佐藤聡美が念願の朗読に挑戦!「ふしぎ工房症候群 Premium.3 夢見る少女は空を飛ぶ」インタビュー

By saeki, 2012年4月23日


奥深いストーリーが魅力のオリジナル朗読CD『ふしぎ工房症候群』シリーズ。第3弾が2012年5月23日(水)に発売! 今回、主人公の「私」を担当したのは佐藤聡美さん。昔から朗読は大好きだったという彼女が本作で感じた想いとは?


―今回の収録の感想をお聞かせ下さい。

佐藤聡美さん(以下、佐藤):高校生の頃に部活で放送部に入っていて、私自身朗読というものがすごく好きでした。ですが、まさかお仕事で朗読をすることになるとは思いませんでした。
久しぶりにひとつの作品を夢中になって読めたので楽しかったです。


―具体的にはどのようなディスカッションをされたのですか?

佐藤:原作者の竹内先生から「どういうお話を朗読したいですか?」と聞かれたので、一つのお話の中で色々なキャラクターを演じたいとか、妄想がテーマの作品が面白そうとか、主人公はいじめられっ子とか、細かく色々とリクエストさせていただきました。

また、女の子って妄想することが結構好きで、私もよくするのですが(笑)、そういう「妄想をする思春期の女の子が、妄想の中ではヒーロー、でも現実ではいじめられていて」といった設定を先生がきれいにまとめて下さいました(笑)。

「佐藤さんがやりたいことをやって下さい」とおっしゃっていただきましたので、「お話の中でも色々なことに挑戦していったり、主人公の『私』が成長できるようなストーリーが嬉しいです」というお話をさせていただきました。


―パーソナルなことも訊かれましたか?

佐藤:家族構成なんかも聞かれてちょっとドキっとしました(笑)。「猫が好きなのですが、結局飼えなかったんです」という話をしたら、「クロ」という猫が出てきて、テンションが上がりました!


―本作の聴きどころをお聞かせ下さい。

佐藤:思春期の女の子が、自分の妄想の中で好き勝手に暴れ回る姿や、その子がアイドルや女優になりきって、妄想の世界でそれぞれ生きている姿がとても輝いているというか。

最終的には「自分には合わない」とそっぽを向いてしまったりもするのですが、色々なことをやってみる、という姿勢がいいと思います。色々な登場人物を一人で演じていますので、監督に怒鳴られている「私」を、ちょっと下手くそに演じた方がいいのかな、ギャルはこんな感じでしゃべるのかな、など、色々と考えながら演じていますので、そこも聴きどころなのかな、と思います。



―物語を終えて、「私」は結局幸せだったのでしょうか?

佐藤:私自身はハッピーエンドで終わらない方が素敵かな、と思いました。人生、何でもかんでもうまくいくわけではないと思いますし、「自分が何をして生きたいのか?」ということを教えてもらったいい機会だったんじゃないかと思います。ですから、それはある意味ハッピーでラッキーだったのかも知れません。

暗い人生を歩んできた「私」が、色々なことを経験することによって、彼女の中に様々な可能性が広がっていったことが、彼女にとっての幸せだったと思います。


―佐藤さん自身が、猫にどんな願いもかなえてもらえるとしたら、どんなお願いをしたいですか?

佐藤:男の子になってみたいです。男の子として一日過ごしてみたいな、と思ったり。
後は、ペットショップの店員になってみたいですね。声優さんにならなければペットショップの店員になりたいと思うくらいに動物が大好きなので。

後は、「自分がもし声優になっていなかったら」と考えることがあるのですが、その時に出てくる職業になってみて、挫折して「やっぱり声優として頑張ろう!」と、まさに「私」のようになるんだろうな、と(笑)。

この作品では、「私」が突然色々な職業にチェンジすることになるのですが、臨機応変に対応している「私」はすごいと思います。私だったら慌てますね。ペットの毛を丸坊主にしてしまったりして、こっぴどく怒られるんじゃないでしょうか(笑)。


―最後に、ファンの方に一言お願いします。

佐藤:皆さんも1回は、いや10回は経験しているであろう、「妄想」「空想」をテーマにした作品になっています。

主人公の女の子が色々な挑戦を妄想の中で具現化していて、「自分もこんな想像したことがある!」と思っていただけるようなシーンが散りばめられていたり、最後はちょっぴり考えさせられる内容になっています。

私、佐藤聡美が、出てくる人物を全部演じていたり、念願の朗読のお仕事ということで気合いと気持ちを込めまくって演じさせていただきましたので、「ふしぎ工房症候群」の世界にどっぷり浸っていただければ嬉しいです。よろしくお願いします!



<Text・Photo/ダンディ佐伯>


【CD概要】
オリジナル朗読CD
ふしぎ工房症候群 Premium 3「夢見る少女は空を飛ぶ」



原作:竹内葵
語り:佐藤聡美

品番:XNCG-10023
定価:2,100円(税抜2,000円)
発売&配信日 5月23日(水)

発売元:Cosmic★Gate
販売元:avex marketing

(C)2012 COSMICRAY,Inc.,

●『不思議工房症候群』作品紹介サイト
http://www.cosmicray.co.jp/fks/

【関連記事】
・竹達彩奈が朗読に初挑戦!『ふしぎ工房症候群』 Premium.2『居場所をください』インタビュー
http://repotama.com/2011/07/1150/