阿部敦、金元寿子、西田雅一、植田佳奈らが登壇、アニメ『GUNSLINGER STRATOS – ガンスリンガー ストラトス』第一話先行上映会レポート

By saeki, 2015年4月8日


 人気ゲーム『GUNSLINGER STRATOS – ガンスリンガー ストラトス』が待望のTVアニメ化。放送を前にしてシネマート新宿にて先行上映会が2015年4月1日(水)に行われた。登壇者は風澄徹役の阿部敦さん、片桐鏡華役の金元寿子さん、片桐鏡磨役の西田雅一さん、竜胆しづね役の植田佳奈さん。

 第一話を上映のち、トークショー。感想を聞かれ、ゲームもやっているという阿部さんは「ゲームでも3Dで綺麗な画面ですが、アニメになって2Dで動くキャラたちも新鮮ですね。2Dならではのアクションや表情の見せ方もあると思うので楽しみです」とコメント。
 
金元さんは「2つの世界のうちどちら視点で描かれるんだろうと思っていたのですが、第一話では十七(第十七極東帝都管理区)の世界が描かれており、生活に便利なロボットが活躍している姿が観られておもしろかったです」と語った。

 西田さんは、2つの世界がある『ガンスリンガー ストラトス』の世界を説明して欲しいと無茶ぶりされ、しどろもどろになりつつも「キャラクターのイメージが若干違うかもしれないですよね。FS(フロンティアS)の風澄はクールめというか。あの感じの風澄くんと十七の風澄くんが今後どうなっていくのか楽しみです」と今後の展開に期待を寄せた。

 また、この日発表されたトピックとして、ゲーム『GUNSLINGER STRATOS – ガンスリンガー ストラトス』でオペレーター・水潟九美(CV:水樹奈々)がプレイできるようになる先行解放コードがBlu-ray/DVD完全生産限定版第一巻の特典として付属するというもの。こちらの発表に会場からは歓喜の声が上がった。

ゲーム好きで『ガンスト』もプレイしているという植田さんは九美について「九美は、基本は後方支援系のキャラで、大きな壁のようななバリアがあったり、自衛がしやすいキャラなのかな。やりこめば面白いキャラになると思います」とコメントした。
第一巻は一話収録でBlu-ray版が4000円+税、DVD版が3000円+税とお求めやすい価格になっている。

 またイベントには特別ゲストとして主題歌を担当する綾野ましろさんと音楽ユニット・GARNiDELiAのメイリアとtokuが登壇して祝福の言葉を寄せた。tokuは先日ラーメン屋に並んだ際、前後の四人組が『ガンスト』の話をしていたというエピソードを披露。「こんな大きな作品に関わっていたんだ」と実感したそうだ。

 『GUNSLINGER STRATOS – ガンスリンガー ストラトス』アニメ・ゲームともに、これからの展開に期待したいところだ。

<Text・Photo/佐藤京一>

☆アニメ・ゲームの最新情報はこちらから
●『ガンスリンガー ストラトス』公式ポータルサイト
http://gunslinger-stratos.jp/