メインキャストにとっての 理想の王子様像は?『Go!プリンセスプリキュア』『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』合同記者会見

By saeki, 2015年2月1日


2015年2月1日(日)より放送スタートの『プリキュア』シリーズ最新作『Go! プリンセスプリキュア』と、3月14日(土)より劇場公開される『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』の合同会見が1月29日(木)に都内で行われた。

『Go! プリンセスプリキュア』からはキュアフローラ役の嶋村侑さん、キュアマーメイド役の浅野真澄さん、キュアトゥインクル役の山村響さんが、さらに劇場版『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』からは、先日まで放送されていた『ハピネスチャージプリキュア』のキュアラブリー役の中島愛さん、キュアプリンセス役の潘めぐみさん、キュアハニー役の北川里奈さんが登壇。そして劇場版の応援隊長であるお笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦、藤森慎吾が登場。

最初に、朝日放送の土肥繁葉樹プロデューサーが登壇。
「『Go!プリンセスプリキュア』は、女の子のあこがれである王道の『プリンセス』がキーワードです。主人公の衣装、場面ひとつひとつもキラキラと輝く作品になっています。見た目だけでなく、夢を追いかける主人公が生きていく、成長していく様が一番輝いていると感じていただけるだろうと確信しています。
フレッシュなスタッフが多い現場で、みずみずしい、希望にあふれた現場です。キャストの皆さんと一丸となって届けていきたいです。また、『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』は新しいプリキュアを迎えて総勢40名になりました。彼女たちが歌って踊る、というこれまでにない設定の新しいプリキュアが始まります」と挨拶した。

pc_2015_01 pc_2015_02 pc_2015_03

続いて『Go!プリンセスプリキュア』のメインキャスト3人がきらびやかなドレス姿で登場。
嶋村さんは「キラキラしてウキウキする作品です。最初に決まった時は『人違いなんじゃないかな?』と思っていましたが、どうやら私で合っていたようで安心しました(笑)」、
浅野さんは「オーディションを受けて、役が決まった時は実感がわきませんでしたが、声優人生14年、こんなにたくさん『おめでとう』、と言われたことはないと思います。アフレコはすでに始まっていまして、映像が美しくて夢が詰まっています。まばたきするのがもったいないです!」、
山村さんは「3人のキービジュアルをみると、まさに女の子のあこがれが詰まった、ワクワクする感覚を覚えました。私自身、昔からお姫様に憧れがあったので、今回演じられたことはとても幸せです」
とそれぞれ語った。

それぞれのキャラクターの魅力を聞かれると、
嶋村さんは「はるかは普通の女の子なのですが、プリンセスという夢があるからこそ強くなれるような子です」、
浅野さんは「はるかの先輩なのですが、学校の中で歩くとみんながあこがれのまなざしを注がれるような子なのですが、そんな周りの期待に応えようとするところが描かれていくと思います」、
山村さんは「小学生の頃からモデルをやっているのですが、同世代の子から人気な存在で、まっすぐに突き進んでいく自信を持っているところにあこがれます」とコメント。

pc_2015_07 pc_2015_08

続いて、『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』にも出演する、『ハピネスチャージプリキュア』の3人が登場。放送された1年を振り返ってみて、
潘さんは「長い道のりをみんなで歩んできましたが、やっぱりあっという間でした」、
中島さんは「集大成を迎えられた嬉しさもありますし、いろんな気持ちが混ざり合っています」
と語った。

さらに、応援隊長で作中に声優としても出演しているオリエンタルラジオの中田、藤森が登場。
藤森さんはチャラ男ぶりを発揮し(笑)、中田さんは「女の子が好きなものがたくさん詰まっています!」と
宣言。さらに藤森さんは作品の見どころについて「今回は歌も歌わせていただきました。ぜひ聴いてください」、
中田さんは「楽しんでやらせていただきました。歴代のプリキュアのオンステージがオンパレードです! 女子高に迷い込んだ男ふたりといった感じでしたが(笑)」とそれぞれ語った。
そして嶋村さんは「『オールスターズ』(劇場版)には歴史が詰まっていますので、幅広い世代の人に楽しんでもらえると思います。個人的にはラブリー先輩と一緒に放ったパンチが一生の思い出です(笑)!」とアフレコの思いでも合わせて語ってくれた。

ここからはマスコミによる質疑応答。
「皆さんにとってのプリンス像は?」と質問されると、
嶋村さんは「白いタイツを履いた、優しい白馬の王子様です」、
浅野さんは「多少のことに動じないのがとても格好いいと思います」、
山村さんは「自分が尊敬できる、信頼ような存在でしょうか?」
と回答。
なお、北川さんは「相楽誠司君という、めぐみの幼馴染が思い浮かびます。自分の気持ちを押し付けるわけじゃない、思いやりがあるところがいいな、と思います」と、自分の作品への思いをはせていた。

ドレスを着てみての感想を聞かれると、
嶋村さんは「すごく気持ちがいいですが、動く際にスタッフの皆さんにお手数をおかけしてしまうので、そこを乗り越えられればいいな、と思います(笑)。ちなみに作中では、さらにゴージャスな衣装になる『モードチェンジ』もありますので。ご注目ください。よろしくお願いします!」とコメントした。

pc_2015_04

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

●『Go!プリンセスプリキュア』公式サイト
http://www.toei-anim.co.jp/tv/precure/
●『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』公式サイト
http://www.precure-allstars.com/