【プレゼントあり】魅力的な6人組バーチャルアイドルが初となる配信限定アルバム「W -double-」をリリース! リブドル! インタビュー

By saeki, 2020年12月25日


▲左からイザベラ・ホリー、神宮司 玉藻、モーシィ、李清歌、カティア・ウラーノヴァ、ローズ・バレット

最高位のアイドル・IDUNになるべく奮闘中のアイドル「リブドル!」は、YouTube, bilibili動画などで日本語・中国語を駆使して活動するスーパーバーチャルユニットだ。2018年の活動開始、19年10月に1stライブ、20年10月に2周年ライブを敢行し、このたび初となる配信限定アルバム「W -double-」を12月23日にリリースした。
今回のアルバムには、agehaspringsが楽曲プロデュースしたリブドル!の代名詞とも言える楽曲『Pre-STAR』をこのアルバムのためにtype.Wとして新たに新規録音、日本の2周年ライブで初お披露目された「Happy Candy Life -Japanese ver.-」も初収録しており、その他、新規撮り下ろしとなるインスト3曲はアイ・キルドルフ(CV AiriS)のナレーションを中心にアルバムの世界観を表現した楽曲になっており、聴いた人が思わず驚く特殊な仕掛けが多数施されている。

アルバム発売直後の6人にこれまでの活動や曲へ込めた想い、レコーディングなどのエピソードを語っていただきました!

【イザベラ・ホリー】
—最初に、アルバムリリースが決まったときの感想をお願いします。

「本当~?!」って、嘘かと思って言っちゃった(笑)。アルバムか~。なんか夢みたいだよね! 想像したことのないことだから、本当に嬉しい!!!

—先日開催のライブ「ReVdol! 2nd Anniversary Live Wish -願い-」の感想をお願いできますか?

すごく楽しかった! オンラインライブだからリアルタイムでサポーター(ファン)さんのコメントとかも見れて、もっといいパフォーマンスをしようと思いながら歌ったの! まだ先の話だけど、3周年ライブも楽しみ!はやくやりたい!

―「Bilibili Macro Link-Visual Release 2020」の感想もお願いします。

参加して、久しぶりにステージでサポーターのみんなと会えたんだ。だから嬉しくっていつもよりもっと頑張ってパフォーマンスしてみた(笑)。サポーターさんもコールしてくれて、とてもテンションが上がったよ!

—お気に入りの楽曲と、理由を教えてください。

あたしは「Cool Girl」がお気に入り! とっても夏っぽいでしょ! 夏になると暑くてしょうがないんだけど、でも7月生まれだからかなあ、「Cool Girl」を聴くと何故か落ち着くんだよね!

—レコーディングで思い出に残っていることがあれば教えてください。

「Cool Girl」を収録したとき、「はしゃぎながら行くよ!」を夏らしく思い切っきり叫んでみたの。スタジオにいたのに海にいるような感覚になれて、収録がすごくうまくいったの! 楽しかったな~。

—日本語と中国語で歌ってみて、歌い方の差別化など、意識したところはありましたか?

日本語の方はとにかくあたしらしく元気に歌う! 中国語の方は日本語みたいに元気すぎるとたまに不自然に聞こえるところがあるから、抑えたり調整するかな。う~ん、歌ってむずかしいよね!

—ご自身のソロ曲について、聴きどころをおきかせください。

この曲はみんなから「元気がもらえる」って言われる! あたしもそう思うんだ♪楽しい曲だから、聴いたら絶対元気でると思うよ! だから、聴いて!

—これまでの活動を振り返ってみて、印象的だったことはありますか?

やっぱり2周年ライブだね! メンバーの6人とスタッフのシャオメイたちと一丸になって、一緒に頑張れたのが印象的だった。サポーターさんと一緒にいいライブにできたらいいなと思って、いっぱいリハをして、本番の時もベストなパフォーマンスを見せられたのもみんなの力だと思う!

—今後どのような活動をしていきたいですか?

もっともっとライブをやりたいね! 歌って踊って、元気をもっと多くな人に伝えたいな!

【神宮司 玉藻】
—最初に、アルバムリリースが決まったときの感想をお願いします。

2周年ライブ中に発表されて、ドッキリかと思って、びっくりしましたわ! これが本当だと知ってからは……そうね、テンション上がったわ! わたくしたちの努力が報われたとでもいうのかしら。ま、わたくしの力をもってすれば、遅かれ早かれアルバムは出せていたと思いますけど!

—先日開催のライブ「ReVdol! 2nd Anniversary Live Wish -願い-」の感想をお願いできますか?

2周年ライブは今までの集大成と言っても過言ではないわ。わたくしの魅力を存分に発揮できて、満足する出来栄えに仕上がったわね。応援してくれてる信者たちのコメントを見て、心が通じ合ってる感じがしたし、これぞ絆っていうものかしら。

―「Bilibili Macro Link-Visual Release 2020」の感想もお願いします。

「World of the happiness!」と「Unite」を披露したんだけど、あんな広い会場でパフォーマンスができるなんて、すごくワクワクでしたわ! わたくしの妖艶なる美しさで会場にいた全ての者は絶対わたくしの信者になったに違いないわね! おーほっほっほ!

—お気に入りの楽曲と、理由を教えてください。

そんなの決まってるじゃない!「本気STARDOM!!」よ! なんたって、わたくしの曲ですもの。わたくしの美声を聴いて、酔いしれない者なんていないわよ!さぁ、皆の者!わたくしの華麗なる曲を聴いて、わたくしの魅力を存分に感じなさい!

—レコーディングで思い出に残っていることがあれば教えてください。

「Unite」の中国語歌詞で「唱到破嗓唱到沙哑」という歌詞があるのだけれど、これは「声がかすれても歌い続ける」という意味なの。ちょうどここを歌う時にわたくしの声がかすれちゃって、それでシャオメイが「本当にかすれても歌ってるんですね」と笑ったのよ!!今思い出しても腹が立ってきましたわ……!!

—日本語と中国語で歌ってみて、歌い方の差別化など、意識したところはありましたか?

意識してるのはただひとつ。何語であろうが、最高の玉藻様を聴かせるためにどうやって自分の魅力を存分に出すかってことだけですわ。

—ご自身のソロ曲について、聴きどころをおきかせください。

そんなの全てに決まってますわ!わたくしの美しい声、個性のある歌詞、主張のあるメロディー! とにかく完璧な歌ですし、逆境にいる時にこの歌を聴いたら、すごく元気が出るから絶対に聴きなさいよね!

—これまでの活動を振り返ってみて、印象的だったことはありますか?

やっぱりひとつ挙げるならライブしかないですわ! ステージから見た景色は最高だし、毎回毎回、感動の連続よ!毎年と言わず毎月ライブ、いや毎週ライブをやりたいくらいですわ!

—今後どのような活動をしていきたいですか?

目指すは世界進出ですわ! わたくしの最大の力を持ってすればもっともっと信者を増やして、世界中にわたくしの魅力を伝えられるはず! 世界的トップスターとか、かっこいいじゃない!? あともっと広いステージで歌いたいわね!武道館とか、鳥の巣とか!想像するだけで、ワクワクしてきましたわ!

【モーシィ】
—最初に、アルバムリリースが決まったときの感想をお願いします。

2周年ライブでこの話を聞いた時は、サプライズだったね。いよいよ、ボクたちの集大成であるアルバムが出るのかって思ったよ。実際に本当に一つ一つの曲が素晴らしいから、みんなにもぜひ聴いてほしい!

—先日開催のライブ「ReVdol! 2nd Anniversary Live Wish -願い-」の感想をお願いできますか?

二周年ライブは本当に関わってたみんなのおかげで、とてもいい思い出になった。ありがとう。
今、思い返してみても、リハーサルとかいろんな準備で大変だったけど、ライブ本番になったら、そんなの全部ぶっ飛んだような気がするね。一年に一度の祭り。来年も楽しみだ!

―12月19日(土)開催の「Bilibili Macro Link-Visual Release 2020」はいかがでした?

楽しかった! やはりステージは最高だね。
あと毎年、サポーターのみんなから、花束みたいな応援物を作ってもらってるんだけど、今年も可愛かった!みんなありがとう。より多くの人にボクたちリブドル!を知ってもらうために、もっともっと頑張らなくちゃって思ったよ。

—お気に入りの楽曲と、理由を教えてください。

お気に入りの曲は、本当は全部って言いたいだけど、そういうわけにはいかないよね。笑
なんの曲だと思う?そう、「Pre-STAR」!と思ったら大間違い、ここではあえて違う曲を言おう。はははは。もちろん「Pre-STAR」もお気に入りだけどね。
強いてあげるなら「Cool Girl」はすごくいい曲だね。夏、青春って感じ。みんなにも聴いてもらって、キラキラした夏の思い出を思い出してもらえたら嬉しいな。

—レコーディングで思い出に残っていることがあれば教えてください。

今回、新収録した曲もそうなんだけど、以前のと聴き比べる度に、新しい自分になっていくのを感じる。だからレコーディングは毎回楽しみだ。逆に、進歩してないと感じる悔しい時もあるけれど、だからこそ人は成長できると思うんだ。まさにレコーディングは自分へのチャレンジだね!

—日本語と中国語で歌ってみて、歌い方の差別化など、意識したところはありましたか?

発声の位置とか、やはり中国語と日本語では違うんだ。でも気持ちは変わらないから、意識するのはそこだけだったかな。

—ご自身のソロ曲について、聴きどころをおきかせください。

とにかくカッコいい曲なので、モーシィっていうボクを知ってもらうにはおすすめだよ。ちなみにダンスもカッコいいから、MVも要チェックだ!

—これまでの活動を振り返ってみて、印象的だったことはありますか?

ボーカル特訓とダンス特訓は印象深かったね。本当にみんな一生懸命頑張って、そこから得るものが多かったと思う。大切な経験だった。

—今後どのような活動をしていきたいですか?

「Life Like a Live!(えるすりー)」に出させてもらったことをきっかけに感じたんだけど、やはりもっと多くの人にリブドル!を知ってほしい。今のボクたちを応援しているサポーターのみんなを大切にしながら、どんどん応援してくれる人を増やしていける活動をしたいなと思ってる。だから、みんなもよろしくね。

【李清歌】
—最初に、アルバムリリースが決まったときの感想をお願いします。

集大成のアルバムなので、とても楽しみにしていました。このアルバムをきっかけに、もっとたくさんの人が私たちを知って、好きになってくれたら嬉しいです。

—先日開催のライブ「ReVdol! 2nd Anniversary Live Wish -願い-」の感想をお願いできますか?

あんな素晴らしいステージでワンマンライブができて、すごく達成感を感じました。ダンスと歌の練習だけではなくて、楽器も毎日2時間以上は練習していました。二周年ライブを準備する間は、サポーターの皆さんにどんなワクワクが届けられるだろうとみんなで考えていて、大変ではありましたが、とても充実した時間でした。

―「Bilibili Macro Link-Visual Release 2020」の感想もお願いします。

たくさんの優秀な先輩たちと同じステージに立てたことを光栄に思います。サポーターの皆さんの応援も、本当に感動しました。皆さんの応援を応えられるように、これからも、大きなステージを目指して、頑張っていきたいと思います。

—お気に入りの楽曲と、理由を教えてください。

私は「HEROINE」が好きです。歌やメロディーだけではなく、二胡と古筝など楽器にも中国要素をふんだんに取り入れいて、それらの音色や響きがとても美しいです。ぜひ、聴いてみてください。

—レコーディングで思い出に残っていることがあれば教えてください。

「Cool Girl」を収録する際、プロデューサーさんからのリクエストで「フェイク(原曲のメロディを、即興的に少し変えて歌ったり演奏すること)」に初挑戦しました。どこにはいってるかみなさん、わかりましたか?

—日本語と中国語で歌ってみて、歌い方の差別化など、意識したところはありましたか?

日本語で歌うと中国語を歌う時の雰囲気が違います。特に、日本語で歌う時は声量を意識していますが、中国語を歌う時は、やわらかさなどを意識したりしています。

—ご自身のソロ曲について、聴きどころをおきかせください。

私のソロ曲「清らあの舞台」は、中国風のバラードです。歌やメロディーだけではなく、編曲も中国風が感じることができると思います。「HEROINE」と同じで、中国要素が多く入っています。そして、歌詞の内容に関してもあの時の私を、まさに体現している曲になっています。

—これまでの活動を振り返ってみて、印象的だったことはありますか?

やはり、二周年のワンマンライブが一番印象的でした。日本のライブで寸劇もやりました。ライブでのあのような演技は初めてでしたし、劇を始める前の「アテンション!」を私が言わなければならなかったのは、緊張しました。自分の部屋で何度も何度も練習しました。本番ではうまくできたので、少しずつ緊張もほぐれて楽しむことができました。

—今後どのような活動をしていきたいですか?

今年はみなさんとオンラインでしか会えていないので、やはりオフラインイベントに参加してみなさんともっと交流したいです。そのためにも、歌のレベルをもっとアップしていきたいと思います。楽器も、自分のひとつの長所にできるように、もっともっと練習して、たくさんの曲を披露していきたいです。

【カティア・ウラーノヴァ】
—最初に、アルバムリリースが決まったときの感想をお願いします。

ついに!! ついに!!!!! あたしたちもアルバムが出るんだ!って、すごくワクワクしてた!
 
—先日開催のライブ「ReVdol! 2nd Anniversary Live Wish -願い-」の感想をお願いできますか?

二周年ライブのテーマは「願い」、そして日本でのワンマンライブはこれが初めて。だからライブ当日は、中国、日本2部連続だった。あたしたちも、スタッフの皆さんも、全力を出し切った良いライブになってたんじゃないかと思う。日本のライブでは、初めて寸劇にチャレンジした。あたしはカティア・ウラーシマ役で、「浦島太郎」の話をみんなでやった。途中から、“あたし得”な撮影タイムになって、すごく楽しかった!(笑) 。
そして、中国のライブでは、ハートマークのついたガチャ機を出しながら、サポーターのみんなが書いてくれたメッセージを引いて読んだして、みんなと交流できた。とにかくどっちも見所満載で、終始楽しめながらライブをやり遂げられた。

―「Bilibili Macro Link-Visual Release 2020」はいかがでした?

ビリビリのライブでは、サポーターのみんなが送ってくれたお花がとても綺麗だった。去年よりも大きくなって、あたしは超幸せだった。
 

—お気に入りの楽曲と、理由を教えてください。

一番好きな曲は「World of the happiness!」MVでは次元の壁を超えて、現実世界に飛び出す演出があって、完成した映像を見たときは感動した。この曲に「ゴーゴー!」とかの掛け声も入ってるから、ライブでは盛り上がれる曲になってると思う。
 
—レコーディングで思い出に残っていることがあれば教えてください。

民謡曲「コロブチカ」のレコーディング。あの日は死ぬほど暑かった。
今回のアルバムの中では、「Wish You」のレコーディングの前に、作詞家先生と歌詞についてたくさんお話しができた。あたしも、歌詞をもっと深く理解することができた。あの時の話は、「Wish You」だけでなく、他のレコーディングにも役に立ってる! 良い経験だった。

 
—日本語と中国語で歌ってみて、歌い方の差別化など、意識したところはありましたか?

日本語で歌う時は、フレーズ頭の文字を強めに歌うように意識している。中国語で歌う時は、とにかく口を大きく開くように歌う。そうするとあたしの声でもちゃんとしっかり歌詞が聞き取りやすくなるかなと思って、意識してる。
 
—ご自身のソロ曲について、聴きどころをおきかせください。

曲の中で、所々、囁くような歌声をいれてる。それが、曲全体にとっていいアクセントになってると思う。ぜひ注目して聴いてみて!

 
—これまでの活動を振り返ってみて、印象的だったことはありますか?

「Unite」でバンドを組んだ時、ローズ以外はみんなゼロから楽器を練習してた。だから初めて曲ができた時の感動は一生忘れない。あたしはよく玉藻と一緒にリズムの練習をしてた。ずっと合わせながらやってたから、それ以来シンクロ率が高くなったと思う。じゃんけんでも連続あいこになることが多くなったから。
 
—今後どのような活動をしていきたいですか?

鸟巢、梅奔、武道館、SSAでライブをやりたい! そして、CMにも出てみたい! あたしの中国での愛称は「鴨鴨(ヤーヤー)」なので、ダウンジャケットのイメージキャラになれるんじゃないかと最近は思ってる。あとポテチやコーラ、タロイモパイやエッグタルトも好きだから、そういう系のCMに出でてみたい。あ、あと美少女たちとコラボしたASMRとかラジオも捨てがたい、新しいソロ曲も……うーん、やりたいことありすぎてスケジュール立てられない……。

【ローズ・バレット】
—最初に、アルバムリリースが決まったときの感想をお願いします。

とにかく凄く嬉しかった! 今まで沢山の曲を歌ってきたから、今回のアルバムを通して、みんなと一緒に最初から今までの曲をもう一回振り返り、その間に色んなことを思い出せたのも楽しかったな。

—先日開催のライブ「ReVdol! 2nd Anniversary Live Wish -願い-」の感想をお願いできますか?

やっぱり、時間が経つのは早いな(笑)、あっという間にもう2周年か。2周年のテーマソング「Wish You」はあたし達の願いだけではなく、みんなの願いを集めて、ちゃんと自分の夢を叶えるように願ってる曲なんだ、その想いは届いてたかなあ?

—お気に入りの楽曲と、理由を教えてください。

一番気に入りの曲は、Pre-Starかな!リブドル!の看板曲だしな (笑)。
でも一番振り付けが好きな曲は「Cool Girl」。曲も爽やかな感じだし、踊ってて楽しくなる!

—レコーディングで思い出に残っていることがあれば教えてください。

やっぱり自分はこの2年間でたしかに成長できてるなぁって感じたかな。初めてのレコーディングのことはずっと覚えてる……あれは酷かった(笑)。

—日本語と中国語で歌ってみて、歌い方の差別化など、意識したところはありましたか?

やっぱり日本語と中国語では歌い方が違うかな。発音もそうだし、発声のときの声の高さも違う。日本語には柔らかいイメージがあって、日本語と同じ歌い方をすると、あたしの場合は中国語の歌が凄く硬い感じがするから、歌う時はそこを意識して歌ってる。

—ご自身のソロ曲について、聴きどころをおきかせください。

あたしのソロ曲かぁ、自分が一番好きなところは落ちサビの「今欲しいのは、絆」のところだ。レコーディングの時もそこで感情が一気に溢れたんだ。聴いてくれたみんなはわかったかな?

—これまでの活動を振り返ってみて、印象的だったことはありますか?

一番印象だった活動は2周年後、みんなと話したイベントだ!一対一でみんながあたしに伝えたい事を話してくれた。恥ずかしがってた人もいれば、すごく元気な人もいて、本当に楽しかった。絶対、また会おう!!

—今後どのような活動をしていきたいですか?

もちろん、ライブ。オフラインオンラインにかかわらず、来年はたくさんやれるといいな! あたし達の歌声やダンスをライブでみんなに届けたい!

【アルバム概要】
「W -double-」
発売日:2020年12月23日(水)

価格:2,700円(税込)
曲数:29曲

●販売サイト
https://lnk.to/jX2PtoJZ
●ティザーサイト
https://www.revdol.com/release/w/

■収録曲目
1.Prologue ~ I.D.U.N. announcement~
2.Pre-STAR type W -Japanese ver.
3.World of the happiness! -Japanese ver.-
4.HEROINE -Japanese ver.-
5.Cool Girl -Japanese ver.-
6.No_GameOver_World
7.本気STARDOM!!
8.Ambitious Beast
9.清らあの舞台
10.Believe The Rainbow
11.Smile For My Life
12.Unite -Japanese ver.-
13.Wish You -Japanese ver.-
14.Happy Candy Life -Japanese ver.-
15.Interval ~ I.D.U.N. announcement~
16.Pre-STAR type W -Chinese ver.-
17.World of the happiness! -Chinese ver.-
18.HEROINE -Chinese ver.
19.Cool Girl -Chinese ver.-
20.重启
21.究极魅力
22.傲
23.曙光
24.我可以
25.寻
26.Unite -Chinese ver.-
27.Wish You -Chinese ver.-
28.Happy Candy Life -Chinese ver.-
29.Epilogue ~ I.D.U.N. announcement~

【キャンペーン概要】

▼キャンペーン詳細

「W-double-」の発売を記念して、Twitterにてキャンペーンを開催致します!
『リブドル!ノベルティグッズ詰合せ』を抽選で1名様にプレゼント、さらにダブルチャンスとして、『リブドル!ノベルティグッズ』を抽選で13名様にプレゼントいたします。
過去の各PVツイート(13回分)及びキャンペーンツイート(1回分)それぞれご応募可能となり、最大14回応募のチャンスがございますので、ぜひご参加ください!

【応募方法】
①リブドル!公式Twitterアカウント(@Re_Vdol)をフォロー
②12月13日より投稿しているアルバム収録の各PVのツイート、もしくはキャンペーン用ツイートを引用RTして、楽曲やアルバムの感想をつぶやく

※応募期間:2021年1月5日(火)18:00 まで
※すでにリツイートされている方は一度取り消して再投稿をお願いいたします。
※おひとり様、最大14回応募のチャンスがございます。
※キャンペーン内容は予告なく変更する場合がございます。またキャンペーンの最終解釈権は運営にあります。

◇公式関連URL
●公式サイト
https://bit.ly/351umvn
●YouTube公式チャンネル
https://bit.ly/3hLrtSN
●公式ツイッター
@Re_Vdol  
https://twitter.com/Re_Vdol 
#リブドル

☆リブドル!グッズ 発売中!
https://bit.ly/2QMwIG8

(C)2019 Happy Elements Asia Pacific Co., Ltd.

【プレゼント】

「ダイカットステッカーセット」を6枚セットにして1名にプレゼント!
ご希望の方は、「リブドル!」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)
応募締め切り:2021年1月29日(金)23:59必着

(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)