声優によるラジオドラマ番組『青山二丁目劇場』 12月25日(月)に故・鶴ひろみさんの追悼特別編を放送

By saeki, 2017年12月11日


文化放送はラジオドラマ番組『青山二丁目劇場』(月曜 午後8時30分~9時00分)の12月25日放送を、11月16日に亡くなった声優・鶴ひろみさんの追悼特別編として放送することを決定しました。

同番組の「劇場支配人」として毎週ナビゲーターを務める声優・古川登志夫さんは、鶴さんと『ドラゴンボール』シリーズ等で長年共演してきました。プライベートでも交流が深く、ニュースで突然の訃報を受け、驚きを隠せなかったといいます。

番組では、鶴さんが以前同番組に出演した際に朗読した「ねずみの嫁入り」の音源と、当時進行役を務めていた藤田淑子さんとのロビートークをお送りすると
ともに、古川登志夫さんが単独トークで鶴さんを偲びます。


今回の収録を終え、古川氏は以下のように話してくれました。

「児童劇団の頃から芸能活動をされていたので、非常にうまい方だなぁと。
そしてオールマイティで、ナレーション、アニメや海外ドラマも幅広く活躍されていて、
どんな番組のどんなキャラクターもこなしてしまうような、とても上手な方だったという印象です。
これからもずっと、仲間として、色々な番組でご一緒したかったのでとても残念です。」

12月25日(月)の放送では、二人が初めて共演した時のことや、アフレコ現場での鶴さんの様子、そして最後に天国の鶴さんへのメッセージを熱く語ってくれています。

【番組概要】
■タイトル:『青山二丁目劇場』
■放送日:毎週月曜 午後8時30分~9時00分  
※特別追悼編は12月25日(月)同時間に放送

■番組パーソナリティ
古川登志夫

■出演
青二プロダクション声優陣 

*AM1134/FM91.6 またはradiko.jp (スマホアプリ・PC)でお聴きいただけます。