【プレゼントあり】パワフルな歌声とファンキーなトークで魅了する“でろ~ん”が、ラジオに殴りこみ! 文化放送「超!A&G+」『A&G ARTIST ZONE THE CATCH』新パーソナリティ 樋口楓 インタビュー

By saeki, 2021年1月15日


文化放送「超!A&G+」で月曜~金曜18時から生放送中、いま注目のアニソンアーティストらが、トークや企画で盛り上げる『A&G ARTIST ZONE THE CATCH』。
2021年1月1日から金曜日のパーソナリティを務めるのは、昨年12月にメジャー1stアルバム『AIM』をリリースした、VTuberの“でろ~ん”こと樋口楓さん。関西弁で軽快なトークを繰り広げ、週末の夜を楽しく彩ってくれている。
第一回は事前収録だったため、第二回の放送は彼女にとって初の生放送となった。放送を終えた直後の樋口さんに話をうかがってきました!

―最初にパーソナリティに選ばれたときの感想をお願いします。

樋口楓さん(以下、樋口):私が所属する音楽レーベルのランティスには、私なんかよりもすごいアーティストさんがたくさんいらっしゃるのに「なんで私なんだろう?」と(笑)。期待されていることは伝わってきたので、頑張ろうという気持ちになりました。

―本日が初めての生放送でしたが、やってみていかがでしたか?

樋口:正直な話、全然緊張しなかったです(笑)。私が先日観に行った、映画『劇場版ポケットモンスター ココ』がすごく楽しかった! という話もできましたし、大満足でした!

―同じ事務所のpetit fleurs(プチ フルール)さんが火曜日の『THE CATCH』を担当されていますね。

樋口:私もそのことは当然知っていましたし、聴いていて「個性を発揮しまくった放送をしているな~」と思っておりました(笑)。

―「こういう番組にしたい」という青写真は事前に描かれていたのでしょうか?

樋口:実際にやってみなくちゃわからないこともたくさんありますからね……。構成作家さんに私のことを色々とリサーチしていただき、それを元にコーナー案を作ってもらったのですが、逆にそこまでいかないと番組の方向性が見えてこなかったので。

ただ、日々の配信ではリスナーさんのコメントを拾って雑談のテーマにすることが多いので、ラジオ番組ではコーナーを作り、ネタをたくさん紹介したいという気持ちは始まる前からありましたね。

―作家さんの笑い声もいいアクセントになっています。

樋口:声優さんのラジオはよく聴くのですが、いわゆる「癒し系」の番組は、おひとりでヒーリングボイスをリスナーに届けるパーソナリティさんが多い気がするんですよね。でも、私の番組はそっちの路線じゃないな、と(笑)。笑い声にはすごく助けられています!

―では、番組コーナーをご紹介ください。「キレ寸!!」では、リスナーがこれまで「キレる寸前」になったエピソードを募集しています。

樋口:普段の配信で、私がキレたりイライラすることがあることが多いので、それを元にしたコーナーです。

みなさんからのおたよりを読む限り、私とリスナーさんのキレる「ツボ」みたいなものがちょっとズレている気がするんですよね。思わず諭してしまいました……(笑)。私はうまくいかなかったときにイライラすることが多いので「世の中には色々な『キレポイント』があるんだな」、というのを学ぶことができました。

―ちなみに、どんなエピソードだとキレそうですか?

樋口:そうですね……。「不倫」絡みの話なら、さすがにキレるかもしれませんね。最近そういう系の漫画をたくさん読んでいるので、過度な感情移入をしてしまいそうです(笑)。

―「とりあえず聞こか?」は迷ったり悩んでいるリスナーに対し、アドバイスを送ったり肯定したりする相談コーナーです。

樋口:私は、どちらかと言うと「相談される側」の人間ということでできたコーナーです。相談に乗るのはもちろんやりがいがありますし、何よりリスナーさんの近況を知ることができるのがうれしいですね。
私の配信をご覧いただいているみなさんが、普段どんな生活をしているのか? 垣間見ることができるよろこびをかみしめております。

―「でろ~んQ」は、ものや人などの名前の由来を当てるクイズコーナー。正解することにより獲得したポイントに応じて「牛タン弁当」などの豪華なご褒美がもらえます。

樋口:第一回の放送で例題にチャレンジしたのですが、ガチの難問がきてビックリしました……(苦笑)。今後はみなさんから問題を出していただけるということで、易しめのクイズがたくさん届くと信じております(笑)!

―「チャレンジD」では色々なバラエティ企画にチャレンジし、こちらもクリアすることでポイントを獲得できます。

樋口:まだどんなことに挑戦するかは決まっていませんが、取りあえず「辛い食べ物」と「虫」以外ならなんでも挑戦させていただくスタンスでおります(笑)。

私、身体を張った企画というものをあまりやったことがないんですよね。一度、身体に電流を流す罰ゲームを受けたことがあるのですが、痛いというよりも「人体に電流を流すとこんなことになるんだ」という驚きのほうが大きかったので(笑)、定番の罰ゲームを受けて、色々と検証してみたいです。たとえば「熱湯風呂は本当に熱いのか?」とか(笑)。

―今後番組でやってみたい企画などはありますか?

樋口:「公開収録」です。ラジオと言えば、というイメージがあるので。一度、野外で公開配信をしたことがあるのですが、たくさんのファンが集まってくださったので「またあの光景を見たい」、という想いもあります。

―樋口さんは2020年12月16日にメジャー1stアルバム『AIM』を発売されましたが、周りの反響はいかがでした?

樋口:みなさんのお気に入りの曲が、思っていたよりもバラバラだな、という印象です。今日もラジオで収録曲を流させていただいたのですが、それぞれに「この曲が一番好き」といったコメントをいただいて。色々なタイプの楽曲を詰め込んでよかったな、と思いました。

―アルバムのコンセプトは?

樋口:「AIM」という言葉には「照準を合わせる」という意味がありまして、私のポジティブ・ネガティブな思考や、過去・未来に対する私へのメッセージを込めて作った楽曲をまんべんなく収録させていただきました。

―制作時のエピソードがあれば教えてください。

樋口:制作は、昨年3月にリリースした1stシングル「MARBLE」の直後に開始しました。スタッフのみなさんが、いま私のやりたいことをすべてかなえてくださったので、本当にありがたかったです。レコーディングも楽しくやれましたし、言うことなしですね!

―2月19日(金)にはワンマンライブ「Kaede Higuchi Live 2021 “AIM”」が控えています。

樋口:セットリストも固まってきましたし、あとはバンドメンバーのみなさんとどうつなぐかの調整をすれば準備OK、といったところでしょうか。

―ライブグッズの全容も公開されました。

樋口:「ツインスティックメガホン」など、私が作りたかったものから、「ガジェットポーチ」といったスタッフさんのリクエストに応えたものまで、様々なグッズを取りそろえております!

「ガジェットポーチ」に関しては「どうしても作りたい」と提案したプロデューサーいわく「特に男性はケーブルなど、かさばるものを運ぶことが多いと思うので、ポーチを使ってひとまとめにしてもらいたいです!」……とのことでしたので、ぜひ買ってあげてください(笑)。

―グッズと言えば、球団公認のコラボグッズが実現するくらい、大のプロ野球・広島東洋カープファンだそうですね。

樋口:私はバーチャル関西出身なのですが、家族がみんなカープのファンで、食事中もずっとカープの試合が流れていたんです。
マツダスタジアムには旅行に行ったときに観戦するくらいなのですが、交流戦などで京セラドーム大阪にはけっこう試合を観に行きました!
実は、関西のカープの応援団に入ろうと思ったこともあるんです。入団条件などの問題で断念したのですが、もしかしたら外野スタンドでトランペットを吹いていたかもしれませんね(笑)。

―近年のカープは、小休憩といったところでしょうか?

樋口:セ・リーグ三連覇の反動で、選手たちが疲れているんでしょうね。ほかのチーム力との兼ね合いもあるでしょうし……。今年もまたドラフト1位の栗林良吏選手など、生きのいい若手がたくさん入団しましたので、私もフレッシュな気持ちで応援したいです!

―今年、特に期待している選手はいますか?

樋口:野間峻祥外野手です。持っているポテンシャルは高いと思うのですが、うちの父親いわく「足は速いけど、走り方にちょっと問題があるんじゃないか?」ということらしくて……。あくまでもうちの父親の見解ですよ(笑)?

―まだ老け込むような年齢ではないですし、私も野間選手にはレギュラーに定着してほしいです。今年も楽しく応援しましょう!
では最後に、『THE CATCH』リスナーに向けて一言お願いします。

樋口:本日の放送を終えて「こういう人たちが聴いてくださっているんだな」というのが、なんとなくわかってきたところです。表現が難しいですが、ナナメ上の方向からくるような(笑)ネタを、自分の配信にフィードバックできたらいいな、と思います。

また、「でろ~んさんの放送を聴いてVTuberのことを知りました」というリスナーさんもいらっしゃって、とてもうれしかったです。ランティスさんでお世話になっているからには、VTuberの存在を広めたいですし、番組を通じて私たちのことをたくさん知っていただきたいです。よろしくお願いします!

<Text/ダンディ佐伯>

【番組概要】
『A&G ARTIST ZONE THE CATCH 樋口楓のTHE CATCH』
文化放送「超!A&G」にて毎週金曜18時~放送中!

●番組メールアドレス
kaede@joqr.net

【コーナー紹介】
「キレ寸!!」
リスナーの皆さんからキレる寸前だったエピソードを募集し、
樋口さんが一緒に怒ったり、
場合によっては「それは君が悪い」と叱ったりするコーナーです。
メールに怒りをしたためて送ってきてください。

【例】
・待ち合わせに遅れている友達が平然とSNSを更新しているのを発見。
 思わずキレそうになりました!
・僕を叱った上司が、同じミスをした女子には優しくしていたんです。
 「不公平だ!」と声に出したくなりました。
—————————————————————————
「とりあえず聞こか?」
リスナーの皆さんが迷っていること、悩んでいること、
ただ聞いて欲しいこと等を幅広く募集し、
アドバイスを送ったり、肯定したりする相談コーナーです。

【例】
・兄とケンカをしてしまい、家のムードがよくありません。
 どっちも意地っ張りなのですが、どうすれば仲直りできると思いますか?
・在宅ワークに慣れて、体がなまっている気がします。
 オススメの運動があれば教えてください。
—————————————————————————
「チャレンジD」
“でろ~ん”こと樋口さんが色んなバラエティ企画にチャレンジします。
やってほしい企画の案を送ってください。
コーナーはポイント制度があり、チャレンジをクリアするとポイントを獲得。
20ポイント貯められたら美味しい「牛たん弁当」が支給されることになっています!

【例】
・難問のクイズに答えてほしい!
・リスナーが大喜びするようなセリフ企画にチャレンジしてほしい!
—————————————————————————
「でろ~んQ」
樋口さんの愛称「でろ~ん」は、授業中にでろ~んとした姿で寝ていることが由来。
そういった色んな物・事・人などの名前の由来を当てるクイズに答えるコーナーです。
「チャレンジD」と同じくポイントを獲得できます!
問題・正解と簡単な解説をつけて送ってください。

【例】
・フレアスカートの「フレア」とは、あるものに形が似ていることに由来します。なんでしょう?
答:アサガオ(フレア:英語で「アサガオ形の」という意味)

☆番組最新情報はこちら!
●『A&G ARTIST ZONE THE CATCH』ブログ
http://www.joqr.co.jp/blog/2h/

【ライブ概要】
「Kaede Higuchi Live 2021 “AIM”」
2021年2月19日(金)

【東京】TACHIKAWA STAGE GARDEN
18:00開場/19:00開演

<チケット料金>
全席指定 7,020円(税込)
※未就学児入場不可 ※転売禁止
※転売チケット入場不可
※オークション・フリマサイト等への出品禁止

【HP先行受付】
受付期間:2021年1月8日(金)12:00~2021年1月18日(月)23:59
抽選結果:2021年1月21日(木)13:00発表予定
入金期間:2021年1月21日(木)13:00~2021年1月24日(日)21:00
お申込みURL:https://eplus.jp/kaede-higuchi

●特設ページ
https://www.lantis.jp/special/aim_live2021/

【CD概要】
『AIM』
発売中(2020年12月16日発売)


【完全生産限定盤】
品番:LACA-35845
¥6,000+税

<収録曲>
1.アンサーソング
作詞:平朋崇(FirstCall) 作曲・編曲:光増ハジメ(FirstCall)
2.ステレオアイデンティティ
作詞:宮嶋淳子 作曲:光増ハジメ(FirstCall) 編曲:DJ WILDPARTY、彦田元気
3.Be Myself
作詞:結城アイラ 作曲・編曲:山本玲史
4.FRONTIER
作詞:平朋崇(FirstCall) 作曲・編曲:光増ハジメ(FirstCall)
5.Q
作詞・作曲・編曲:みきとP
6.アブノーマルガール
作詞・作曲:ナナヲアカリ 編曲:加藤祐介
7.TOBI-DERO!
作詞:金子麻友美 作曲:光増ハジメ(FirstCall) 編曲:EFFY(FirstCall)
8.たこ焼きロック
作詞・作曲・編曲:みの
9.mìmì
作詞:ぽん(ORESAMA) 作曲・編曲:伊藤賢
10.現代社会、ヒロインは!
作詞:安藤紗々 作曲:光増ハジメ(FirstCall) 編曲:PandaBoY
11.Victory West!
作詞:樋口 楓 作曲:ZAQ 編曲:EFFY(FirstCall)
12.MARBLE
作詞:平朋崇(FirstCall) 作曲・編曲:光増ハジメ(FirstCall)

<BD>
01. アンサーソング -Music Video-
02. FRONTIER -Music Video-
03. MARBLE -Music Video-

・BD同梱(リード曲MVほかを収録)+グッズ同梱
・新規アーティストジャケット(描き下ろし)

ーーーーーーーーーーーーーーーー


【初回限定盤】
品番:LACA-35846
¥4,200+税

<BD>
01. アンサーソング -Music Video-
02. FRONTIER -Music Video-
03. MARBLE -Music Video-

・BD同梱(リード曲MVと特典映像を収録)+三方背ケース付
・新規アーティストジャケット(描き下ろし)

ーーーーーーーーーーーーーーーー


【通常盤】
品番:LACA-15846
¥3,000 (税抜価格)+税

●事務所公式サイト
https://nijisanji.ichikara.co.jp/member/kaede-higuchi/
●アーティスト 公式サイト
https://www.lantis.jp/artist/kaede_higuchi/
●公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCsg-YqdqQ-KFF0LNk23BY4A?sub_confirmation=1
●公式ツイッター
@HiguchiKaede
●ニコニコ動画
https://sp.nicovideo.jp/user/83708814
●インスタグラム
https://www.instagram.com/kaederon/


【プレゼント】
樋口さんのサイン色紙を1名にプレゼント!
ご希望の方は、「樋口楓のTHE CATCH」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)
応募締め切り:2021年2月19日(金)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)