ミルキィホームズたちの活躍がスクリーンで!『劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ ~逆襲のミルキィホームズ~』初日舞台挨拶

By saeki, 2016年2月28日


『劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ ~逆襲のミルキィホームズ~』が2月27日に公開された。今回れポたま!では新宿バルト9で行われた初日舞台挨拶の模様をお届けする。

登壇者は三森すずこさん、徳井青空さん、橘田いずみさん、佐々木未来さん、明坂聡美さん、桜井弘明監督。

初日を迎えての心境を聞かれ三森さんは「アフレコしたのが去年の秋頃で。それからあれよあれよ年が明けて。待ち遠しい毎日でしたね。やっとこさ来た今日をね」とコメント。

徳井さんは7年目にして劇場版という大きな作品が出来たことを喜び「これもひとえに支えてくださったミルキアンのおかげでございます。劇場版で更にミルキアンを増やせたらいいなと思っています」と続けた。

佐々木さんはファンのお陰で劇場版が出来て、ファンに早く見て感想を聞きたいと述べ、「この大スクリーンでおもしろミルキィが観られちゃうんで、おもしろいおもしろい、とにかくおもしろい作品になると思って私達も制作陣の皆さんも作りましたので、是非是非楽しんでいただけたらなと思います」と自信の程を語った。

橘田さんは八ヶ月くらいほんとうに上映されるか疑っていたが、この日を迎えほんとうに上映されて「めっちゃ嬉しいです!」と感激の様子。また「大爆笑もあるんですけど、7年目だからこそ感じる涙みたいなシーンも絆のトコロもあったりするので、笑いだけじゃなくて是非皆さん号泣して帰ってください!」とも。

明坂さんは「ゲームがあってラジオがあってアニメ化だって盛り上がって、コミカライズされて、ここまでよく来たなって感慨深い思いがありますみなさんが応援してくださった結晶だと思います」と感想を述べた。

桜井監督はスタッフ一同楽しく作りたいという気持ちで、楽しく作っているので、ファンにもその楽しさが伝われば、と述べた。
ところで、劇場版の話を最初に聞いた時「ほんとう?」と思ったという。また、「ミルキィはいろんな側面があって。アホアホでダメダメな側面もあればちゃんとトイズが使えてシャキーンな感じもあり、じゃあ劇場はどんなタイプでいくんだろうってのは気になっていました」と感想を抱いたことも明かした。

見どころに対しては、桜井監督は「全部!」と返答。1期2期の雰囲気を多く意識して、ギャグ要素を多く詰め込んだ作品になっているということ。
また明智小衣役の南條愛乃さんからのビデオレターも流された。アフレコはすごく楽しかったが、小衣を演じると疲れるということを久々に思い出したという。

それに対して、三森さんは「シャロは自然体で演じられるのでリラックスできる」と返した。これには徳井さんもうなづいていた。
さて、明坂さんはアフレコが寺島さんと一緒だったと語る。ストーンリバーのひとつひとつのセリフが過去のシリーズよりパワーアップしていて気持ち悪かったとのことだが、それは寺島さんも同様だったようで。アフレコ後寺島さんのほうを向いたところ、目を合わせずぐったりうなだれていたとのこと。

サプライズで森脇総監督からの手紙も紹介。スタッフとキャスト、そしてファンへ感謝を述べた手紙に、橘田さんは「お母さんからの手紙みたい」と感激していた。

最後に、一人一人挨拶があった。ミルキィホームズを応援し続けてくれるファンへの感謝が次々述べられる中、橘田さんは「一人ひとりの推し変(推すキャラクターが変わること)が『ビック推し変』になりますので(笑)、心を大きく持って、いつもミルキィを忘れないでいて(笑)」とファンの浮気に釘をさしていた。

<Text・Photo/佐藤京一>

【映画概要】
『劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ ~逆襲のミルキィホームズ~』
新宿バルト9、池袋HUMAXシネマほか全国公開中

配給:ポニーキャニオン/ブシロードミュージック

出演:三森すずこ、徳井青空、佐々木未来、橘田いずみ、ほか

©劇場版ミルキィホームズ制作委員会 ©HiBiKi

●『劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ ~逆襲のミルキィホームズ~』公式サイト
http://mh-movie.com/