番組(名)存続の危機が到来!? 「フレッシュたかまつ FRESH FESTA 2021~祝!4周年!Starting Over!~」(夜の部)レポート

By saeki, 2021年4月15日


高田憂希と松田颯水、ふたりのフレッシュな声優によるバラエティ番組「フレッシュたかまつ」。その4周年を記念したイベントが4月11日、東京・科学技術館サイエンスホールで開催された。

オープニングトークでは、高田さんと松田さんが、集まったファンと「ジャンケン」や「あっちむいてホイ」で楽しみ、久しぶりに観客の前でイベントができることのよろこびをかみしめていた。
さらに、この日の衣装にも言及。なんと示し合わせたかのようにまったく同じイヤリングを着けてきたことが判明! ちなみに高田さんは篠田みなみさんからのプレゼント、松田さんはイベント前日にお店に買いに行ったもの、とのこと。

そんな奇跡も起こしながらの今回のイベント、まずは「フレッシュ2020年振り返りトーク!」コーナーが展開。いろいろあった2020年についての「お題」にふたりが答えていく。

「自粛期間中、一番頑張った手料理は?」という質問に、松田さんは双子の姉・利冴さんと一緒に少量のカレーを食べるために作った「カレー2段変形」と回答。松田さんはこのあとも利冴さんとのエピソードをたくさん披露し、オーディエンスを楽しませていた。
また、「この一年でハマッたことは?」というお題に、高田さんは「タロット占い」と回答。奥の深い「タロット道」に、松田さんも「今度ぜひ占って!」と乗り気だった。

「フレッシュアンケート調査」は、ファンに事前に募ったアンケートの回答を紹介。
「番組の印象的なシーンは?」という質問には「川柳対決」という回答があり、「全然川柳になっていない」という指摘に、その場でリベンジすることに!
松田さんは「歌でしか 覚えられない アレだよね」、かたや高田さんは元素の周期表を無理やり5、7、5に当てはめようとして失敗するなど、どうやら汚名返上……というわけにはいかなかったようだ(笑)。

ほかにも、新入社員と先輩(プロデューサー)になりきっての即席コントが展開したりと、笑いの絶えないコーナーとなった。

「フレッシュたかまつ Starting Over!」は、「starting over(最初からやり直す)」の意味どおり、番組内での発言や映像を振り返りながら「あの頃のように戻れるのか?」を検証していくコーナー。

「初期クイズ」は、過去の音源を聴きながら「第一回のエンディングで、高田さんがBGMについて思ったことは?」、「いい女自慢対決で、一つ目に出した回答は?」といった、骨のある問題が飛び出し、さらに「番組企画再現チャレンジ」では、松田さんの「予告バースデーサプライズ企画(松田さんにあらかじめバースデーサプライズの内容を伝えておいた上で、どのようなリアクションを取れるかを楽しむ企画)」を約4年ぶりに見事に(?)再現。

最後は「映像クイズ」。2017年12月に開催された「SEASIDE LIVE FES 2017~RAINBOW~」でふたりが歌った「Starting over」をどこまで再現できるかを検証! 戸惑いながらも振り付けと歌で会場を盛り上げ、披露し終えると「意外と覚えていたね!」と自画自賛だった(笑)。

イベントもいよいよたけなわ。ラストは「番組名、番組ロゴを考える」コーナー。5年目を迎え、リフレッシュの意味も込めて番組ロゴ、ひいてはタイトルまでリニューアルしてしまおうという、大胆な企画だ。

候補は3つ。「1.現状維持」「2.ロゴのみ変更」、そして「3.タイトルとロゴを総とっかえ」。ざわつくふたりとオーディエンスだったが、客席の支持を最も集めたのは、まさかの(?)「3」! 
「フレッシュたかまつ本舗」として、新たなスタートを切る……かに思われたが、「リスナーの総意を尊重するべき」という高田さんと松田さん、そして番組スタッフの意向もあり、近々番組内で最終決定するそう。今後の放送に注目だ!

<Text/ダンディ佐伯>

【番組概要】
「フレッシュたかまつ」
ニコニコ動画「シーサイドチャンネル」にて毎週水曜20時~好評配信中!

【パーソナリティ】
高田憂希、松田颯水

●番組公式サイト
https://seaside-station.net/program/fresh/
●番組公式ツイッター
@takamatsu_ag
#フレッシュたかまつ