【プレゼントあり】個性に満ちたクリエイターたちのワークスが丸裸に!? オンラインサロン「月蝕會議室」を開設した月蝕會議 メンバーインタビュー

By saeki, 2020年10月5日


「ももいろクローバーZ」や「Hey!Say!JUMP」、「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」など、有名アーティストやプロジェクトに楽曲を提供し、自らもバックバンドやソロライブで観客を魅了している音楽クリエイターギルドバンド・月蝕會議。
2016年の結成以来、コンスタントに曲を生み出し続けている彼らのオンラインサロン「月蝕會議室」が8月1日にオープンした。
今回はメンバーの5人(エンドウ.、Billy、鳥男、楠瀬タクヤ、岩田アッチュ)と、歌い手としてギルドを支えるキリンにサロンのことはもちろん、個性“しか”ない彼らの結成秘話や曲作りにおけるスタンス、今後の目標など、幅広くお聴きしました。
これを読めば彼らの野望の一端が見えてくる……かも!?

―そもそも月蝕會議とは、どんなグループなのでしょうか?

エンドウ.さん(以下、エンドウ.):作詞・作曲・編曲をひとりでこなせるメンバーが集まっていて、しかも全員担当の楽器が違うという、マルチなグループです。そこに歌唱担当としてキリンが加わった“ギルド”です!

―では、結成された経緯は?

エンドウ.:2016年に企画をして、年明けにみんなで集まったんじゃなかったかな?
最初はドラムのタクヤに声をかけさせてもらい、その後は順次誘っていったかんじですね。
世の中の流れとして、複数人で長所を補い合い、楽曲を作っていく、というのがあったので「そういうのを自分もやれたらいいな」と考えたんです。
先ほども言いましたが、全員がアーティストデで、ステージ経験もあり、それでいて楽曲の制作やプロデュースもしている人を探したところ、かなりハードルが高いことに気づきまして……(笑)。
でも、こうして運よくメンバーを集めることができたのがうれしかったですね。

Billyさん(以下、Billy):僕は12月末まで、前のバンドでの活動があったので、一番最後に合流しました。僕がプロデューサーの平野さんからギルドの話を聞いた段階では、すでに全員そろっていたので「これはやるしかない」という想いで参加させていただきました。

岩田アッチュさん(以下、アッチュ):実は私が参加した当時、ちょうど“臨月”だったんです。

楠瀬タクヤさん(以下、タクヤ):当時、「老人、子ども、女性のような幅広い個性的なメンバー、言い方を変えれば『特殊能力者集団』を集めたいね」と言ってたのを思い出しました。

アッチュ:「妊婦がいる!」って思った(笑)?

タクヤ:うん。「妊婦だ! 鳥男だ! 個性派揃いだ!!」みたいな(笑)。

アッチュ:今回初産だったので、産んだあとに活動ができるのかどうか、心配でした。
月蝕會議として1曲目のトラックを作ってから「産休」に入ったのですが、みなさんがすべてをこなせる人たちだったので、そこは安心してお任せできたんです。

エンドウ.:僕らも大人なので、妊婦さんは「妊婦さん業」に集中してもらって(笑)、メンバー全員が余裕があるところで音楽活動をしていこう、というコンセプトでやっております。

アッチュ:アーティスト写真の撮影は、子どもの寝かしつけをしてもらいながらやりましたから(笑)。

鳥男さん(以下、鳥男):自分はエンドウ.さんとは15年来の付き合いがありましたので、お話いただいたときには「顔を出さない形でもいいですか?」とお願いしたら、快諾いただきました。
アッチュさんが言われたとおり、自分の仕事が詰まっているときは、別のメンバーが代わりにしっかりとやってくれますし、逆に僕が全部やることもありますので「全員が自己完結できる」のは本当にいい環境ですよね。
同時に、たくさんのバリエーションが考えられますし、普段聴いてくださっているみなさんも「今回はどんな曲が上がってくるんだろう?」と、ワクワクしていただけるのではないかと思います。

―キリンさんが、月蝕會議でヴォーカリストとして活躍されるきっかけとなったのは?

キリンさん(以下、キリン):最初はまるで「一流ホテルのバイキングにきた」ような気持ちになりました(笑)。私は歌しか歌ってこなかったですから、メンバーのみなさんに比べたら、できることは少ないのですが、だからこそ「月蝕會議の曲は、私が絶対に一番うまく歌いこなしてやるんだ」という負けん気のようなものを持って歌っています。

タクヤ:アーティストに提供した曲のセルフカバーも、キリンちゃんに歌ってもらっているんだよね。

キリン:はい。ですのでどうしてもオリジナルの曲と比べられてしまうこともあるんです。昔はちょっと自信がなかったのですが、最近では開き直って「月蝕會議の顔になってやる」という気概で頑張っています!

アッチュ:キリンちゃんは、アクの強いメンバーと、聴き手の架け橋のようなことをやってくれているのかな、と思うんですよ。

エンドウ.:曲によってヴォーカリストを変えるよりは、しっかりと僕らの音楽を伝えられる人がいたほうがいいですよね。

―ちなみに、「月蝕會議」というギルド名はどのように決まったのでしょう?

エンドウ.:プロデューサーと「中二病っぽくて、歴史上の出来事を誤認させるようなもので、画数の多い言葉がいいよね」と話していました。
「会議」が、なんとなく集まりっぽいな……というのはありましたが、特に深くは考えていないです(笑)。
僕らも20代そこそこのギラギラした目で「目指せ、武道館!」みたいなことを言うよりは、「できる範囲でのんびりやろう」というテーマで作ったギルドなので……。

―では、あえて先にお伺いしますが、今後の目標は?

エンドウ.:武道館です(キリッ)! ……というのは冗談で(笑)。若いころはあまり感じない人が多いかもしれないですが、年齢を重ねていくと「なるべく長くやっていきたい」という目標がでてくるものなんです。僕はそれを一番に掲げてやっていきたいですね。
もしかしたら、武道館を目指しているメンバーがいるかもしれませんが(笑)。

キリン:私は武道館に立ちたいですよ?

エンドウ.:いた(笑)。

タクヤ:サポートメンバーとしても活動してきたからこそ、どんな形でも武道館に立てる可能性は正直あると思っています。

鳥男:ちなみに自分、音楽作りは「人生のひまつぶし」だと思っていますから。ここ太字で(笑)。

エンドウ.:(笑)。でも、それくらいでいいと思うよ?「いまの俺ら、全力で頑張らないといけない」みたいなことがスタンスでやっていると、どうしても楽しめなくなることがあるので……。

タクヤ:「僕らが楽しんだ結果、それが誰かの楽しみになればいいな」。ここ太字でお願いします(笑)。

―これまで手がけられてきた楽曲で、印象的だったのは?

エンドウ.:反響が大きかったのはヒプノシスマイクプロジェクトの「シャンパンゴールド」のセルフカバーですね。。ストレートカバーではなく、原作をガラリと作りかえるようなカバーをしたり、女性ボーカルでカバーしたので、最初は周りからどう評価されるのか、正直ビビッていました。でも、思っていたよりすんなりと受け入れていただけたので、手ごたえを感じましたね。
最近の風潮もあるかもしれませんが、自分の好きなアーティストの楽曲を手がけたクリエイターに対する「リスペクト」のようなものがあるのはありがたいです。

アッチュ:ちなみに、とあるレコード会社員さんの結婚式のために作った曲もアルバムに入っています(笑)。

エンドウ.:僕らは結局職業人ですから「自分たちのアルバムを作るために楽曲を作る」というスタンスではなく「依頼を受けて楽曲を作る」という形でやらせていただいているので。

キリン:声優さんの曲、アイドルの曲、男性ボーカルの曲と、色んなジャンルの曲が上がってきますし、何人かで歌っている曲をひとりで歌う機会もあるので、私としてはすごく楽しいです。

―そんな、自由さとストイックさをあわせ持つ月蝕會議ですが、「月蝕會議室」というオンラインサロンが発足したそうですね。

タクヤ:そうなんです! 我々が普段行なっている、楽曲の制作作業などをリアルタイムでご覧いただくことを主な目的として、言わば会員のみなさんも月蝕會議の一員となれる、夢のようなサロンとなっております!

鳥男:ゆくゆくは、月蝕會議室にあまたの精鋭が集まり、我々がいなくても成立するようなところまで持っていきたいですね。

エンドウ.:月蝕會議室出身者が業界にあふれたら面白いよね。レコード会社の社員さんと話していたら「実は俺、●期生なんですよ」みたいな話が出てきたら、それはホントうれしいです。
いまは、楽曲の初期の制作段階からエンターテイメントとして見せていくような時代じゃないですか。なので、僕らもこういう形で普段の活動をさらけ出してもいいかな、って。

Billy:この前、サロンの会員とオンラインの飲み会をしたら、職業がバラバラで面白かったですよ。

タクヤ:税務を扱っている事務所の所員さんやテレビの音効会社、医療従事者の方もいたり。活動を見ているだけでも楽しめると思いますので、ぜひたくさんの方に入会していただきたいですね。

アッチュ:みんなで夢の印税生活を目指していきましょう!

エンドウ.:「音楽の自給自足」を目指して頑張りますよ! ここ太字で(笑)!!

インタビューのあとは、オンラインサロンのテーマソング「眞夜中サロン」のレコーディングが行われた。
多数の応募者から選ばれた3名の会員が立会いのもと、ときに意見を戦わせながら(?)楽しい収録となった。

エンドウ.さんいわく「サロン参加メンバー全員が作詞者であり、作曲者である楽曲にしたい」とのこと。巨大なCo‐Write(コライト。共同で曲作りをすること)を目指す彼らの旅は続く!

※なお、完成した曲は、オンラインサロン会員に先行公開され、その後一般向けに公開される予定となっている。

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

【オンラインサロン概要】

「DMMオンラインサロン  月蝕會議室」
音楽クリエイターギルド月蝕會議は、日々音楽を“co-write”と呼ばれる共同作業によって制作しています。 そんな音楽制作を覗き見したい方、音楽を通じて一緒にプロジェクトに参加したい方が楽しめる公開會議室、それがオンラインサロン「月蝕會議室」です。
月1回行われる定例會議で「月蝕會議室」の運営や企画に会員が参加できたり、掲示板をはじめとするコミュニケーションツールで月蝕會議メンバーや会員同士で交流をはかることができます!

■詳細・入会はこちらから
https://lounge.dmm.com/detail/2755/

【月蝕會議「オンラインサロン月蝕會議室会員限定!定例會議 第1回活動映像」】

【月蝕會議「3周年記念生放送おまけ映像」 ~スタジオライブダイジェスト~】

【CD概要】
ももいろクローバーZがニューシングル『月色Chainon』をリリース!
2021年前編1月8日(金)、後編2月11日(木・祝)に公開の劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」主題歌!

作詞を白薔薇sumire、作曲を小坂明子、編曲を音楽クリエーターギルドの月蝕會議が担当し、この映画のために書き下ろされた一曲。
ロックテイストながらも切なげでどこか神秘的な曲調とセーラー戦士たちの想いが込められた詩的な歌詞がマッチした楽曲。

ももいろクローバーZ ニューシングル『月色Chainon』
[ももいろクローバーZ盤](形態:CD + Blu-ray)
アーティスト:ももいろクローバーZ
発売日:2021年1月13日(水)

品番:KIZC-610~11
価格:¥2,273+税

[Eternal盤](形態:CD + Blu-ray)
アーティスト:V.A

品番:KIZC-608~9
価格:¥2,000+税

【プレゼント】

メンバーの寄せ書きサイン色紙を1名にプレゼント!
ご希望の方は、「月蝕會議」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)
応募締め切り:2020年10月30日(金)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)