豪華男性声優陣が出演! キャストコメントも!『声感☆ラブメッセージ』9月20日(金)リリース開始!!

By saeki, 2013年9月13日



この度、エイベックス通信放送(株)が運営し、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモが提供するスマートフォン向け定額制動画配信サービス『dビデオ powered by BeeTV』及び『BeeTV』にて配信され、人気を博してきた“感じるLOVE”シリーズの最新番組『声感☆ラブメッセージ』が2013年9月20日(金)より配信開始されることが決定した。

BeeTVの“感じるLOVE”シリーズとは、女性目線の様々なラブ・シーンを覗き見し、目で感じるラグジュアリーショートフィルム。これまでに、7作配信し、シリーズ累計の女性視聴者数は680万人!そして、男性も含めての累計総視聴者はなんと870万人以上を数えるメガヒットシリーズとなっております。

待望の最新作となるシリーズ第8弾の『声感☆ラブメッセージ』は、ドラマ仕立てのシチュエーションに、人気声優が囁く留守番電話が重なるという新感覚の映像で、女性の妄想をかきたてるストーリー構成となっております。
「見るだけで女性ホルモンアップが期待できる」と、今回の番組の監修を行った、恋愛科学研究所の所長を務める荒牧佳代氏も太鼓判を押すほど。さらに、「もともとイメージング能力の高い女性にとって、素敵な男性の声を聞くだけで脳がときめきを感じ、ドーパミンや女性ホルモンであるエストロゲンが分泌され、女性をより女らしくさせる効果があります」と保証済です。

本編には、『天元突破グレンラガン』のシモン役や、『FAIRY TAIL』のナツ・ドラグニル役など数々のアニメで主人公を演じている人気声優、柿原徹也も登場。”婚約中である同期の女の子との恋で、ちょっと強引な男性“を演じており、「何があってもお前の笑顔守ってみせる!」や「わかるだろ?いや、わかるよな。俺にしかお前のこと幸せにできないって」など思わず、女性の心をキュンとさせてしまうセリフが満載です。柿原は、「今、自分に自信を失いかけている方に見ていただき、この先(視聴者の方にも)素敵な恋愛が待っていることを伝えたいです!」とコメント。

他にも、人気声優が続々登場し、”後輩の男の子を好きになってしまった30代女性の恋“や”久しぶりの同窓会で再会したクラスメイトとの恋“、”受付嬢と営業部男性との恋“、”上司の女性と、新入社員の恋“など、女性の妄想をかき立てられる、様々なシチュエーションを体験することが出来ます。
また、主題歌はK-POPアーティストのBoAが担当。女性の心を歌い上げる絶妙な歌詞とミディアムバラードで、作品を盛り上げます。
BeeTVがこの秋満を持して贈る“感じるLOVE”シリーズ最新作『声感☆ラブメッセージ』にぜひご期待ください。

 

【作品概要】
『声感☆ラブメッセージ』
配信開始日:2013年9月20日(金)
 
更新日:毎週金曜更新 

配信話数:全12話

【主題歌】
BoA『 Message 』 ※10月23日(水)リリース  NEW SINGLE「Message/Call my name」
監修:荒牧佳代(恋愛科学研究所所長/医療アナリスト)

【出演声優】
江口拓也、柿原徹也、岸尾だいすけ、杉山紀彰、立花慎之介、寺島拓篤、鳥海浩輔、羽多野渉、平川大輔、福山潤、前野智昭、水島大宙(五十音順)

制作・著作:BeeTV

■アクセス方法
<dビデオpowered by BeeTV>
ドコモのスマホ・タブレットから
dマーケット>dビデオ powered by BeeTV もしくは dメニュー>dビデオ powered by BeeTV
※spモード(315円/月)の契約が必要です※別途パケット通信料がかかります。

<BeeTV>
iモード版⇒ iメニュー>動画>BeeTV
スマホ版⇒ dメニュー>BeeTV
PC版⇒「BeeTV」で検索
※iモードとスマートフォン、PCでは提供条件・内容などが一部異なります。
※iモードとスマートフォンは、キャリア決済。PC版は、クレジットカード決済となります。

☆「声感☆ラブメッセージ」番組ページURL
●dビデオ 
http://video.dmkt-sp.jp/ti/10005708
●BeeTV(Android)
http://sp.beetv.jp/pg/al/lovemessage
●BeeTV(iモード) )
http://beetv.jp/pg/al/lovemessage

【出演者コメント】(五十音順)


◆柿原徹也
-このドラマのシチュエーションについてどう思われましたか。
普段、アニメや映画など声だけのお芝居に携わっておりますが、今回は実写の役者さんたちの体全体を使っているお芝居と、僕ら声優の声だけを使っているお芝居のコラボというのがどうなるのか、すごく楽しみです。いい経験をさせていただいたと思います。

-この作品はどのような方に見ていただきたいですか。
ドラマに登場する女性の方たち(30代という設定)と同じように恋愛に悩んでいる女性に見ていただきたいです。きっと、どこかしら自分に当てはまるところがある、リアルな構築になっていると思います。仕事に忙しくてプライベートな時間がない方や、自分に自信を失いかけている方に見てもらって、そして聞いてもらって、明るい30代を過ごしていただけたらと思います。また30代に限らず、どんな年齢の方も楽しんでもらえる内容だと思うので、見ていただいて、(視聴者の方にも)素敵な恋愛が待っていますというのを伝えたいです。


◆岸尾だいすけ
-このドラマのシチュエーションについてどう思われましたか。
現実世界だとありそうで、なさそうで、あったらいいようなシチュエーションですね。今回は同窓会での出会いがテーマでしたが、実写と声の融合というのが、新しい試みで難しかったです。お芝居の流れなどを変にに誇張しないように、ナチュラルに演じました。昨今は、メール等が発達して留守番電話自体を利用することが少なくなり、昔からあるのだけれど、いまさらながら新鮮なシチュエーションだなと感じております。

-この作品はどのような方に見ていただきたいですか。
特に拘らず幅広く見ていただきたいです。特に、(今回は同窓会の話なので)一番は同窓会に行く前の人、行った人、または関係ない人にも見てもらって同窓会やろうぜとなったら嬉しいです。この作品は、スマホでもタブレットでもPCでも見られるので、環境が整っている方には是非。ただし、夢中になりすぎて道を歩くときなどに見ると危険なので、注意してくださいね!


◆杉山紀彰
-このドラマのシチュエーションについてどう思われましたか。
僕が始めてこの原稿を読んだ印象は、すごく積極的な女性だなという印象でした。普段、なかなか女性からメールアドレスやら、電話番号といった連絡先をきくのは難しいと思いますので、とにかくすごく積極的なヒロインだったのではと思いました。

-この作品はどのような方に見ていただきたいですか。
僕の演じた回の設定は、会社の受付をされている女性の恋でした。なので、お仕事から恋愛が始まるような環境にいる方、例えば外部の会社との接点を持つ機会がある方などにはより、共感いただけるのではないかなと思います。


◆立花慎之介
-このドラマのシチュエーションについてどう思われましたか。
僕自身はあまりバーには行かないのですが、飲みにいく人の話を聞くと、いいバーテンダーはちゃんとお客さんのことを見ているという話を聞いたりします。そういう意味で、今回のバーテンダーはすごく良く出来ていて、お客さんのことを良く見て、ケアしたりしてくれるので、きっとすごくやさしい方なんだろうなと思いました。ナイスミドルな感じもオトナな優しさを含みながら演じました。

-この作品はどのような方に見ていただきたいですか。
実写の役者さんと声優とのコラボは、今までやったことのない体験で、新しくてすごく良いなと思いました。スマホで気軽に見られるのもいいですよね。恋愛に興味を持った30代前後の方にはぜひ見ていただきたいし、もちろん若い子にも、まだ体験したことのない大人の恋を体験していただきたいと思います。


◆前野智昭
-このドラマのシチュエーションについてどう思われましたか。
この主人公の女性は自分にあまり自信のない方で、ちょっとモテそうな男性から告白されてもそれを素直に信じられないという設定です。(素敵な恋愛をするために)女性にはもう少し、自信を持って、男性のことを信じてもらえたらなと感じました。

-この作品はどのような方に見ていただきたいですか。
この主人公と同じ、あまり自分に自信のない方ってたくさんいらっしゃると思うので、そのような方に聞いていただきたいです。そして、共感して、自分に自信を持ち、良い恋愛が始められるきっかけになってもらえればと思います。


◆水島大宙
-このドラマのシチュエーションについてどう思われましたか。
今回のシチュエーションの男性はちょっと軽いような印象も感じられますけど、自分の思いをきちんと言える男のはやっぱりかっこいいなと思います。自分にはなかなかできない事だなと感じました。でもタイミングのいい男ってちょっとずるいですよね、というか羨ましいです(笑)

-この作品はどのような方に見ていただきたいですか。
主人公の女性のように、ちょっと色んなことに疲れてしまった方に聞いていただけたらいいなと思います。そして、くすっと笑って、許してくれるような気持ちになってもらえたらとても嬉しいです。

【荒牧佳代(番組監修)コメント】

-番組の感想をお願いいたします。

今回は「監修」という形で脚本や演出に携わらせていただきました。12話中2話を私が脚本しています。
客観的にトキメキが生まれないシーンはリライトし、女性が「きゅん」とときめきを感じるようなシーンや男女が愛を深めて行く段階を、素敵なシチュエーションとして綺麗に描けるように監修させていただきました。
100人いれば100通りの恋愛があります。ご自分の恋愛経験と重ねて共感したり、理想の恋愛として眺めたりして、12話それぞれを自由な気持ちでぜひ楽しんでいただきたいなと思います。  

-BeeTV番組「感じる留守番電話」のような男性の甘い言葉や声を聴くことによって、女性のフェロモンの質が上がり、より魅力的になると考えますか。

そうですね。女性はイメージング能力の高い生き物です。恋愛の感受性も男性より高いのが自然ですから、素敵な男性の声にときめきを感じれば、ドーパミンや女性ホルモンであるエストロゲンが分泌され、女性をより女らしくさせるでしょう。 
女性の恋する感受性は、高めて、磨いて、ブラッシュアップしてこそ男性との恋愛を楽しめます。
まだ恋を知らない人、まだまだ恋をしたい人、恋人がいる人まで、12話のさまざまなストーリーを見ていただくことにより、自分の新たな恋の感性と出逢うかもしれませんね。
恋愛の感性を磨きフェロモンの質を上げることは、恋する恋体質から愛を育める愛体質へと女性を導き、ゆくゆくは女として幸せにつながります。あなたの人生が悔いのない希望する輝く人生でありますように。たくさんの恋愛を心から応援しています。         

-女性へフェロモンアップの秘訣をお願いいたします。

ひとくちにフェロモンといっても動物には道標を残すフェロモンなど目的別に種類がいろいろありますが、人間でよく語られるフェロモンとは、生殖のために異性を見つけたり、引き寄せるときに使われる性フェロモンを指します。
秘訣があるとすれば、まず男性を素直に欲することからでしょうか。
恋愛はもともと欲深く生々しいものなので、男性との関わり方によっては自分の感情を理性で抑え込んでしまう場合があったりするでしょう。ですが、理性は本能からの欲望を抑えるのではなく、叶えるために画策する英知です。そこを勘違いしなければ、恋愛を素直に欲するだけでフェロモンがでるようになるでしょう。
また、フェロモンは無臭ですが、人間の尿や汗、女性の母乳などから放出されています。自分以外の同じ種の人間に感知させることを目的としていますから、男性に限らず女性が女性のフェロモンを感じとり、発情することもあります。身近で立て続けに結婚ラッシュや出産ラッシュがあることも、これに関係している可能性もありますね。ぜひ感化されてみましょう。