『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』 新ビジュアル・特報映像発表!

By saeki, 2014年6月21日


GR_key_lo_0619_A

昨年11月に発表され、今年3月のアニメイベント「Anime Japan 2014」でタイトルとビジュアルを公開した、アニメ版『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』。20日に行われた『牙狼』イベント「GARO CREATOR’S kNight」内で、ついに続報を発表致しました。本日のイベントで公開するのは、3月以来となる新ビジュアルと特報動画の2つです。

まず新ビジュアルでは、力強い瞳の少年が中央で剣を突き上げています。
その背後には黄金の鎧。この少年こそが、本作の主人公であり黄金騎士ガロと思われます。
周囲には3人の人物。彼らはどのように関わり合ってゆくのかー。

また同時に特報動画も初公開。
ドラマシリーズでもお馴染みのエンブレムや、主人公と思わしき少年。
燃え盛る炎の中、何か小さなものを大切に抱え上げる魔戒騎士。
人間の赤子のようなそれを丁寧に白布で包み、愛おしそうに抱き抱えている。
場面は変わり、それを高く掲げながら、高台の上から街を見下ろす魔戒騎士……。

この映像からもおわかり頂けるとおり、本作はこれまでの牙狼の世界観を引き継ぎながらも、全く新しいストーリーとなっており、ドラマからの牙狼ファンはもちろんのこと、初めて牙狼の世界に触れる方でも楽しめる内容となっている。キャラなどの名前や設定はまだ明らかにされていませんが、果たして彼らはどのようなストーリーを紡ぐのか……? ご期待下さい!

この映像は公式サイトで視聴できます。
公式Twitterも始動し、今後、続々と作品の内容が明らかになっていく『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』。
サイトやTwitterをチェックし、秋の放送をお待ちください!!

【作品概要】
「牙狼 -炎の刻印-」

監督:林祐一郎 
シリーズ構成・脚本:小林靖子(『進撃の巨人』/『牙狼』シリーズ)
制作:MAPPA/東北新社 
製作:東北新社

【GAROとは】
2005年にテレビ東京系列で放送開始された特撮シリーズ「牙狼」。最新のCG/VFX技術を駆使し、雨宮慶太監督が生み出す独特の筆文字を取り入れたスタイリッシュな映像で、大人のための特撮ドラマとして独自の歴史を築き続けている。
4月からはテレビシリーズ第4弾『牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-』が放送中。

●公式サイトURL
http://garo-project.jp/ANIME
●Twitter
@anime_garo     

(C)2014 「炎の刻印」 雨宮慶太/東北新社