OP・EDテーマのステージも! 『風雲維新ダイ☆ショーグン』放送直前スペシャルイベント

By saeki, 2014年4月2日


4月より放送が開始されるTVアニメ『風雲維新ダイショーグン』のイベントが2014年3月29日(土)、都内で行われた。
当日は声優の白石稔さんが司会のもと、百助役の荻原秀樹さん、OP主題歌を歌うKyokoさん、ED主題歌を歌う藏合紗恵子、そして企画・原案を担当した笹原和也氏が登壇。トークやライブで盛り上がった。

まずは作品の概要を紹介。
笹原氏は「『徳川慶一郎』というキャラクターの名前を見てもらい、作品の内容を推測してもらいたいですね(笑)。明治維新が成らなかった世界で主人公たちが大活躍します」と説明。

アフレコについて、荻原さんは「順調に進んでいまして、あんなキャラがあんなことをしています。今後の展開も楽しみです! 実は、僕が演じているキャラが途中で死ぬんじゃないかとヒヤヒヤしています(笑)」と胸中を激白(笑)。
自身が演じた百助については「憧れのアニキ(主人公の慶一郎)を尊敬しています。作中では『無理っすよ!』と連呼するのですが、慶一郎がその言葉に負けずに色々な試練を乗り越えていくのが見どころです」とのこと。百助は、どうやらかなり重要な存在のようだ。

また、笹原氏は「アフレコ現場はほぼ毎回行っていますが、自分が手がけたキャラクターたちがアニメとして動くのはやっぱり嬉しいですね。ちなみに、キャラクターの語尾が個性的なところも本作の特徴です」と説明した。

また、「元々は往年の名作『戦闘メカ ザブングル』のような作品を作りたい、ということで企画が立ち上がりました。向こうが西部劇なら、こっちは幕末だ、ということで」と制作の裏話も。

さらに荻原さんは「キャストのみなさんは、阿吽の呼吸が分かっているんです。とても小気味がいいです。柿原さんが『この作品がこれまでで一番叫んだ作品かも』とおっしゃってました(笑)」とコメントした。

さらに、主人公たちが乗る巨大ロボット「オニガミ」の紹介。
笹原氏は「男性のみが乗る機体と、女性のみが乗る機体があり、男性と女性が一緒に乗ると形態が変わります」など、見どころの一つである機体のメカニズムを紹介した。

daisyougun_event_08
作品をたっぷりと紹介した後は、お待ちかねのライブコーナー。まずは藏合さんが登場。TVアニメ『マケン姫ッ!通』EDテーマ「Reach for Light」と今回OPテーマとして起用された、「UPON A STAR」を披露した。
藏合さんいわく「バラードを歌いたい! とずっと言っていたら、晴れて歌わせていただけることになりました!」とのこと。

daisyougun_event_11
続いてKyokoさんが登場。「弟に読ませてもらった『涼宮ハルヒの憂鬱』の小説を読んで、アニメが好きになりました」という彼女。客席をあおりながらOPテーマ「タマシイRISES」を歌い上げた。

最後はプレゼントコーナー。出演者のサイン入り番宣ポスターのほか、「番組開始前から絶版になってしまっている」(笹原氏)という、いわくつきの「キリコフィギュア」がプレゼントされた。

daisyougun_event_14

最後は、ファンに向けてメッセージが贈られた。

藏合さん「面白カッコいいアニメです。役はまだ言えませんが、私もとある役で出演予定です。EDテーマ『UPON A STAR』もよろしくお願いします!」

荻原さん「スタッフもキャストも一体となって、頑張って作っています。キャラクターの生き生きした表情も出ていますし、今後も豪華声優が続々登場しますのでお楽しみに!」

Kyokoさん「5月21日(水)に発売されます。今日のライブで、とてもいい曲に仕上がったのが分かっていただけたと思いますので、応援よろしくお願いします!」

笹原氏「処女と童貞が活躍して天下を取る話です(笑)。スタッフ、キャストさんが魂を込めて作ってくださっています。是非ご期待ください!

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

●作品公式サイト
http://daishogun-anime.jp/