劇場アニメ「ジョゼと虎と魚たち」夏公開は延期も、未来に向けて希望溢れる新ビジュアルが公開!!

By saeki, 2020年6月12日


芥川賞作家・田辺聖子の代表作『ジョゼと虎と魚たち』 (角川文庫刊)。2003 年に妻夫木聡、 池脇千鶴主演で実写映画化され、高評価を得て話題を集めました。さらに海外でも注目を集める本作は、時代が変わっても色褪せることなく愛され続けています。

そんな名作として今も根強い人気を誇る『ジョゼと虎と魚たち』が、この度、2020 年に劇場ア ニメ化が決定! 監督は『おおかみこどもの雨と雪』助監督や、『ノラガミ』シリーズの監督を 務めたタムラコータローが満を持してアニメ映画初監督を務めます。 『ストロボ・エッジ』の桑村さや香が脚本を、『妖狐×僕 SS』『クジラの子らは砂上に歌う』 の飯塚晴子がキャラクターデザインを手掛け、そしてアニメーション制作は『鋼の錬金術師』 や『僕のヒーローアカデミア』など数々の人気作を手掛けるボンズが担当します。

現在の映像 シーンをリードするクリエイター陣によって紡がれる“新たなジョゼ”。
この度、新ビジュアルが解禁されると共に、当初予定していた今夏での公開は延期となることが決定しました。

以前のビジュアルが幻想的な部屋の中で殻に閉じこもった表情のジョゼ一人 の画だったのに対し、今回解禁となった新ビジュアルは、作品舞台となる大阪の街をイメージして描かれた外の世界で恒夫とジョゼ、二人が笑顔で前へ歩いていく姿を描いたビジュアルとなっている!

新型コロナウイルスの感染拡大による国内の事態を受けて検討を重ねた結果、公開延期となったが、夢に向 かってひたむきにまっすぐ進んでいく恒夫と、夢見ていた新たな世界へ飛び出そうとするジョゼの希望に溢 れた姿をお届けするべく、現在スタッフ一丸となって作品を鋭意制作中。
二人の物語に、是非ご期待頂きたい!

【キャラクター紹介】

【鈴川恒夫】
大阪の大学に通う4年生。メキシコに生息する魚に魅せられ、海洋生物学を専攻している。
卒業後に留学するべく、ダイビングショップをはじめいくつものバイトを掛け持ち中。
ジョゼと出会い、彼女の祖母からあるバイトを頼まれることになる。

ジョゼいわく、「タダ飯食いに上がり込んで来たんや」。


【ジョゼ】
愛読書にちなんで、自らを「ジョゼ」と名乗る。祖母とふたり暮らしで、車椅子で生活している。好きなことは本を読むことと絵を描くこと。ほとんどを家の中で過ごしているため外の世界への憧れが強く、魚のように好きな場所へ泳いでゆく空想に浸っている 。可愛らしい見た目と裏腹に口が悪い。

恒夫いわく、「フワフワしたカッコしてるクセ、口を開くとチクチクチクチク。アマクサクラゲかよ!」。

【作品概要】
『ジョゼと虎と魚たち』
※変更後の公開日につきましては、決定次第、公式 HP にてお知らせいたします。

【STAFF】
原作:田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」(角川文庫刊) 
監督:タムラコータロー 
脚本:桑村さや香 
キャラクター原案:絵本奈央
キャラクターデザイン・総作画監督:飯塚晴子 
コンセプトデザイン:loundraw (FLAT STUDIO) 
音楽:Evan Call

●公式サイト
https://joseetora.jp/
●公式ツイッター
@joseetora_movie

(C)2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project