久保帯人最新作「BURN THE WITCH」10月2日(金)より2週間限定イベント上映決定! 追加キャストも解禁!!

By saeki, 2020年8月24日


今年3月に劇場中編アニメーション企画が発表された『BLEACH』の久保帯人先生による新作、「BURN THE WITCH」。
本作は、2020年8月24日(月)から「週刊少年ジャンプ」でシリーズ連載される新作をアニメ化するプロジェクトとなります。 このたび、上映&配信日、キービジュアル、追加キャスト情報などが一挙解禁となりました。

■2020年10月2日(金)より2週間限定イベント上映&世界配信同日スタート!

2020年8月24日(月)発売の週刊少年ジャンプ38号より シリーズ連載が始まる久保帯人先生による新作『BURN THE WITCH』。 その映像化となる劇場中編アニメーションを、2020年 10月2日(金)から新宿ピカデリーほか全国35館にて、2週 間限定でイベント上映いたします。

さらに、日本国内に加えて、北中南米、欧州、オセアニ ア、中東、アフリカでも同日より配信開始することが決 定しました。
日本国内では「Amazon Prime Video」・「ひかり TV」にて10月2日(金)より独占配信。 北中南米、欧州、オセアニア、中東、アフリカでは 「Crunchyroll」にて同日配信開始予定です。 (※一部地域を除きます。 対象外エリアに関してはCrunchyroll公式サイト参照)。
配信版は上映版を全3話に編集して配信いたします。

【本PV 第1弾】

■追加キャスト情報 公開!
バルゴ・パークス役:土屋神葉
チーフ役:平田広明
オスシちゃん役:引坂理絵

【作品概要】
「BURN THE WITCH」
2020年10月2日(金)より2週間限定イベント上映&世界配信同日スタート!

上映:新宿ピカデリーほか全国35館/配給:松竹ODS事業室

<イントロダクション>
2020年、『BLEACH』の久保帯人が新たな物語を世界に放つ――。 舞台はロンドン、その表と裏の世界。久保帯人によって描かれる緻密に練り込まれた世界観、そして異形の存 在であるドラゴンを相手に、二人の魔女が縦横無尽に躍動するファンタジーアクションが、いよいよ始動する。
この新作をもとにアニメ化する本作の監督は『甲鉄城のカバネリ』などに参加した川野達朗。奥行きのある世 界感を紡ぎ出し、魔女とドラゴンのバトルアクションを爽快にアニメ化する。

<ストーリー>
世界には表(フロント)があれば裏(リバース)がある。 遥か昔からロンドンに於ける全死因の72%は、人々が見ることのできないドラゴンと呼ばれる“異形の存在”が 関わっていた。 しかし、人知れずそのドラゴンと相対する人々がいた。
ドラゴンの存在を見ることができるのは、フロント・ロンドンの“裏側”に拡がるリバース・ロンドンの住人だけ。その中でも、選ばれし人々がウィッチ(魔女)/ウィザード(魔法使い)となり、ドラゴンと直接接触す る資格を持つ。
主人公は、自然ドラゴン保護管理期間「ウイング・バインド」(通称WB)の保護官である新橋のえるとニ ニー・スパンコールの魔女コンビ。彼女たちの使命は、ドラゴンに接触できない人々に代わり、ロンドンに生息するドラゴンたちを保護・管理することだった。

<キャスト>
ニニー・スパンコール:田野アサミ
新橋のえる:山田唯菜
バルゴ・パークス:土屋神葉
チーフ:平田広明
オスシちゃん:引坂理絵

<スタッフ>
原作:久保帯人
監督:川野達朗
副監督:清水勇司
脚本:涼村千夏
キャラクターデザイン:山田奈月
ドラゴンデザイン:大倉啓右
背景美術:スタジオコロリド美術部
美術監督:稲葉邦彦
色彩設計:田中美穂
CGI監督:さいとうつかさ
撮影監督:東郷香澄
音楽:井内啓二
音響監督:三好慶一郎

アニメーション制作:teamヤマヒツヂ/スタジオコロリド

●公式サイト
http://burn-the-witch-anime.com
●公式Twitter
@BTW_anime

(C)久保帯人/集英社・「BURN THE WITCH」製作委員会