア、という立ち位置でもあったわけですか?

Shimamura:僕は、ゲームミュージックというよりも、ずっとDJをしてきたこともあり「ダンスミュージック」としてとらえていました。ヨーロッパなどでは女性ヴォーカルが歌を歌いながらダンスをするということが普通にあったので、日本でもプロデュースしてみたいと思っていたところに榊原さんの曲を作ってほしい、というお話が来まして。
聞くと、ちょうど条件にピッタリ合うようなパフォーマンスを望んでいるということでしたので、「この人なら僕の作った曲を歌ってくれるし、見事なダンスも踊ってくれるに違いない」と確信しました。

榊原:そういってもらえると嬉しいですね!
そして、実際にシングルをリリースしてみて、ここまで反響があるとは正直思っていませんでした。受け入れてくださった皆さんには感謝の気持ちしかないですね。

―では、初めてお会いした時の、お互いの印象は?

榊原:私の中の勝手なDJ像があって「すごくチャラい人が来るんじゃないか?」と想像していたのですが(笑)、紹介されたときに「あれ? すっごい好青年だ」と思いました(笑)。

Shimamura:ラッパーみたいなものを想像されてたんですか(笑)? 僕はレコーディングの時に予想以上に声にパンチがあって、メロディもしっかり乗っているし「すごい人がいるんだな」と衝撃を受けました。こんな人の1stシングル曲を手がけてしまっていいのかな? と正直思いましたね。
また僕自身、スタジオ収録は初めてでしたので、色々と貴重な経験をさせていただきました。この後、「こんなことをやってみたい!」というのがたくさん出てきました。

―その後のDJ活動にも大きな影響を与えた、と。

Shimamura:そうですね。榊原さんの曲を作る際は、その後ライブでダンスを踊ってくれますので、それをイメージしながらすごく楽しく仕事をさせていただけています。
出来上がった曲はクラブでも使えますし。

―榊原さんのファンの方がShimamuraさんのクラブに行っているという話もお聞きしますが?

榊原:そう! 行ってるみたいなんですよね~!
私も作詞をさせていただいているのですが、その時点でライブで歌っているビジョンが見えるんですよね。中でも、Shimamura君の曲が一番見えやすいといいますか。
「みんな絶対楽しんでくれるんだろうな」と客席まで目に浮かんできます。
そんな中で制作するのはとても幸せなことですので、かみしめながら作らせていただいております。

Shimamura:お褒めいただき光栄です!

―今回はオリジナル曲も2曲入っているということなのですが、こちらの紹介をしていただけますか? まずはアルバムのタイトルにもなっている「Splash!」から。

榊原:これがありきのShimamura君サウンドですね。昔からタオル曲を作りたかったのですが、中々しっくりこなかったんです。今回のアルバムは、今までとは別の内容にしたいと思っていた時に「あっ、タオル曲!」と頭に浮かびまして。「私はきっと、この時のためにタオル曲を作っていなかったんだな」と思えた瞬間でした(笑)。
「表題曲は夏らしいバリバリのタオル曲がいい」と提案し、試行錯誤を繰り返すうちに、この曲ができました。

Shimamura:試行錯誤を繰り返すうちに、どんどんテンションも熱気も上がっていきました(笑)。

榊原:だよねー! 本当に狙ったところにカッチリとはまった感じですね。

―ジャケット写真もまさに夏らしさを感じるものになっていますね。

榊原:PV撮影のときにジャケット撮影もしたのですが、飛んで跳ねて……たいへんでした(苦笑)。

Shimamura:これはもう「部活」ですね(笑)。音楽制作活動の時は部屋の中で作業しているわけじゃないですか。クラブでのパフォーマンスでも動くことは動きますが、飛ぶことはない上に、厚着をした状態ではやらないですからね(笑)。

―こちらの服装は、普段DJをしているときに実際に着ているものですか?

Shimamura:はい。秋、冬にかけてはよく着ている服ですね。

榊原:Shimamura君って普段、緑色の服を着ていることが多いんですよね。だからそのイメージは崩したくなくて。私のイメージカラーはピンクということでこの服装になりました。
ジャケットを作る前から構図はだいたい決まっていたんですね。後はもう自由に、という感じで。楽しさが伝わってくれればいいな、と思っています。

―DVDにはPV撮影時のメイキング映像も入っているそうですね。

榊原:これが、すごく面白いんです! ダンサーちゃんなども登場しますし、「PV撮影って大変なんだ」というのが分かってもらえるかな、と思います。
今回のPVは、照明を使って夏らしさを出しつつ、ストレートに楽しさが伝わる感じにしました。

Shimamura:実は今回、PVを撮影するのが初めてだったので、色々と勉強になりましたね。「CGじゃなくて、本当に水を被ってるんだ」とか(笑)。

―次回またお二人でPVを撮影するとしたら、どんなシチュエーションがいいですか?

榊原:バッキバキのクラブシーンでもいいかも。

Shimamura:そうですね。僕は一度、榊原ゆいをクラブの世界に置いて作品を作ってみたいと思います。ストロボやレーザーなどを駆使して。

榊原:いいね! 是非やってみたいね!

Shimamura:いやー、やりたいことがどんどん出てきますね。

―では「moment」についてもお聞かせください。

榊原:「ノンタイアップだし、自由に作ろう」という話になりまして。Shimamura君と話したのですが、ガツガツな曲が集まりすぎていたということもあり、「サラダ曲」(笑)が1曲くらいあってもいいかな、ということでオーダーしました。

Shimamura:自由でありつつも、うまいこと転がってくれた感じです。アルバムをまとめられる曲にもなりましたし。

榊原:いつもだとゲームの世界観があって、そこにどう合わせるか? ということでやっていますが、この曲は「バランスを見つつもやりたいことをやった」という感じですね。

―曲の制作自体は、スムースにいきました?

Shimamura:「Splash!」がアゲアゲのナンバーだったこともあり、それとは対極的なものにはしたいと思っていましたので、特に苦労することはなかったです。

榊原:実は「moment」はスタジオのスケジュールも決まっていて、あまり時間がない中でヘタに気張らずにできました。
私に提供してもらったShimamura君の曲の中ではちょっと珍しい、気持ちが穏やかになるような曲でしたし、普段やらないようなこともレコーディングで気楽な気持ちでみんなで持ち寄れたと思います。
これが10年二人でやってきた呼吸なんだと思います(笑)。

Shimamura:数週間後、レコーディングする日が決まっているのにまだ何も決まっていないという状態から、お互いにやりたいことを詰め込めたのは、10年間やってきた中での信頼関係といいますか。
アルバムに関しても、お互いに「こうしよう」というイメージがあったのではないかと思いますね。

―アルバムに収録された曲順に関してはどのように決まりました?

榊原:曲順自体は私が決めたのですが、歴代曲を作った順番に並べていったら「これだけでもう出来上がってるな」と思いまして。新曲2曲と今回初めてフルバージョンで収録される「戦刃恋歌」を間に入れてみたら「もうこれでいけそう」ってなって。
Shimamura君に見せたら「いいんじゃない?」となりまして。「これしかない」と確信しました。
Shimamura君サウンドしか収録されていないので、まあ本当にすんなりいきましたね(笑)。

Shimamura:普段クラブでDJをする時も最初から最後までどのような流れにするかはいつも悩むのですが、トラックリストを送ってもらったときに文句の付けようがなかったです。

榊原:それと、タイアップ作品ごとにブロックができているというのが大きかったですね。気持ちがバラバラしないので、すごくしっくりきました。

―まさに「ライブ、クラブ仕様」といった1枚に仕上がった感じですね。

榊原:そうですね。よく二人で言っていたのですが「眠れなくなるから、寝る前には聴いちゃダメ!」ですね。このアルバムは(笑)。

Shimamura:逆に「これからやるぞ!」という時に聴けばいつも以上の力が出せるんじゃないかと思いますね。

―話は変わりますが、榊原さんは先日「榊原ゆい in the Love Treasure Box Live 2013」、通称「ラブレボライブ」でファンの方へ、条件付きで動画撮影をOKにされましたが、どういう意図があったのですか?

榊原:私を応援してくださるファンの方の中には、様々な理由でライブに来ていただけてない人も結構いると思うんですよね。そんな皆さんに対して「やっぱりライブに来ると盛り上がるんだよ!」というのを伝えたい、というのが一番の理由です。
今回のアルバムでも「Splash!」のタオルの振り方を動画でアップする予定ですので、それを見て「家でやっていてどうするんだ!」という気持ちになっていただき、足を運んでもらいたいです。

―今回はアルバム発売記念イベントも行われる予定ですね。

榊原:今回のイベント、Shimamura君がいないんですよね……(横目で)。

Shimamura:国内にはいますので、中継しましょうか? 声が・遅れて・出てくる・かも知れませんが(笑)?

―Shimamuraさんは普段、出先でも楽曲制作などされているんですか?

Shimamura:実は先日、ようやくノートPCを買ったんです。あまりにも遠征が多くて……(苦笑)。これからはハワイのビーチで曲を作ったり、なんてこともできるかもしれません!

―新しいインスピレーションも沸くかも知れませんね。

Shimamura:実際に海外のイベントでゆいにゃんの曲をかけたりして、ファンの反応を色々と見ることにより「こういう曲を作れば、ここの人たちはもっと喜んでくれるかも?」とひらめくことがありますし、絶対に沸いてきそうですね。

―そして、10月12日には恒例のバースデーライブ『Happy★LOVE×Live2013』も行われます。

榊原:もちろんShimamura君の曲は全曲やりますが「歴代最大曲数」というウリでやっています。
私たちもそうですが、皆さんも大変なことになると思いますので(笑)、今から体力をつけておいていただいて、元気な身体で来ていただかないと持たないんじゃないかと。
Shimamura君もたくさん回しますし、ダンサーちゃんたちもたくさん踊ります。「みんなで未知の世界に行こう!」といった感じですね!

―ちなみに、リハーサルの方は……。

榊原:実はもう始まっているんですよ。曲数が多いので……(苦笑)。バースデーライブは、今までは演出にも色々と力をいれていたのですが、今回は歌って踊るという怒涛のパフォーマンスで盛り上がりたいと思っています。
今回はアルバム曲に加えて、皆さんがゲーソンにはまった当時の、過去の曲も歌う予定ですので、お楽しみに!

―最後に、ファンの方に一言お願いします。

Shimamura:僕とゆいにゃんの、約10年間の歴史が詰まっているのはもちろん、新曲も入っていて、今の僕たちの想いが全て詰まっています。これからのライブ活動も含めて、僕たちのことをとことん知っていただける1枚になっていますので、10年前から知っている方も、最近知っていただいた方にも楽しんで欲しいですね。

榊原:この曲で私たちのことを知っていただいた、というナンバーもたくさん入っていると思いますので、皆さんそれぞれの思い出も詰まった1枚になったと自負しています。
今回初めて聴く!という方にも、このアガる楽曲たちを是非楽しんでいただきたいと思います!

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

【CD概要】
『Splash!』
2013年8月28日(水)発売


【初回限定盤】
品番:LXCH-0005
¥3,990(税込)


【通常盤】
品番:LXCH-0006
¥3,150(税込)

【イベント概要】
榊原ゆい with DJ Shimamura コラボベストアルバム『Splash!』
の発売記念イベントが開催決定しました!

【参加条件】
イベント参加券配布対象店舗にて、下記CDをご予約・ご購入された方。

<対象商品>
榊原ゆいwith DJ Shimamuraコラボベストアルバム「Splash!」【初回限定盤】
品番:LXCH-0005
¥3,990(税込)

※【通常盤】はイベント対象ではございません。

【日程】
≪2013年9月14日(土)≫
●アキバ☆ソフマップ1号店【1回目】
トークショー&サイン会
・開場:11:30~ ・開演:12:00~ ・終了:13:00(予定)
※サイン会のサインは榊原ゆいwith DJ Shimamuraコラボベストアルバム「Splash!」【初回限定盤】のジャケットに限らせて頂きますので、当日必ずご持参ください。

●アキバ☆ソフマップ1号店【2回目】
トークショー&握手会
・開場:13:30~ ・開演:14:00~ ・終了:15:00(予定)

※詳細につきましては、お手数ですが開催店舗まで直接お問い合わせください。

●『Splash!』特設ページ
http://www.sakakibarayui.com/info/splash/sp_0620.html
●榊原ゆい 公式サイト
http://www.sakakibarayui.com/

【プレゼント】
榊原さんとShimamuraさんの寄せ書き直筆サイン入り色紙を1名の方にプレゼント!
ご希望の方は、「Splash!」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)

応募締め切り:2013年9月30日(月)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)