湯浅政明監督、上田麗奈、小野賢章らが登壇!「日本沈没2020」舞台挨拶が11月15日(日)開催決定!!

By saeki, 2020年10月30日


日本SF界の巨人、小松左京の大ヒット小説『日本沈没』の初のアニメ化に、『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』等で世界的な評価を受け、『DEVILMAN crybaby』でアニメ表現の限界を突破した湯浅政明監督が挑む――

絶大な注目の中、本年7月にNetflixで配信開始した『日本沈没2020』は、“国が失われゆく人々のアイデンティティ”という1973年に刊行された原作のテーマを残しつつ、2020年現在の日本を舞台に、未曾有の事態をごく普通の家族の目線で描く大胆な設定を採用。いま現在の世界がリアルに抱える事象を、アニメならではのファンタジー性と、極めて冷静な視点を交えて描き、“ 観たものが語らずにはいられない作品”として、連日更新される国内視聴ランキングのNo.1を記録しました。
そして、11月13日(金)からは、全10話の配信版のストーリーを湯浅監督の手による編集で再構築し、1本の映画作品として情報量を絞ることで作品のテーマ性をより鮮明に描き出した『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』の全国公開を予定しています。

☆11月15日(日)に公開記念舞台挨拶の実施が決定!公開初日限定特典の配布も決定し!!

公開初週の日曜日となる11月15日(日)に、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて舞台挨拶を行います。舞台挨拶には監督:湯浅政明に加え、メインキャスト陣がアフレコ以来、約1年ぶりに集結。
本作でストーリーの中心となる一家、「武藤家」の長女で陸上の日本代表候補として期待されている中学3年生:武藤 歩(むとう あゆむ)を演じる上田麗奈、歩の弟で、eスポーツでオリンピック出場を夢見る小学2年生:武藤 剛(むとう ごう)を演じる村中 知、そして作中でキーパーソンとなる、チャンネル登録者数700万人を超える超人気ユーチューバー:カイトを演じる小野賢章の3人が、映画として新たに生まれ変わった『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』への想いを語ります。

キャスト陣が劇場編集版について話すのはこの舞台挨拶が初となり、監督を交えてどのようなトークが展開されるのかご期待下さい。チケットは本日から抽選先行受付を開始します。

さらに、公開初日限定特典の配布が決定しました。幾多の生と死、出会いと別れを経て成長を遂げた歩の姿を描いた「激レア原画ポストカード」を、公開初日の11月13日(金)限定で配布します。本原画は、キャラクターデザインを務めた和田直也によるもので、劇場編集版の副題でもある“シズマヌキボウ”を象徴したワンシーンを切り取ったポストカードとなっています。ここでしか手に入れることのできない限定特典をお見逃しなく。

『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』では、劇場にて制作陣のトークをイヤホンで聴きながら作品を鑑賞することができる「超解説!副音声上映」の実施も決定しております。いよいよ公開日が近づく本作に引き続きご注目下さい!!

【舞台挨拶概要】
「日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-」公開記念舞台挨拶
●舞台挨拶日時&会場

TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
2020年11月15日(日)  9:50の回 上映後登壇 
 13:25の回 上映前登壇  
※開映時間は変更になる可能性がございます。

●登壇者(予定)
上田麗奈(武藤 歩役)、村中 知(武藤 剛役)、小野賢章(カイト役)、湯浅政明(監督) 
※敬称略・登壇者は変更になる可能性がございます。

●チケット
1,800円(税込/全席指定)
※特別興行のため本上映のムビチケ・前売券はご使用いただけません。各種割引サービスは適用外となります。

<ローソンチケット:プレリクエスト抽選先行受付>
・エントリー期間: 10/30(金)17:00~11/1(日)23:59
・受付方法:WEB/モバイル予約 (URL https://l-tike.com/japansinks
※事前にローソンチケット無料会員登録が必要となります。
※ローソンチケット手数料が別途かかります。

【特典概要】

「日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-」初日限定特典

■初日限定特典:「激レア原画ポストカード」

本作を象徴する、成長を遂げた歩の姿を描いた原画ポストカードを公開初日となる11月13日(金)限定で配布します。
(原画:和田直也)

※11月13日(金)の公開初日のみの限定配布となります。
※数量限定。無くなり次第終了となります。

 
■公式サイト
https://japansinks2020.com 
■公式Twitter
@japansinks2020 

【本予告】

(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners