【アニたまぷらす】『AT-X PresentsアニソンぷらすLIVE 2012』 出演者のインタビューを紹介!

By saeki, 2011年12月27日


2012年1月2日(月)深夜0:30~1:30 放送予定の『AT-X PresentsアニソンぷらすLIVE 2012』 。登場する豪華アーティストから収録後のコメントが寄せられたので紹介しよう!
本日オンエアされた『アニソンぷらす』内で発表された、各アーティスト様からのお年玉プレゼントも紹介!

【AKINO with bless4】

――収録してみていかがでしたか?
AKINO:すごい楽しかったです!初めて「君の神話」をテレビで歌ったので、正直少し緊張していたんですけど、本当に楽しかったです。

AKASHI:うん、楽しかった。

KANASA:アメリカザリガニの2人とは、前回お会いしたのですが、そこまでトークはできなかったんです。

AKASHI:前回は、LIVEとちょっとの合間のトークだけだったので…

AIKI:今回は、たくさん話せました。

AKINO:話しやすかったですね。お兄ちゃん、結構突っ込まれたね(笑)

AKASHI:そこは・・・

AKINO:まぁ面白かったですね。

AKASHI:今度からは静かにしないといけないなという(笑)。まぁ楽しかったです。

AKINO:あと、ケーキにはすごくビックリしました。おいしそうで、楽しみです。ありがとうございます。

AIKI:「君の神話」はテレビで披露するのが初めてだったのですが、自分たちも踊るのがきついんですよ。今回の番組ではショートバージョンですが、ものすごく汗がダラダラ流れました。でも、リハーサルとか本番などが何回かあったので、落ち着いてできたのでよかったです。

AKINO:たしかにリラックスできたね。

――ここを観てほしい!というのはどこですか?
AKINO:今回の「君の神話」はすごくかわいい曲です。今までの曲ロック的な感じでやってきたんですけど、「君の神話」は元気で明るくてさわやかな曲で、振り付けはAIKIがやってくれたんですけど、振り付けもかわいい感じで劇っぽい感じになっているので、そこに注目してほしいなと思っています。

――ファンのみなさんへ一言お願いします。
KANASA:この季節、外は寒くなるんですけど、心の中は暖かくなる季節だと思うので、愛や優しさをほかの人に伝えていけたらいいなと思っています。みなさんもぜひ友達とか家族とか大切な人に笑顔や”愛してる”という表現をしてください。よろしくお願いします。

AIKI:今回の曲は元気な曲ですし、ダンスの振り付けも意外とリズムをとるのが難しいですが、サビのところでちょっと跳ねるような動きをしているので、ぜひカラオケとかで歌う時に振り付けも覚えてやってくれたらうれしいです。

AKASHI:今回の曲は元気で明るい曲で、今までのAKINOのイメージとちょっと変えた感じです。AKINOの表情や歌声や兄弟の一致しているよさを、あえて言う必要はないかもしれないですが(笑)、観て聴いてもらえたらうれしいです。今回ゴスペル風の歌になっているので、ぜひ聞いてください。

AKINO:アクエリオン作品と出会ったのが自分が14歳の時で、今21歳になって(以前よりも)パワーアップした姿を見せたいと思います。そしてパワーアップした『アクエリオンEVOL』、そして歌も楽しみにしててください。

【The Sketchbook】

――収録してみていかがでしたか?

渡辺:こういったスタジオでの収録というのは初めてで緊張したのですが、新曲の「Message」も初披露ということで、前向きな気持ちで楽しく頑張りました。

多田:僕も初めてのスタジオ収録で緊張したのですが、LIVEだと思って楽しくできたと思います。

小原:同じく初めてですごく緊張したんですけど、実際弾いてみるとLIVEと変わらない感じで楽しくバンドらしく精一杯演奏することができたと思います。

――ここを観てほしい!というのはどこですか?
渡辺:個人的には、トークの部分ででてくる莉子ちゃんが書いた似顔絵ですね(笑)そこを注目してみてほしいです。

多田:バンドのパワフルさとかをチェックしてもらいたいです。

小原:2曲目の「Message」がテレビ初披露ということなので、ぜひその歌・演奏すべてに注目してもらいたいです!

――ファンのみなさんへ一言お願いします。
渡辺:前回夏の『アニソンぷらすLIVE』にも出演させていただきまして、今回は、その時よりもちょっと成長した僕らの姿を見ていただけると思います。2012年もファンの皆さんと一緒に成長して、頑張っていきたいと思いますので、応援をよろしくお願いします。

多田:2012年の2月に新曲の発売もありますし、どんどんLIVEだったりイベントを重ねていって成長して、またこの番組に帰ってこれたらと思います。たくさんの人に触れ合うことで僕たちも成長して次のステップに行けるよう頑張りますので、応援をよろしくお願いします。

小原:2011年は、1万DL企画の試練でファンの方々にいろいろ助けていただいたり、触れ合うことができて感謝の気持ちとか、いろんな気持ちを体験した大切な年でした。結成して半年というまだまだ青い部分もたくさんありますが、2012年は2011年のやってきたことをすべて踏まえたうえで、もっと成長できるように地方も回ってファンの方々お会いしたいです。そして、いずれは全国ツアーもできるようにThe Sketchbook成長していきたいので、今後ともよろしくお願いします。

【T-Pistonz+KMC】

――今回収録をしてみて、ここは絶対見て欲しいというポイントは?
KMC:やっぱりJr. Pistonzのキレあるダンスですね!

――トークでは?
KMC:トン・ニーノの「いうなよ」じゃないですか?(笑)

ヒロシ・ドット:新ギャグが出来たという(笑)。芸人さんではないんですけれども、素晴らしいインパクトのあるフレーズが出たので!

トン・ニーノ:いいんですか?あれ僕がもらっちゃって(笑)。

ヒロシ・ドット:ライブに来たら、「いうなよ」が見れるかもしれないですよね(笑)。

イン・チキータ:いうなれば「愛し合ってるかーい!」っていうフレーズに近いよね!(笑)フレーズって大事だもんね。

トン・ニーノ:あとは、ヒロシ・ドットのスベリっぷりですね。冷や汗かいてる表情とか(笑)。

ヒロシ・ドット:すべっちゃいましたね…今年も…。

イン・チキータ:いやいや、いいことだよ!

ヒロシ・ドット:そうですよね! 起きあがり「こぶし」のように、何回すべっても立ち上がります!

イン・チキータ:……正確には起きあがり「こぼし」だけどね。(笑)でも、それテーマだもんね!なんでも上手くいっちゃったら、1話で終わっちゃいますもんね。

――ファンのみなさんへ一言お願いします。
イン・チキータ:今年も色んなところに新曲を引っさげてライブをしに行きますので、是非振りを覚えて盛り上がっちゃ~(全員で)りーよー!

KMC:今まで誰もやったことがないような曲や踊りをモットーに活動してきましたが、2012年は今まで以上にバカっぷりを全開にして、エンターテインメントを極めていきたいなと思います!行けていない県もいっぱいありますので、そちらの方にも行けるように頑張ります。応援宜しくお願いします!

トン・ニーノ:去年色んなことがあったんですが、僕わかったことがあって。音楽には力があるな、と思ったんです。あと、人と人の絆はデカいし強いですよね。だから、今年も皆で一緒に楽しめるような、元気になるような曲とダンスを沢山作って、全国各地をいっぱい回りたいと思います!その時は是非とも皆さん遊びに来て、僕たちと一緒に歌って踊って楽しみましょう!

ヒロシ・ドット:今年も開けてびっくり「びっくり箱」のように、皆さんを楽しませることが出来ることをやりたいと思ってます!また皆に会えるのを楽しみにしています!

【石川智晶】

――収録してみていかがでしたか?
石川:なかなかテレビで歌ったりすることが私の場合は無いので貴重だなと思ったのと、単純にアメリカザリガニさんが面白くて!(笑)直にお会いすると、やっぱりすごいなーと思いました。

――ここを見て欲しいというポイントはありますか?
石川:やっぱり歌ですね。生で歌うことってなかなかないので。テレビカメラの前で歌うというのは特別なものがありました。後ろに『神様ドォルズ』のアニメの映像が流れていますが、ああいう形で(映像の)前で歌うのってなかなか無い機会なので作品とシンクロ出来るし、貴重な機会でした。そこが見どころだと思います。

――ファンのみなさんへ一言お願いします。
石川:去年はイベントに出たりSNSなどウェブ上での展開が多かったんですが、震災などもあり色々考えることがありました。今後は色んなところに行ってもっと近くで歌っていきたいですし、ライブ感を出していきたいと思っています。

【七森中☆ごらく部】

――収録してみていかがでしたか?
大坪由佳:黒板にもたくさん落書きしたし、「七森中☆ごらく部」の今年1年の一番の団結をみせた「ゆりゆららららゆるゆり大事件」だったと思います。そこを注目してもらいたいです。

三上枝織:今、収録が終わったんですけれど…セットは『ゆるゆり』らしく「七森中☆ごらく部」らしくて、すごくかわいい。そしてすごく細かくて手の込んだセットになっていて、私たち自身もテンションがあがりながら、歌うことができました。
こういう番組に出れるくらいに私たち走れたんだなぁと、幸せだなぁと感じながら、来年もみなさまに元気な姿をお届けできるのが本当に嬉しいです。また『アニソンぷらす』で、“ぷらすマーク”をぜひやりたいと思うので、今後とも『ゆるゆり』を宜しくお願いします!!

大久保瑠美:今日は、自分の神アニソンというのを選んだのですが、みんなと一緒に自分の思うアニソンを紹介しあって、知っている曲が多いとあぁ、同じ時代に生きているんだなぁなんて、そんなことを思いました。何をいっているんだ(笑)。
あとは、『アニソンぷらす』には以前にもお世話になったことがあるのですが、年明けの『アニソンぷらすLIVE』という大事な番組に呼んでいただいてすごく嬉しいです!それに年明けの一番最初を「七森中☆ごらく部」のみんなと出演できるということを、幸せに思います。
ごらく部のみんな4人で年始から駆け抜けていって2012年も『ゆるゆり』色に染められたら…なんて思っています。2012年もよろしくお願いします。

津田美波:教室のセットで、踊ったり歌ったりお話したりなどやらせていただいたのですが、セットがすごく細かくて…黒板があったのでイタズラじゃないですがお絵かきして、いろいろと書きまくってしまった結果があんな感じになってしまいました。
黒板がすべて『ゆるゆり』というかごらく部のにぎやかで楽しくてゆるくて、可愛い女の子たちがキャッキャしているということを現しているんじゃないかなと思います。そんな教室の中で、歌わせていただいて…実際、教室で歌うということがなくて、初めてだと思うので、ごらく部がもし実際にこの3次元にいて、教室でちょっと歌おうよ! とか言ってるんだとしたら、あんな感じなのかなぁって思いました。
『ゆるゆり』が始まった頃からもう半年以上も経つんですけれど、新鮮な気持ちで歌を歌わせていただいたなぁと思っています。神アニソンも選ばせていただいたのですが、世の中にたくさんの神アニソンがあるので、その中の1つに私たちの歌も入れていただけたらなと思います。

――ファンのみなさんへ一言お願いします。
大坪由佳:『ゆるゆり』という作品が夏のアニメだったのですが、今回『アニソンぷらすLIVE』に出させてもらうという事で、ここまでずっと突っ走ってこれたのは、ファンのみなさまの応援のおかげだと思います。
まだまだこれからゆる~く、『ゆるゆり』を世界に発信していきたいと思いますので、これからも応援を宜しくお願いします!

三上枝織:2011年は、『ゆるゆり』とともに走ってきて、応援してくださる皆様と一緒に『ゆるゆり』という作品を盛り上げてこれて、そしてこうやって、『アニソンぷらす』に出演できて、本当に本当に今年1年幸せだったなぁと思います。たまに私自身が、赤座あかりちゃんを通して影が薄くなることもあるのですが、そういう扱いをしてくれる、ごらく部が大好きであり、ファンのみなさまがすごく大好きです。
私自身、役に近づけていることがすごく心地いいなと思っています。来年もぜひぜひ『ゆるゆり』をどんどん盛り上げていけるように。そして、またこのような素敵な番組に出演させていただけるように「七森中☆ごらく部」一同、頑張っていきたいと思いますので、今後とも『ゆるゆり』の応援、そしてごらく部の応援を宜しくお願いいたします。

大久保瑠美:いつも応援、ありがとうございます!今年はたくさんLIVEやイベントなどをやらせていただいて、大阪に行ったり名古屋に行ったりしているんですけど、その度にたくさんの方が駆けつけてくれて……。
LIVEやイベントをする度に、初めて来たよというお客様もたくさんいて、徐々に『ゆるゆり』という輪が広がって繋がっていっているなぁって気がします。それを実感できるというのが何よりも嬉しいので、これからも私たちと一緒に駆け抜けていって私たちに「ゆるゆりの輪」を実感させてください!よろしくお願いします!

津田美波:『ゆるゆり』を観てくださった方も『アニソンぷらす』を観てくださる方も、世の中の神アニソンは、本当にたくさんあるので、みなさんが1番好きなものをどれか選べないくらいたくさんアニソンを聴いていただきたいです。ぜひ、その中に『ゆるゆり』の曲も入れていただけたら嬉しいです。とにかく新年からたくさんアニソンを聴いてください!!

【スフィア】

――『アニソンぷらすLIVE2012』だけの“特別な衣装”ということでしたが、着てみていかがでしたか?

寿 美菜子:今回のために用意した衣装で、次いつ着るかもわかりません。何より季節ものなので一年に一度着られるだけでも有り難いものを、私達仕様で着られたことは、とても嬉しかったです。

豊崎愛生:今回それぞれのカラーの着物を用意していただきました!浴衣でダンスの経験はありますが、着物でダンス!ははじめての経験でとっても楽しかったです!そして新春スペシャルという貴重な機会に出演させていただけて光栄です!和風なスフィアを楽しみにしていてください!

高垣彩陽:お正月らしいお衣装で歌わせていただき、なかなか無い機会なので嬉しかったです!
スタイリストさんが拘って作って下さったので、是非放送で細かなところもチェックしていただきたいです!

戸松 遥:着物を着て歌って踊るのは正月ならではで、とても新鮮でしたし嬉しかったです!

――ファンのみなさんへ一言お願いします。
寿 美菜子:ぜひ新年一発目のスフィアはアニソンぷらすで!お家でライブ気分を味わってください★

豊崎愛生:2012年一回目のアニソンぷらすが素敵なスタートをきれるよう、テンション高く、楽しく収録させていただきました。思えば今年もアニソンぷらすさんにはたくさんお世話になりました。そんな感謝の気持ちもこめつつ歌っております!来年もアニソンぷらすで一緒にスタートしましょうっ!

高垣彩陽:「アニソンぷらすLIVE2012」さんに参加させていただけて光栄です!
2012年は全国ツアーもあるので、一人でも多くの方に元気や笑顔をお届けできるよう精進して参ります!
まずは年明け…アニソンぷらすLIVE2012でテレビの前で盛り上がっていただければ幸いです!

戸松 遥:素敵な衣装で元気いっぱいに歌ってます!お楽しみに☆アニソーンぷらす!!

<インフォメーション>
「AT-X Presents アニソンぷらすLIVE2012」
2012年1月2日(月)深夜0:30~1:30 放送

☆出演アーティストからのお年玉プレゼント一覧
【AKINO with bless4】
アニメ『アクエリオンEVOL』サイン入りポスター
【スフィア】
サイン入りCD
【T-Pistonz+KMC】
サイン入りオリジナルTシャツ
【七森中☆ごらく部】
サイン入りCD
【The Sketchbook】
小原さん愛用のニーソックスセット(サイン入り)+サイン色紙
【石川智晶】
オフィシャルブック「Not Enough」とそれを入れて来た封筒(それぞれサイン入り)

●『アニソンぷらす』公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/anison/
●「AT-X Presents アニソンぷらすLIVE2012」特設サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/anison/2012sp/
【関連記事】
・【アニたまぷらす】今年も注目アーティストが目白押し!『AT-X PresentsアニソンぷらすLIVE 2012』開催!!
http://repotama.com/2011/12/11015/