16枚目のシングルは実写映画『コープスパーティー』主題歌! ニューシングル「BABYLON~before the daybreak~」を発売する今井麻美 インタビュー

By saeki, 2015年6月25日


声優アーティスト今井麻美の16枚目のシングル「BABYLON~before the daybreak~」が2015年7月22日(水)に発売される。同曲は8月1日(土)より公開予定の実写映画『コープスパーティー』の主題歌に決定。初めて実写映画の主題歌を務める今井さんの胸中に迫りました!

―『コープスパーティー』の実写映画化を初めて聞いた時の率直な感想をお願いします。

今井麻美さん(以下、今井):正直な感想を伝えますと……「ついにやりましたね」と思いました(笑)。
2014年4月に行われた『コープスパーティー如月祭』というイベントで、スタッフが悪乗りで実写映像を作ったんです。「ゲームのかわいいキャラクター達を実写映像にしたらさすがに無理なのでは?」と思っていましたが、

それからしばらく経って「映画化が決まりました」と聞いて、しかも乃木坂46の生駒里奈ちゃんが主演と聞いて「これはガチだ!」と思いました(笑)。

―では、映画の主題歌を担当するという話を聞いた時の感想をお聞かせください。

今井:私は仕事柄、実写関連のドラマや映画などにあまり縁がないので、よほどの大きな縁がないと回ってこないと思っていました。
今回はたまたまシリーズの曲をずっと担当していたので、その流れでやらせていただくことになったと思うのですが、すごく光栄なことだと思いますので全身全霊でやろうと思いました。

―映画の予告動画はご覧になりました?

今井:観ました!「攻めているなあ」、と思いましたね。私は既にストーリーを知っているので、「ここはゲームに比べてこうだ」と色々と考察しながら観ていました。

―今回は前田希美さんが篠崎あゆみ役を演じます。

今井:彼女は「ホラー映画はすごく楽しみ」、とおっしゃっていまして。怖いものは得意みたいですごく心強いですね。逆に私は怖いのがとっても苦手なのですが、本来こういう子がやるべきだと思うんです!

―では実際に映画館に足を運ぶ予定は?

今井:もちろん行こうと思っています。以前OVA『コープスパーティー Tortured Souls ―暴虐された魂の呪叫―』が劇場放映された時も、怖いなぁやだなぁと思いながら観に行きましたので……。主題歌を担当しているものの、映画の内容に関しては初見なので、「収録時のことを思い出して気を紛らわす」という技が使えないんですよね……。

―と言いますと?

今井:ゲームをプレイ中に怖いシーンが出てくると、「この時はこんなことがあったな~」とアフレコ現場でのことを思い出して、うまく怖さを緩和する、というテクニックを使っていたんです。でも今回は……使えない(苦笑)。非常に心配ですが、頑張ろうと思います!

imai_16th_03

―では曲についてお聞かせください。まずはリード曲の「BABYLON~before the daybreak~」から。

今井:最初に聴いた時「これはいい感じ!」と思いました。スタッフさんが候補曲をいくつか用意してくださったのですが、「この曲がいいです」と言ったら「ですよね~」と返ってきたので「じゃあなんでこんなに用意したの!?」と思わず突っ込んでしまいました(笑)。
『コープス』で初めて歌った曲が「シャングリラ」だったので、その頃を思い出せるような曲がいいのでは? と思い提案したら、スタッフさんも満場一致でOKが出ました。

―曲の中でお気に入りの部分は?

今井:歌詞に「堕天使」という言葉が出てくるのですが、それが生まれ変わるのが天使なのか、悪魔なのかをはっきりしないところがいいな、と。彼らが救われるのかどうかで、物語の結末が変わってくると思うんですね。愛や希望を信じて進んではいますが、実は絶望からは完全に抜け出せていないというか。この感じがすごく好きです。

―レコーディング時のエピソードは?

今井:レコーディングはいつもそうなのですが、歌を歌う時に、自分が歌いたい方向とスタッフの方向のすり合わせが一番大事だと思うんです。その点、今回はみんなが「こうあるべきだ」と同じ方向を向いていたので、とても歌いやすかったです。
ちなみにこの曲は5月に行われた私のバースデーライブで初披露したのですが、色々とハプニングがありまして、それどころじゃなかったです。詳しくは……WEBでもレポート記事を書いていただいているのでそちらでご確認ください(笑)。

―では、CDに付属するDVDに収録されるPVについてお聞かせください。

今井:今回のPVは、私の作品では初めましての監督さんにお願いしました。いつもは、基本的に監督さんにお任せしているのですが、今回もそのスタンスで撮らせていただきました。今回の監督さんは、撮影時に自然に映るものをうまく使ってくれて、とても好感が持てましたね。

―PV撮影時の印象的なエピソードは?

今井:撮影現場には透明なタイルのようなものが用意されていたのですが、「その上で寝っ転がりたい!」と思い立ちまして。そのまま調子に乗っていたら、水辺でグラビアアイドルが寝そべっているような写真になりまして(苦笑)。当然ボツになりましたが(笑)。

―ではC/Wについてもお聞きします。まずは「シャングリラ(2015ver.)」から。

今井:この曲が主題歌になっているニンテンドー3DS用ソフト『コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー』は2010年に発売されたPSPソフト『コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー』の移植版なので「だったらここは『シャングリラ』でしょ!」ということで収録されることとなりました。

「シャングリラ」は私にとって4枚目のシングルなのですが、レコーディングの時に初めて楽曲に対して意見を出させていただいた曲なんです。それまでは「アーティスト」と呼ばれるのがすごく申し訳なかったのですが、そこではじめて「曲を選ぶコンペにも参加させてください!」と言わせていただきまして、そこで初めてクリエイティブなことをしている自覚がわいたんです。

―もうひとつのC/W「leap of faith」については?

今井:私がパーソナリティを務めるラジオの企画から生まれた曲で、「ハイレゾ音源」対応曲となっております。ハイレゾ音源で作った曲が最近流行りですが、実は私がこれまで発表していた曲もハイレゾに対応できる音質で作っていてくれていたみたいなんです。これも音マニアのスタッフが集結しているからこそ、5pb.の中でもいち早く対応できたんだな、と思います。とてもありがたいですね。

「ハイレゾに映える曲はどんな曲か?」と考えた時、どうやら「生演奏」が一番空気感が乗る、というのを聞いたので、どんな楽器で演奏して欲しいかをリスナーに募集しました。その中から選ばれた楽器をいくつか使っているのですが、特にパイプオルガンの音は印象的でしたね。私はレコーディング現場に行けなかったのですが、後からスタッフさんから送られてきた動画を見ながら「見たかった、悔しい!」と。本当に悔しかったです(笑)。

さらに、歌詞に使ってほしい言葉をラジオの中で募集していたのですが、曲を聴いていないにも関わらず、皆さんに送ってもらいまして嬉しかったですね。曲のタイトルに関しては、ラジオの300回突破記念ニコ生の企画で視聴者にタイトルを選んでもらうことになりまして「すぐにタイトル候補を4つ考えてくれ」と言われて、3つはすぐに浮かんだのですが最後のひとつがどうしても思いつかなくて…最終的には「血塗られた地図帳」なんてものが思いつきまして……。内心「やばい」と思いながらも候補のひとつに挙げてしまいました(苦笑)。選ばれたらどうしようかと思いましたが、無事ほかのタイトルが選ばれたので良かったです(笑)。

―楽器の中には普段は聴きなれない、珍しいものも入っているそうですね。

今井:「ハンマーダルシマー」という楽器を某テレビ番組で観て、何かを刺激してくれるような音が出るので、ついつい引き込まれました。その日は某番組の生放送の日で、番組内で「こんな楽器を見つけたのですが、ぜひ取り入れたいんですよね」と言ったら、すぐにスタッフさんがハンマーダルシマー奏者のことを調べてくれて、その方も「ぜひ参加させてください」と快諾していただきました。聴いていると自分がまるで洞窟の中にいる感覚になれる、不思議な楽器です。

―CD発売記念イベントのほか、今井さん出演のイベントがこの夏、続々行われます。シングルの発売記念イベントが東名阪と横浜で開催されます。

今井:参加されている方は分かるかと思いますが、今回もいつも通り、自由にやらせていただきますのでよろしくお願いします(笑)。

―そして、8月下旬に行われる『アニサマ2015』には初めてソロで出演されます。

今井:いつか『アニサマ』にソロで出たかったので、とてもうれしいです。 『アニサマ』に来てくださるアニソンファンの方は、自分にあまり馴染みのないアーティストでも温かく応援してくださるのを知っていますので、今回も安心してステージに臨みたいと思っています!

―今回は実写映画の主題歌を歌われましたが、実写映画にご自身が出演したいと考えたことはありますか?

今井:ないですね(笑)。私はあくまでも声の仕事をやらせていただいていますし……。出演者が私である必要がどうしてもあるという場合には考えたいと思っていますが、基本はないです(笑)。今井麻美ドキュメンタリーだったら出るしかないですよね(笑)。

―最後に、読者にメッセージをお願いします。

今井:収録された3曲、どの曲も突き詰めた曲になっていますので、ぜひ手に取って聴いていただきたいです。よろしくお願いします!

【CD概要】
「BABYLON~before the daybreak~」
2015年7月22日(水)発売

発売元:5pb.
販売元:KADOKAWA メディアファクトリー

予約先着特典:B2発売告知ポスター(ジャケット写真)

【DVD付盤】(CD+DVD)
品番:FVCG-1345
価格:2300円[税抜]

【通常盤】(CD)
品番:FVCG-1346
価格:1700円[税抜]

【収録内容】
01. BABYLON ~before the daybreak(実写映画『コープスパーティー』主題歌)
(作詞:森由里子/作曲:濱田智之/編曲:伊藤 俊)
02. シャングリラ(2015ver.)(ニンテンドー3DSソフト『コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー』オープニング)
03. 録り下ろし新曲
04、05、06 各off vocal

【映画概要】
実写映画『コープスパーティー』
公開時期:2015年8月1日(土)

原作元:チームグリグリ/5pb.Games(MAGES.)
監督:山田雅史
脚本:赤松義正

キャスト:生駒里奈(乃木坂46)、前田希美、池岡亮介、ほか

配給:ツインピークス/キャンター

●5pb. 今井麻美 公式サイト
http://5pb.jp/records/sp/asami/