埼玉のエッセンスをたっぷり凝縮! 『浦和の調(うさぎ)ちゃん』アフレコレポート

By saeki, 2015年3月27日


2014年4月からテレ玉で放送開始予定のTVアニメ『浦和の調ちゃん』。埼玉県の浦和の名がつく8つの駅をモチーフにした美少女8人を中心に、地元ネタ満載でお届けするショートアニメだ。今回は主要キャストの皆さんにお話をうかがってきました!

―ご自身の演じたキャラクターの紹介をお願いします。

高砂調役・瀬戸亜麻沙美さん(以下、瀬戸):調は性格がすごく明るくて、周りからもすごく愛されているキャラクターだと思います。わんちゃんのように忠誠心もある、愛くるしい子なので、好きになっていただけると思います!

上木崎常盤役・明坂聡美さん(以下、明坂):キャラクターの設定では冷静で、ちょっと毒があるお嬢様ということでしたが、高校から急にそのキャラを定着させようとしたと思えるふしがありまして(笑)。また南ちゃんを驚きの目に遭わせたりすることもありますので、そこもご注目ください。

沼影彩湖役・大久保瑠美さん(以下、大久保):彩湖は、一言でいうと「変な人」です(笑)。そこにいるだけで周りをトラブルに巻き込んでしまうようなところがありまして。でも、意外とまともなことを言っていたりするので「実はすごい子なんじゃないか!?」と思います(笑)。

別所子鹿役・久保田未夢さん(以下、久保田):子鹿ちゃんは頭に手裏剣型の髪留めをつけていたり、忍者っぽい雰囲気を出しているのかな? と思ったらそうでもなく(笑)、他のキャラクターたちがワイワイしている中で、一歩引いて見ているような子なので、中身と外見のギャップがある子だと思いました。

道祖土緑役・東城日沙子さん(以下、東城):緑は調ちゃんたちが所属する「鉄道部」の部長なのですが、花屋で働いている女の子を具現化したような、おっとりとした性格で、出るところが出ているスタイル的にも、お嫁さんにしたくなるような子なんじゃないかと思います!

大谷場南役・渡部恵子さん(以下、渡部):ボーイッシュでロックな子だと聞いていたので、硬派なのかな? と思っていたのですが、今風に言うと「愛すべきバカ」という表現が合っているでしょうか? 空気を読まないあっけらかんとしたところが魅力だと思いますので、常盤にどんな風に扱われているのか? オンエアを楽しみにしてください(笑)。

田島桜役・大地葉さん(以下、大地):桜は癒し系の女の子なのですが、それ故に影が薄く、あまり目立たない存在です。でも、それもまた彼女の魅力なのではないかと。ちゃんと見ていてくれないと消えてしまうかもしれないので、注目してあげてください(笑)。

三室美園役・田村奈央さん(以下、田村):美園は見た目は小学生っぽいですが、中身も小学生っぽいです(笑)。このメンバーの中では癒し系ポジションだと思いますので、皆さんかわいがってください!

―本作の見どころは?

明坂:このように、個性的な8人がワチャワチャしているのを楽しめるのはもちろんですが、埼玉のご当地アニメということで、埼玉の名産品や地域名が出てきたり、埼玉ならではの「あるある」も出てきたりして、ぜひ観ていただきたいです!

―現場の雰囲気を教えて下さい。

大久保:地元ということで、みんな埼玉を愛しているのがとても強く伝わってきます。例えば、学校で出席を取る時に「はい、元気です」と、健康状態も一緒に答えるシーンがあるのですが、こうしたローカルネタも満載ですので、みんなで盛り上がっていますね。

―演じる上で気をつけていること、意識していることは?

瀬戸:調は周りにいる人たちのことが好きなんだだという気持ちが出るように心がけています。また、あまり物を考えていないような(笑)雰囲気を出して演じようと思っています。

明坂:常盤は「鉄道部」では副部長をやっていたり、生徒会にも出入りしていて、色んな人とのつながりが深いです。またツッコミキャラがあまりいないので(笑)、怒りながらもツッコんでいけるような状態に持っていき、バランスを取れるように心がけています。

大久保:生徒会長でもある彩湖は、頭は良いのかも知れませんが、一周回って何も考えていないので(笑)、難しいことは子鹿に任せて阿吽の呼吸で頑張っています!

久保田:子鹿は、彩湖という生徒会長と一緒にいることが多いのですが、会長への愛を忘れずに(笑)演じるようにしています。

東城:緑はおっとりとした性格なので、緑なりのペースでメンバーをあたたかく見守るような雰囲気を言葉にも込められたらいいな、と思っています。

渡部:南は自分のことを「ぼく」と呼ぶ、いわゆるボクッ娘なのですが、ボーイイッシュ過ぎず、女子であることを忘れないように気をつけつつ、お調子者らしさを出せるように自分もテンションを上げていけるように頑張っています。

大地:桜はジミ子なので(笑)、セリフがある時に、いかに存在感を出せるのかを大事にして演じています。皆さんに可愛い!と思って頂けるように頑張っています!

田村:美園は見た目からして「おやっ?」という感じだと思いますので、普通に演じてはいけないだろうな、と意識しています。楽しく演じさせていただいてます!

―最後に、一言ずつメッセージをお願いします。

田村:この作品を観て、埼玉のことをもっと好きになってください。埼玉に来たことがない方はぜひ観光に来てください!

大地:個性的なキャラクターがたくさん出てきますので、彼女たち一人ひとりの活躍にもご期待ください!

渡部:作中に出てくる「埼玉あるある」の元ネタをたどっていただけると、作品がより楽しくなると思いますので、よろしくお願いします!

東城:埼玉のご当地ならではの要素がたっぷり入ったアニメになっています!

久保田:8人がキャッキャウフフしている姿を楽しんでいただきつつ、埼玉のことを好きになっていただけますと幸いです!

大久保:埼玉在住の方はもちろん、埼玉のことをよく知らない方にもご覧になっていただいて、少しでも埼玉のことを知っていただけたらうれしいです!

明坂:埼玉を知らない方にものんびり、ゆったりとご覧になっていただけると思いますし、知っているとクスッとくるシーンもたくさん出てくるのではないかと思います。

瀬戸:埼玉愛が詰まった作品になっています。観てくださる皆さんの癒しの時間になればいいな、と思います! 埼玉に興味を持たれたらぜひ遊びに来てくださいね!

urawanousagi_AR_02

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

【アニメ概要】
urawa_kv_final_large
『浦和の調ちゃん』
・テレビ埼玉
2015年4月9日より毎週(木)25:35~放送開始

※リピート放送
毎週(日)12時55分~

・KBS京都
2015年4月13日より毎週(月)19時55分~放送開始

その他
バンダイチャンネル
dアニメストア
ニコニコ動画
テレ玉オンデマンド

ほかにて、テレ玉放送後より配信。

●番組公式サイト
http://urawa-usagi.com/

(c)浦和の調ちゃん製作委員会