竹達彩奈が初めて訪れたイタリアを語る! 『あやちさん in ITALY』発売記念特典お渡し会

By saeki, 2014年8月28日


竹達彩奈さんの3冊目となるソロ写真集『あやち さん in ITALY』が発売されたのを記念して、8月23日(土)に東京・新宿の紀伊國屋書店新宿本店で特典お渡し会が開催された。

 8月20日に発売されたばかりの『あやち さん in ITALY』は、憧れていたというイタリアを舞台にオールロケを敢行した念願の写真集第3弾。撮影は前作に引き続き、数々のグラビアを手掛けてきたカメラマン・根本好伸氏が担当。ローマのトレビの泉やコロッセオ、スペイン広場を始め、世界的に有名な観光地であるアマルフィの海を撮影場所に全編撮り下ろしといった内容になっており、初めてのヨーロッパに笑顔いっぱいな竹達さんの魅力が満載。さらにオトナの表情も見せたりといった今までにないショットも詰めこんだ一冊となっている。

 お渡し会で竹達さんは抽選で選ばれた150人のファンに、特典のポストカードを一人ひとりに手渡し。合間には軽やかに会話を交わしたりと、楽しいひとときをすごしたようだった。

―竹達さんにとって初めてのヨーロッパ&イタリア。その感想をお聞かせください。

竹達彩奈さん(以下、竹達):初めてのイタリアはすごい新鮮でした(笑)。日本と全然違って、道路とかも石畳が多かったり、昔からの建物も多かったりと、歴史が残っているなーって思いました。
初めて写真集を撮影しにグアムに行ったときから、ずっとイタリアに行きたいって言ってたので、今回念願のイタリアに行けてとってもうれしかったです。

―イタリアに憧れたキッカケはなんだったんでしょうか?

竹達:なんかよくわからないんですけど、子供の頃からいつか行きたいってずっと思ってたんですよね。イタリアの空気感とか、歴史がずっと残ってて変わらない感じとかっていうのは、日本にはない景色というか世界だったりするので、すごい昔から興味があったんです。

今回の旅では行けなかったんですけど、フィレンツェとかにもホントはすごい興味があって。青の洞窟とかにも行きたかったんですけど、撮影時期には見れなかったりしたので、それだけはすごい残念だったなって思っています。

―そんなイタリアで撮影した今回の写真集の見どころは?

竹達:やっぱり表紙のアマルフィの海。やっぱり圧巻だったなぁと思いました。今まで写真集の撮影で行ったオーストラリアの海ともグアムの海とも違って、アマルフィの海は、なんかすごい緑がかってて、同じ海でも色とかが全然違うんだなと思いました。あと見どころは……そうですね、私のコロコロ変わる表情が見どころって言っておきます(笑)。

―ちなみにどの写真が一番のお気に入りだったりしますか?

竹達:事前にみんなでどの写真がいいかって話をしてたんですけど、評判が良かったのがこの写真(夜のコロッセオ)でしたね。大人っぽくて。ツイッターでも「竹達さんってそういう大人っぽい表情も出来たんですね」って感想が書かれてて(笑)。あともう一個あるのは、「竹達食べ過ぎでしょ事件」ですね。いっぱいどれも食べてるっていう感じの写真で。

実際この時は雨が降っててすごい寒かったんですけど、その寒さを感じさせないぐらいどれも美味しくて。特にアイスとかメッチャ美味しかったです。イタリアの有名な一番美味しいと言われているアイス屋さんに行って食べたんですけど、美味しさがギュギュッと詰まっているページということでお気に入りです。

―今回行かれた場所で一番思い出に残っている場所はどこですか?

竹達:アマルフィですね。アマルフィの海がすごい綺麗。ホテルの部屋の窓から見えるんですよ。窓を開けるだけといったこんな身近なところで、こんな綺麗な景色が見えるんだっていうことがすごくうれしかったですし、崖を切り崩して作られたらしくて、アマルフィの街全体がお城みたいになってて、オモチャみたいだなって思ったりもしていました。

―スペイン広場のことをスペイン坂と言い続けていたとのことですか?

竹達:はい、ずっと「スペイン坂」と言ってて(笑)。何度も教えてもらったはずなのに、すぐ忘れてまた何度も「スペイン坂」と言っちゃっていました。日本に帰ってきても「スペイン坂」と(笑)。憶えるの下手なんで、未だにどっちがどっちだかまだ分かってなかったりします(笑)。

―今度はお仕事でなくプライベートで行きたいとか思われました?

竹達:そうですね、まだ行ってないところがいろいろありますので。「真実の口」とか、観光客が並んでるのだけ見たりとかだったので、今度行けたら行きたいなと思いました。

あとそうそう、言いたかったこれ。イタリアですごいナンパされるって聞いてたのに誰一人からもナンパされなかったのが、聞いた話と違うなって思いました(笑)。なんかイタリアでは女性を見たら口説くのが礼儀みたいな話を行く前に聞いてたんですよ。なので、いろんなところに行くから「誰か一人ぐらい声かけてくるかな?」とかちょっと思ってたりもしてたんですけど、誰一人からも声を掛けられず(笑)。

しかも子供だと思われてたふしが若干ありまして。いろんな人と会話しているんですけど、なんかみんな若干年齢を下に見ているというか、子供扱いみたいな感じがあったので。「あ、大人として見られてないんだろうな」っていうのを感じたりしていましたね。そんな様子はDVD&BDの映像で見てもらえれば分かると思いますので、ぜひそちらで確認してみてください。

ayachi_owatashi_06

―そのDVD&BD『あやち ~イタリアの旅~』の見どころなどをお聞かせください。

竹達:写真集はすごい芸術的というか、その一瞬いっしゅんを切り取ってるものなので、すごく「作品」という感じがするんですけど、DVD&BDの方は割と私が素でずっと動いているまして。そんな素の私を楽しんでいただける一枚になっているなと思っています。

今回の旅は「私がどれだけ楽に素でいられるか」っていうのを、割とテーマとしていたので(笑)、ずっと「スペイン坂」を連呼していたりとか、結構自由気ままというか奔放に旅をしている姿なんかを楽しんでいただけたらと思います。

―これからの今後の竹達さんの活動の予定などをお聞かせください。

竹達:9月3日(水)にDVD&BD『あやち ~イタリアの旅~』が出て、10月15日にはシングル『囓りかけの林檎』が出ます。筒美京平さんが作曲してくれて、藤林聖子さんが作詞をしてくれた竹達史上一番切ないソング。それと初めてのタイアップ曲でもありまして、TVアニメ『デンキ街の本屋さん』っていうアニメのオープニングテーマになっています。アニメのタイアップは初めてなので、すごい緊張してますが、アニソンを歌うのが夢だったのでとてもうれしかったです。

―ちなみに、今年の夏はなにをされましたか? 夏の思い出などをお聞かせください。

竹達:この前、悠木碧ちゃんとホテルのプールに行って、ひとしきり泳ぎ、イチャイチャしまくり、ホテルでそのまんまお泊まりしました。で、朝方ぐらいまでずーっとしゃべっていましたね(笑)。あと北海道とかも行きました。イクラとかウニとか海鮮のものを食べて、美味しかったです。

―最後にファンの方にメッセージをお願いします。

竹達:3度目の海外、3度目の写真集ということで、「いや、毎年よく出すなー」と多分みなさん思ってるとおもうんですけど(笑)。ホントにどの旅もすごい楽しくって、特に今回のイタリアは念願だったっていうこともあって、終始楽しいことしかなかった旅でした。その楽しかった旅が写真集というかたちになって、一冊の本として残せたのは自分にとってすごいうれしいし宝物だと思っています。

その一瞬にしか出せない瞬間を、一枚いちまい切り取ってもらって、それが永遠に残るっていうのは、すごい自分にとってもうれしいことですし、普段応援してくださるみなさんにもぜひ見てもらって、一緒にイタリアを旅している気分で見てもらえたらと思います。ぜひ、お気に入りの一枚とかを教えてください。

ayachi_owatashi_09

<Text・Photo/川畑剛>

●竹達彩奈スペシャルサイト
http://ayanataketatsu.jp/

【写真集概要】
『あやちさん in ITALY』
発売中

価格:3000円(税抜)
発売元:ポニーキャニオン

【BD・DVD概要】
『あやち ~イタリアの旅~』
9月3日(水)発売

価格:DVD=3900円(税込)、BD=4900円(税抜)
収録分数:本編40分+特典31分
収録内容:本編=ローマからアマルフィへ、特典映像=四日間の出来事、おまけ映像=たけたつぅ、ちかてつぅ
スペシャル特典:オーディオコメンタリー/竹達彩奈、吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)

【CD概要】
囓りかけの林檎
10月15日(水)発売

価格
【初回限定版】
1750円(税抜)
【通常盤】
1250円(税抜)

初回限定盤特典:ミュージックビデオを収録したDVD付。