あの仲良し6人組が戻ってきた 『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。』初日舞台挨拶

By saeki, 2013年9月2日


2011年に放送されたTVアニメが大ヒットを記録した『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。』の劇場版が2013年8月31日(土)より公開! 初日舞台挨拶が都内の劇場で行われた。
本作はTVアニメ最終回から1年後の世界を描いた物語。当日は、子供の頃一緒に遊んだ「超平和バスターズ」のメンバーである宿海仁太(じんたん)役・入野自由さん、本間芽衣子(めんま)役・茅野愛衣さん、安城鳴子(あなる)役・戸松 遥さん、松雪 集(ゆきあつ)役・櫻井孝宏さん、鶴見知利子(つるこ)役・早見沙織さん、久川鉄道(ぽっぽ)役・近藤孝行さんが登壇。トークを繰り広げた。

―久々に「超平和バスターズ」の面々に再会することになったと思いますが、今の気持ちをお願いします。

入野自由さん(以下、入野):個人的にはじんたんと一緒に作品に飛び込むのはうれしかったですが、最高の形で終わった作品に再び臨むのは、やはり不安でした。
実際に出来上がったものを見ましたが、懐かしさと新しさが絶妙に混じり合っている作品になったと思います。

茅野愛衣さん(以下、茅野):そのままでいるのがめんまですが、アニメを見返した時に「この後どうなるんだろう?」とドキドキしました。みんなで集まるとあの頃に戻ることができました。皆さんに観ていただけてうれしいです。

戸松 遥さん(以下、戸松):すごく懐かしい気持ちになりました。ビジュアルを見ていただけるとわかるかもしれませんが、髪型が変わっていたり、ここは変わってないな、という部分もあります。

櫻井孝宏さん(以下、櫻井):ゆきあつは1年経っても相変わらずです(笑)。人間は10代で大きく成長しますが、彼は取りあえず笑かせてくれます。温かい目で見守っていてください。

早見沙織さん(以下、早見):つるこもゆきあつとは違う意味で変化をしているかな、と思います。ゆきあつとの関係も気になる部分がありますし、その他「超平和バスターズ」メンバーとの関係も描かれています。
懐かしさ、新しさ、温かさを持ちながらアフレコに臨みました。

近藤孝行さん(以下、近藤):ぽっぽを蚊帳の外とした恋愛模様に、どのように彼が食い込んでいくのか? 個人的には見どころです(笑)。
それと、ゆきあつがとんでもなくカッコいいので、そこも注目してください!

―作品の見どころを教えてください。

入野:めんまを想って5人が話すシーンがあるのですが、テレビシリーズではなかったシーンですし、あれから1年間色々と考えさせられたからこそのシーンだと思います。

茅野:じんたんの母親が作る、自慢の蒸しパンの秘密がわかると思います。レシピを家に持ち帰って、是非作ってください!

戸松:TVアニメの最終回のその後が描かれていますが、そんな中、個人的には、あなるとつるこのふたりの関係性ややりとりに注目していただきたいですね。

櫻井:主題歌を歌わているガリレオ・ガリレイの「サークルゲーム」の曲の詞のニュアンスが、作品を観ることにより、納得、理解できると思います。
歌詞を思い浮かべながら観ていただくと、より楽しめるかもしれません。

早見:ゆきあつは1年前と同じくゆきあつ然としてそこにいますので、彼を取り巻く環境、気持ちがどう表れているのか注目してください。
また、主題歌のタイトル通り、「サークルゲーム」のようなシーンが出てきますので、そこも楽しみにしていただきたいです。

近藤:「超平和バスターズ」の面々の、小さい頃のエピソードは見ていてとても楽しかったですし、曲がどのようなタイミングで流れてくるかなどに注目していただきたいです。

―最後に、ファンに一言お願いします。

近藤:皆さんがご覧になった後、どんな気持ちで家路につかれるか楽しみです。

早見:泣いたり笑ったりできる作品だと思います。みんなでその感情を共有してくださると幸いです。これからも『あの花』を大事にしてください。

櫻井:皆さんの力のおかげで、こうして花を咲かせられたと思います。今後も応援よろしくお願いいたします。

戸松:応援してくださる皆さんのおかげで劇場公開まで来られました。本作からは自分自身も学ばせてもらったことが多かったです。TVアニメでは描かれなかったところも観られると思いますので、お楽しみに!

茅野:TVアニメの最終回で、「超平和バスターズはずっとなかよし」とめんまが残しましたが、その言葉どおりの作品になったと思います。温かい気持ちで観てください。

入野:これからを生きていく、という、とても前向きな作品になっていると思います。「やっぱりいい作品だな」とその気持ちを会場の皆さんで共有できることがとてもうらやましいです。自分も今度劇場に足を運び、その気持ちを味わいたいと思います。

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

●劇場版公式サイト
http://www.anohana.jp/