個性的なヒロインたちに注目! 2015年1月新アニメ 『冴えない彼女の育てかた』アフレコレポート

By saeki, 2014年11月28日


富士見ファンタジア文庫で刊行中の人気ライトノベルがアニメ化! 主人公の高校生・安芸倫也が、運命的に出会った、クラスメイトの加藤恵をモチーフにしたゲームの作成を思いつく。イラストやシナリオのかけない倫也は美術部のエースと目される澤村・スペンサー・英梨々や優等生の先輩・霞ヶ丘詩羽らを誘い、サークル活動を始めるのだが……。主要キャストの面々にお話をうかがってきました!

―アフレコに臨む意気込みをお願いします。

安芸倫也役・松岡禎丞さん(以下、松岡):第一話をご覧になって「いきなりオリジナル回!?」と思われるかも知れませんが、物語を見せるあやとして楽しんでいただきたいですね。毎回とてもアフレコしやすい環境で臨んでいます。

澤村・スペンサー・英梨々役・大西沙織さん(以下、大西):英梨々のような、いわゆるツンデレキャラクターを演じるのはほとんど初めてなので、どのように演じればいいのか未知の部分もありました。松岡さんがアドリブを駆使されていますので、それに負けないように頑張ろうと思います!

霞ヶ丘 詩羽役・茅野愛衣さん(以下、茅野):詩羽はとにかくアニメ業界をディスる(批判する)ので、業界関係者の方に申し訳ないと思いながら演じています(苦笑)。彼女はいつも英梨々と衝突していますが、最初に出会った時と温泉に入っている頃には大分関係性が違っていますね。お互いを高めあいながら最後まで突っ走りたいと思います。

加藤 恵役・安野希世乃さん(以下、安野):実は学園ラブコメものに参加するのが初めてですので、アフレコがとても楽しみでした。ですが、恵はとてもフラットなキャラクターで、ラブコメのキャラクターとしてはちょっと遠いので、どのように演じればいいのか悩みながらアフレコに臨んでいます。

―実際にアフレコを行ってみての感想をお願いします。

松岡:倫也はとても真っすぐな感性を持っています。他人にとやかく言える人は、自分の中に確固たるものを持っていないとダメだということが分かり、彼は自分の好きなことに対してとことん真っすぐに力を入れられるのがすごいな、と思いました。現場では監督と相談しつつ、アドリブを多く入れていこうというスタンスで演じています。

大西:英梨々はメインキャラクターの中で一番ギリギリのところで生きているキャラクターだと思います(笑)。「頑張って生きているんだな」というところにはとても共感ができますね。学校では見せていませんが、同人誌のないように人一倍反応してしまう、ウブなところがとてもかわいいな、と。

茅野:英梨々に対して素直になれないところがありますが、それも彼女なりの茶目っ気なのかな? と思います。また、まるで先の展開を読んでいる節があり、シナリオが読めているかのようなセリフが面白いです。ちなみにアフレコに臨む際は、キャラクターがぶれてしまわないように、黒タイツとヒールを履いて来ています(笑)。

安野:恵はオーディションで演じていた時よりも、アフレコ時のほうが演じる上での手ごわさを感じました。彼女の無欲さがそうさせているのではないかと思います。そのサラッとした生き方がとてもカッコよく見えますので、彼女らしさを演技に乗せていきたいと強く思っています。

―女性陣は今回、それぞれのキャラクターソングも歌われたそうですが。

大西:英梨々の倫也に対する、伝えたくても伝えられない気持ちのせめぎ合いがすごくよく表れている歌詞で、最初に見たときな泣きそうになってしまいました。英梨々の声は自分の中で作っているところがあるので、歌うのに苦労しました。

茅野:詩羽らしい、「アメとムチ」が曲の中に詰まっています。普段の声よりも低めの高さで歌っているので、レコーディングは大変でしたが、ぜひ聴いていただきたいです。

安野:恵の曲は、アニメのオープニング、エンディング、どちらでも聴いてもらえるようなところがポイントです。アニメが終了して、何年後かに聴いていただいても楽しめるのではないでしょうか?

―皆さんには、同人誌即売会の想い出はありますか? また、どのようなイメージを持たれていますか?

松岡:以前、お世話になっている作家先生のイベントのお手伝いで東京ビッグサイトの巨大即売会に行ったことがあるのですが、人の数が本当にすごかったです……。人の動きの流れを見ているだけでも楽しかったですね。

大西:私の演じているキャラクターのコスプレをしている人がいたらうれしいので、声がけをして一緒に写真を撮ります(笑)!

茅野:実は知り合いに、コスプレをして売り子をしているような子がいるんです。以外に身近な所にあるんだな、と思いつつ、日本の誇る文化のひとつであると感じています。

安野:番組のスタッフ本を作ってもらえれば、それを売るために私たちも何かお手伝いできるかも知れないな、と思うのですが、いかがでしょう(笑)?

―最後に、ファンに向けて一言お願いします。

安野:ラブコメでヒロインを演じるのが初めてなのですが、恵はどんなヒロイン像にも当てはまらないんだな、と思いました。命をかけて役作りをしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

茅野:これまでの収録でチームワークはかなり向上しました。少人数の会話劇が多いですが、今後は新しい登場人物たちとの関わり方が楽しみです。詩羽の女の子らしいところも見つけていきたいです。

大西:実は私たち3人の掛け合いがオーディションでもあったのですが、こうして演じさせていただいているのはもしかしたら運命なのかも知れません。皆さんに、それぞれのキャラクターをどのように伝えられるかが勝負だと思っていますので、頑張ります。

松岡:現場の雰囲気がすごく良くて、お互いに言い合えるような関係も心地いいです。頼もしい仲間たちとともに作り上げられる喜びもあります。アニメは1月に放送が始まりますが、春を先取りしたような気持ちでご覧になって下さい。

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

●テレビアニメ公式サイト
http://www.saenai.tv/
●公式ツイッター
@saenai_heroine