ヒーローたちが一堂に! 「『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』GREETING OF HEROES」

By saeki, 2014年2月10日


人気TVアニメ『TIGER & BUNNY』の劇場版第二弾が2014年2月8日(土)より全国公開。その初日舞台挨拶が新宿・バルト9で行われた

上映後にワイルドタイガー(鏑木・T・虎徹)役・平田宏明、バーナビー・ブルックスJr.役・森田成一、ゴールデンライアン(ライアン・ゴールドスミス)役・中村悠一、ブルーローズ(カリーナ・ライル)役・寿 美菜子、ロックバイソン(アントニオ・ロペス)役・楠 大典、ドラゴンキッド(黄宝鈴)役・伊瀬茉莉也、ファイヤーエンブレム(ネイサン・シーモア)役・津田健次郎、スカイハイ(キース・グッドマン)役・井上 剛、折紙サイクロン(イワン・カレリン)役・岡本信彦、ルナティック役・遊佐浩二、そして米たにヨシトモ監督が登壇。

それぞれのメンバーのキメ台詞とともに挨拶し、トークが開始された。

―実際に完成したものをご覧になった感想をお聞かせください。

平田:最初のシーンで虎徹のピンチをバーナビーが助けてくれると思った人(笑)? (客席のファンがたくさん手を挙げる)「なんで助けに来てくれないんだよ!」と思ったのは自分だけではないんですね(笑)。
もう一つ印象に残っているのが、『HERO TV』の実況アナウンサーである(太田真一郎演じる)マリオが何を言っているか分からないシーンです。皆さんも是非もう一度ご覧になっていただき、確かめてください。

森田:バーナビーは、これまでは過去にとらわれていましたが、今作では未来について考えるようになりました。このような気持ちで演じるのは初めてでしたので、新番組をやっているような感覚でした。自分でも挑戦的な作品になったと思います。

中村:昨晩ようやく完成版を観ました。アフレコが昨年の夏だったので、観ていて少しずつ思い出したのですが、忘れているところが多かったので、新鮮な気持ちで観られました(笑)。ライアンの役目はなんだろう? と考えていましたが「恋のキューピッドなんだな」、という結論に達しました(笑)。

寿:ネイサンを含めて(笑)、女子チームの絆をたくさん感じられたと思います。特に、ネイサンが活躍するシーンは、皆さんの心に残ったんじゃないかと思います。

:「今回は頑張って演じよう!」と思いましたが、思いのほか迷走していました(苦笑)。物語がすごく感動的で、試写会場で何度も泣きそうになりました。ブルーローズやキッド、(虎徹の娘の)楓がいいことを色々と言ってましたので、そこでウルっときてしまいました。

伊瀬:一番印象深いのは女子3人で立ち向かう時の姿です。これだけ長い時間本作にかかわっていると、演じているキャストがヒーローその人に見えてしまうんです。気持ちが入り込んでセリフを言わせてもらいましたので、胸がこみ上げてきてしまいました。

津田:ブルーローズとキッドがかわいいことかわいいこと……(笑)。僕自身は、若いころの声も出す機会もあり、プレッシャーがかかりました。
アクションシーンも動きが速く、「ヒーローはすごいな」と感心させられ、いちファンとして楽しめました。
まだ上映は始まったばかりですので、何度も観に行ってください。

井上:スカイハイは何年経とうが、あのようなキャラだと思いますが(笑)、折紙サイクロンとロックバイソンとトリオを組んで『折紙ロックハイ』として組んで活躍できたり、キース自身もとても成長できたと思います。

岡本:ヒーローの皆さんは、それぞれ成長しているのですが、中でも一番成長したのが楓ちゃんだと思います。色気がすごいな、と(笑)。
スカイハイのカメラワークから始まり、ラストバトルではさらに早くなり、スタッフの皆さんには「本当にお疲れ様でした」、と言いたいです。

遊佐:今回の『ライジング』にかける気持ちが強かったです、前回出番が少なかったもので……(笑)。台本をめくれどめくれど出番がなかったのですが、試写会で観てみたら、意外と出てました(笑)。

米たに監督:収録は3か月ほどかけましたが、キャストには気合をいれて演じてもらいましたので、完成度の高い作品になったと思います。先ほど平田さんがおっしゃってましたが、バーナビーはある事情で、冒頭の虎徹の危機に間に合わなかったのですが、時間の関係で割愛させていただきました。
細かいところで色々とやっていますので、そこも何度も観て楽しんでください。

―印象に残っている虎鉄のセリフは?

平田楓とのシーンで「お前、お母さんに似てきたな」というセリフが印象に残っています。
ただ、「アノ人」の「がむしゃらなアンタが見たいんだよ!」のセリフに取られてしまいました(笑)。

―最後に、ファンに向けて一言お願いします。

遊佐:後になって「あの時はああいうことだったのか」と気づくようなシーンもたくさんあると思います。ぜひ何度もご覧ください!

井上:上映前に小さいキャラクターがやりとりするシーンが5週分あります。是非毎回来て、確かめてください!

岡本:ドラマティックなシーンがたくさんあり、絵もすごく迫力がある、ということで、是非何度も観ていただきたいと思います。

津田:男は度胸、女は愛嬌といいますが、『タイバニ』は最強よ(笑)!

:「折紙ロックハイ」を是非よろしく!

伊瀬:街中のいたるところで『タイバニ』を感じられます。ヒーローそれぞれの成長が描かれていて、私も学ぶところがたくさんあります。皆さんにとってもそんな作品になればいいな、と思います。

寿:テレビシリーズから劇場まで、皆さんの愛で成り立っていると思います。スタッフ、キャストの愛が詰め込まれた作品になっています。よろしくお願いします。

中村:都合により自宅で観たのですが、家のテレビでは物足りないです(笑)。ミニアニメはストーリー仕立てになっています。こちらもどうぞよろしく。

森田:泣けるシーンはこれまでたくさんありましたが、今回は感動させ方が今までと違うように思えたのではないかと思います。細かい部分でも泣いてしまうシーンが多いです。必ずどこかで共感できる場所があると思いますので、みんなで色々と話し合っていただきたいです。

平田:本来でしたら昨年10月に行われたイベント『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- SUPER PRELUDE』でご覧になっていただく予定でした。それから4か月、皆さん、カラカラになってしまったかと思いますが、今日ようやく潤っていただけたのではないかと思います(笑)。
初心に戻って、おじさんたちにもっと元気をつけてもらいたいと思いました。これから思いっきりワイルドに盛り上がっていこうぜ!

米たに監督:映画は作っただけでは完成ではなく、観てくれる人がいて初めて完成になります。ですので、今作はたった今、完成しました。ありがとうございました。
本作をご覧になって得た宝物を家に持ち帰り、何かあった時に思い出していただければ幸いです。

最後は、平田と森田の音頭で『劇場版 TIGER&BUNNY The……』その後客席の『Rising!!』の掛け声が会場内に上がり、舞台挨拶は終了した。

TB_2014_02

<Text/ダンディ佐伯>

●『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』公式サイト
http://www.tigerandbunny.net/
●公式ツイッター
@TIGERandBUNNY