村川梨衣がゲストで登場!『ニコニコ声優グランプリ生放送!』第5回レポ&終了後インタビュー

By saeki, 2013年11月6日


声優雑誌『月刊声優グランプリ』によるニコニコ生放送「ニコニコ声優グランプリ生放送!」の第5回が10月11日に配信。番組ナビゲーターの内田彩さんとゲストの村川梨衣さんに感想などを聞いた。

「ニコニコ声優グランプリ生放送!」は月刊声優グランプリがお届けする、声優・アニメファンのための番組。ナビゲーターに内田彩さんを迎え、最新号の見どころを紹介するほか、番組顧問の広島編集長も(声のみ)登場。普段は聞くことができない編集部の制作秘話なども聞ける番組となっている。
放送は毎月第2金曜日の21~22時の1時間。視聴にはニコニコ動画のアカウントは必要だが、無料放送となっている(タイムシフト予約(視聴)はチャンネル有料会員のみ)。

10月11日配信の第5回では、村川梨衣さんがゲストに登場。冒頭から村川さんのハイテンションに引っ張られてにぎやかに番組が進行。共演していたアニメのニコ生番組で行っていたコーナーにちなみ「1分でわかる内田彩」として村川さんが内田さんを紹介。ただ、ときおり内田さんがちょっかいを出していることもあってか、「とってもスタイルがいい」「りえしょん(村川さん)が大好き」と言っては「かわいくって、彩さん好きーーーーー!」と叫んで終わるといった感じで、「わかったorわからなかった」をとった視聴者アンケートでは、よくわからなかったという回答が多数という状況に。

さらにリスナーからのメールで、その方に対して誕生日お祝いのメッセージを送る際、村川さんが一見まともなメッセージを淡々と述べていたかと思いきや、いきなりさるかに合戦のひとり芝居を展開し始めるカオスすぎる状況に、内田さんが笑いを必死にこらえながら一言。「みんな、525円払えば(声優グランプリチャンネルに入会すれば)、またこれが見られるよ(笑)」。

番組では、内田さんに何かの衣装を着てグラビアに出てほしいというアンケートハガキが1000通集まったら実現する(かも?)という企画にも触れ、村川さんが内田さんの好みを聞きながら提案したのは「たこわさを食べてる枝豆うさぎ」。コメントにも「?」が埋め尽くされた状態のなか、村川さんが自らそのうさぎをイラストにして描きて見せるが、色が薄すぎて伝わらず……。実際のイラストは写真でチェックしてほしい。

特定のキャラクター設定になりきってセリフを読む「あやつり女優」では、村川さんとの対決コーナーに。ここでも村川さんのフリーダムさが発揮。単になりきってセリフを読むだけではなく、たとえば「村川梨衣(5歳)」ではお団子を作ってぶつけるとか、「ラスボス」では後ろに下がってから前に出てくるという小芝居を入れる飛び道具を展開。それに負けじと内田さんも小芝居をはじめるなど、さらにカオスな展開に……。ちなみに村川さんが演じた「村川梨衣(5歳)」を見た内田さんは、率直な感想として「今と変わらない(笑)」。

『声優グランプリ』本誌を紹介するコーナーでは、今回も諸事情により広島編集長がお休みするハプニング。3回続けてのお休みで罰ゲームの要望メールが送られるなか、10月10日発売の11月号を紹介。水樹奈々さんとT.M.Revolutionの西川貴教さんによる表紙&巻頭特集のほか、「へあちぇん!」には江口拓也さんが登場。Animelo Summer Live 2013-FLAG NINE-やスラップスティック・リメンバー・コンサートなどのレポート、2013年の秋アニメキャストコメント特集を掲載。そしてなにより内田さんも熱く語っていて楽しみにしていた別冊付録「アニメ『スラムダンク』20周年BOOK」。草尾毅さん、緑川 光さん、置鮎龍太郎さんによる対談が収録されているという貴重な付録となっている。

11月9日発売の12月号は、結成5周年を控えたユニット「スフィア」の特集のほか、森川智之さんと檜山修之さんのトークライブ「おまえらのためだろ!」をまとめた別冊付録を予定している。また内田さんと村川さんが「マジトモ。」というコーナーにも登場するので、こちらも楽しみにしておこう。

―今回の収録の感想をお願いします。

内田彩さん(以下、内田):もともとりえしょん(村川さん)を呼んでほしいという要望はたくさんいただいてまして、見てくださっている方も待ち望んでいたと思います。ただ、思い通りになるのもいやだなと思って、りえしょんにいろいろちょっかいを出しちゃいました(笑)。最後は回線が止まってしまって別枠でエンディングを迎えるというハプニングもあったのですが、それさえもネタにできてしまうりえしょんパワーはすごいと思いました。

村川梨衣さん(以下、村川):前々からツイッターで番組のことを知っておりまして、楽しそうな雰囲気を感じていました。ゲストのお話をいただいたときはうれしかったですし、いざ出てみたら本当に楽しかったです。回線のトラブルがあったのは申し訳なかったのですが、みなさんが温かく対応してくださって……。

内田:なんだか、りえしょんが本当に回線を止めたように聞こえる(笑)。

村川:私は何の力もない、ただの民衆なんです!!!(笑)「あやつり女優」もはちゃめちゃになってしまいましたが、視聴者のみなさんが温かく見守ってくださったのと、彩さんと声優グランプリさんへの愛が伝わってきて、とても心が温かく感じられました。

―村川さんが登場するということで「あやつり女優」も注目を集めていたかと思いますが、実際にやってみていかがでした?

内田:自ら効果音などを入れていいということがわかって、可能性が広がりました。

村川:「美人スパイ」というお題もあったんですけど、私には美人という引き出しがないので、彩さんから美人というものを教わりました。心くじけそうになりながらも「悪事はそこまでよ!」と決めた彩さんの美人ボイスを聞いて「やっぱりこうだよね」と思いましたもん。

内田:番組で社会人1年生へのアドバイスもありましたが、こういうおべっかを使うことを覚えることだと思います(笑)。

―「ラスボス」をやっていたとき、村川さんは自らラスボスのオーラを表現していましたが、お互いに何かオーラを感じることってありますか?

内田:りえしょんのオーラ……ですか……。

―ラスボス感はあります?

内田:ないない(笑)。

村川:コメントでも「すごいザコ臭がする」って書かれていました(笑)。彩さんはみなさんを包み込んでくれる温かさといいますか、包容力があるのでオレンジ色のようなオーラを感じ取っています。

内田:りえしょんは……どどめ色? いろんな絵の具を混じり合わせるとできる色だと思いますが、そんな混沌(こんとん)を感じさせるオーラがあるような気がします。

村川:まがまがしい感じですか!?(笑)。

―最後にメッセージをお願いします。

村川:わちゃわちゃした感じでしたが、みなさんに楽しんでいただけたらうれしいです。特集を考えるコーナーで彩さんとの富士急アイランドに行く特集という案も出しましたが、お声があれば、実現するかもしれないのでよろしくお願いします。あ、また、よろしくお願いします! えーっと、よろしくお願いします! そういうわけで、またよろしくお願いします! 

内田:選挙かよっ(笑)!

―大事なことなので3回言いました、ですね。

村川:番組にもまた遊びに来られたらいいなと思います!

内田:富士急ハイランドは行きたいよね。あとは……やはり公共の場でりえしょんを呼ぶと驚く方も多いので、次はぜひイベントにして、お金を払ってでもりえしょんのフリーダムさを見たいという方に向けたものだったら、りえしょんを呼んでも大丈夫かなと(笑)。遠回しに、番組のイベントやりたいなーというアピールをしておきます。

【次回予告】
『ニコニコ声優グランプリ生放送!』第6回は2013年11月8日(金)放送!

http://live.nicovideo.jp/watch/lv155471822

<Text・Photo/さとかず>