TVアニメ「八十亀ちゃんかんさつにっき 4さつめ」 ひらさわひさよし総監督インタビュー

By, 2022年4月1日



2022年4月より放送の名古屋を中心とした東海地方を舞台とするテレビアニメ『八十亀ちゃんかんさつにっき 4さつめ』(以下、『4さつめ』)。

地元・名古屋愛にあふれるヒロイン・八十亀最中が、個性的なキャラクターたちとともに繰り広げるドタバタコメディだ。第4期を迎え、ますますパワーアップする本作への期待が高まる中、総監督を務めるひらさわひさよし氏に話をうかがった。

なお、本インタビューはアキバ総研様とれポたま編集部の共同企画として開催!

ひらさわ総監督には、両媒体から寄せられた質問を通し、作品への思いや『4さつめ』の制作秘話、さらに今後の展望についても大いに語っていただいた。

 

【ひらさわ総監督インタビュー】

【アキバ総研様より】
いよいよ新シリーズを迎える本作について、どのような反響がありますか?

ひらさわ総監督(以下、ひらさわ):いわゆる「ご当地物」と呼ばれる作品が4期目を迎えるということへの驚きの声と、たくさんの「おめでとう」の声をいただいております。

 

ご当地ネタを、実際の映像や写真を使って紹介することが多い本作ですが、視聴者からはどのような反応がありますか?

ひらさわ:そうですね……「写真そのまんまじゃないか!?」という声を沢山いただいていますが、基本的にはポジティブに受け止めていただけてるのかなと感じています。アニメ作品というフィクションの世界ですが、実際の風景や実物の写真とリンクすることによって、八十亀ちゃんたちを身近に感じてもらいたいので、とてもうれしいですね。

 

キャストのみなさんも、そろそろ名古屋弁や名古屋の常識についてなじんできたかと思います。演技指導をはじめ、『4さつめ』ならではの収録時の印象的なエピソードがありましたら教えてください。

ひらさわ:収録がスムーズに進む、終わるという事が挙げられます。これは『1さつめ』から『4さつめ』総てに言えることなのですが、声優のみなさんが、短い尺ですがしっかりと準備をされて収録に臨んでいただいてると感じています。各キャラの方言もご自身で準備をしていただけて、ありがたいなと思っています。
あと、今回、愛知県一宮市出身の中学生・土辺 世瑠蘭(どべ せるら)の御母上が登場するのですが、原作とは違うアプローチで、演者様自ら提案していただいたことがありまして。安藤先生とも相談して採用させていただいたのですが、アニメ版ならではのすごくよいキャラクターに仕上がったと思います。
このインタビューが掲載されている時点でキャストが公開されているかわかりませんが、放送をぜひ、楽しみにしていただきたいです!

 

イベント参加も『八十亀ちゃん』の楽しさだと思うのですが、このご時世、なかなかリアルイベントの開催が難しい状況です。アニメ以外の活動は、現在どのような状況でしょうか?

ひらさわ:イベントやアニメ以外では、僕では解らない事が多いですが、イベント出演を通じてファン、視聴者の皆さんとお会いさせていただくことは楽しいですし、刺激にもなります。ですので、そういった機会が今後も増えればいいな、と思っています。東海地方以外のキャラクターも増えていますし、小規模でも、各ご当地でファンミーティング的なイベントができればいいですね。
あと、今作ではSHOWROOMさんでのPR関連のオーディションを行ったり、クラウドファンディングを行ったりと、今までにない施策も実施されています。このような企画を通じて、たくさんの方に『八十亀ちゃん』に触れていただければ最高ですね。

 

『八十亀ちゃん』の今後の野望などありましたら教えてください。

ひらさわ:野望ですか……。僕自身が望むだけでできることではないですが、尺の関係でアニメ化していない原作のエピソードをアニメ化したいですね。いい話がたくさんあるんですよ。原作ファンの皆様でしたら「あのエピソードですね!」と、すぐにわかっていただけるかと思います。
あとはもちろん、まずは『5さつめ』、そしてそのあともシリーズが続くことです。実現させるためにはファンのみなさまのお力添えが必要ですので、末永く応援よろしくお願いいたします!

 

【れポたま編集部より】
『八十亀ちゃん』シリーズの総監督として、制作のうえで心がけてきたことは?

ひらさわ:これは、手掛けた作品すべてに共通することなのですが「原作に可能な限り準拠する。原作の持っているエッセンスから逸脱しない」そういったことを心がけています。そして、アニメの表現方法を使って、うまく脚色できればと思っています。予算や尺の都合もあります。原作には様々な魅力・エッセンスがあるので、その制限の中でどの部分を抽出していくか、そこを上手くできればいいなと心がけています。

 

今作で心がけたことは?

ひらさわ:まず演出方面に関してですが、シリーズも第4期ということで、演出方法・パターンは完成されています。ですので、チーフ演出の東(亮佑)くんと基本の演出方法はこれまで通りにしようと話をしました。あと、今作でとくに心がけたのは「できるだけ多くのキャラクターを登場させる」ことです。安藤正基先生とも相談して、なんとか達成することができました。

 

これまで本案件やプライベートで名古屋および東海地方に何度も訪れたと思いますが、土地の印象は? 訪れるたびにイメージは変わってきましたか?

ひらさわ:そうですね……愛知、特に名古屋にはたくさんお邪魔してますので、あまりイメージが変わることはないですね(笑) いつも楽しく過ごさせていただいてます。
あと、岐阜も旅行などで訪れたことがありますので、ぜひ、三重、静岡にお邪魔して色々と発見できればと思います。ぜひ、イベントで行きたいですね!

 

作品の舞台を訪れることで、制作にフィードバックされることはありますか?

ひらさわ:今作のみならず、もちろんあります。わかりやすいところでは、背景美術ということになると思います。ほかにも「人の雰囲気」だったり。例えば、僕がプロデューサーを務めたアニメ『はいたい七葉』。舞台が沖縄なのですが「日差し」が参考になりました。そういった空気感は現地にいくことで実感できると思います。
『八十亀ちゃん』の場合は、原作がご当地の雰囲気を大いに醸し出していますし、なにより安藤先生やテレビ愛知のスタッフさんが名古屋にいらっしゃるので「現地からの情報をいただくだけで十分だな」とも感じています。ロケハンなども協力していただいています。

 

本作の見どころを教えてください。

ひらさわ:まずは、今期から登場する3名の生徒会メンバーにご注目ください!
そして、今期も各話数にたくさんのエピソード、セリフを詰め込んでいます。その演出と声優チームの息のあったお芝居を楽しんでほしいです。皆様、ご注目、ご視聴よろしくお願い申し上げます!

 

【アニメ概要】
「八十亀ちゃんかんさつにっき 4さつめ」


おばあちゃん子で名古屋訛りが露骨な愛知県出身の女子高生八十亀最中(やとがめもなか/c.v.戸松 遥)と東京都から引っ越してきた陣 界斗(じんかいと/c.v.市来光弘)、最中と同じ高校に通う岐阜県出身の只草舞衣(ただくさまい/c.v.若井友希)、三重県出身の笹津やん菜(ささつやんな/c.v.小松未可子)の4人の個性的なキャラクターを通じて、名古屋や中京圏の方言や文化、県民性に触れることができるコメディー作品です!
更に、2期、3期では、静岡県出身の初内ララ(しょないらら/c.v.南條愛乃)や、大阪府出身の一天前紫春(いてまえしはる/c.v.黒木ほの香)、京都府出身の輿安七帆(こしやすななほ/c.v.伊藤彩沙)といったキャラクターも登場! 中京圏だけでなく、その広がりは近畿地方にまで達しました。
「八十亀ちゃんかんさつにっき 4さつめ」でも、作品を通じて名古屋市はもちろん、東海地区やその他の地域の魅力や独自の文化を“愛あるディスり”を交えながらさらに発信していきます。

 

【放送情報】
4月2日(土)より放送開始
テレビ愛知:4月2日スタート 毎週土曜日 20時54分~21時00分
BS11:4月3日スタート 毎週日曜日 21時55分~22時00分
AT-X:4月7日スタート 毎週木曜日 22時00分~22時05分
(リピート放送:毎週月曜日 10時00分~10時05分/毎週水曜日 16時00分~16時05分)
※初回は、『告知特番』を放送いたします。アニメ本編は2週目より開始です。

【スタッフ】
原作:「八十亀ちゃんかんさつにっき」(「月刊 ComicREX」連載中/一迅社刊)
原作著者:安藤正基
総監督:ひらさわひさよし
キャラクターデザイン:早坂皐月
美術監督:マメ
色彩設計:林 亜美
撮影監督:堀奈都美
編集:岡 祐司
音響監督:ひらさわひさよし
音楽制作:LEVELS
音楽:阿部隆大
シリーズ構成・脚本:WORDS in STEREO
アニメーション制作:ハヤブサフィルム
アニメーション制作協力:Creators in Pack

【キャスト】
八十亀最中:戸松 遥
陣 界斗:市来光弘
只草舞衣:若井友希
笹津やん菜:小松未可子
陣 繁華:東城日沙子
初内ララ:南條愛乃
雀田来 鈴:松井恵理子
鉄平:赤羽根健治
一天前紫春:黒木ほの香
輿安七帆:伊藤彩沙
土辺世瑠蘭:長縄まりあ
辻 優秀:間島淳司
東風樫 湘:上坂すみれ
青那寺 恵:徳井青空
朝霞きぃな:倉知玲鳳
レッチリ先生:稲田 徹
リカ先生:寺田晴名

■公式ウェブサイト https://yatogame.nagoya/
■ツイッター @yatogame_chan/ハッシュタグ #八十亀ちゃん

【原作情報】
「八十亀ちゃんかんさつにっき」(「月刊 ComicREX」連載中)
「八十亀ちゃんかんさつにっき」(REX COMICS 刊)1~11巻
最新第12巻 2022年4月27日(水)発売!

(c)安藤正基・一迅社/愛知県立田金高校