伊藤かな恵、阿澄佳奈、茅野愛衣が超ブラコンな姉妹を演じる「シスコイ!」より、 出演者のコメントが到着!!

By saeki, 2013年8月10日


超ブラコンな3姉妹と過ごす日常の甘く、くすぐったくなるようなシチュエーションの魅力を男性ユーザーに余すことなく伝えるシチュエーションドラマCD『シスコイ!』。8月10日発売のこの作品に出演した伊藤かな恵さん、阿澄佳奈さん、茅野愛衣さんよりコメントが到着した。
どうやら出演キャストもダミーヘッドマイクを使って収録したシーンが一番の注目だったよう!? 作品公式HPでは試聴も行われているので、気になる方はチェックしてみよう。

なお、『コミケ84』の『Koln+Marine Ent.(ケルン プラス マリン・エンタテインメント)』ブースでは、本作のイラストを担当した風瑛なづきさんの描きおろしイラストを使った『A3タペストリー&ブロマイド3枚』を付けた限定盤も販売されている。コミケに足を運ぶ方はこちらも要チェックだ。

【キャストコメント】
――ダミーヘッドマイクを使用しての収録はいかがでしたか?

伊藤かな恵さん(以下、伊藤):ダミーヘッドマイクでの収録が初めてでしたし、しかも3人一緒で収録するということだったので、どのように収録するのかすごく楽しみにしていました。
ダミーヘッドマイクでの収録は普段のアフレコとは違って、まず動きの指導をしていただきつつ段取りを確認するところから始まるんです。主人公(聴き手)の動きや向きを想定して私たちが毎回立ち位置を変えるので、新鮮で、驚きや発見がいっぱいありました。色々考えながらだったので本当にドキドキしました(笑)。

阿澄佳奈さん(以下、阿澄):ダミーヘッドマイクを使っての収録は2度目だったのですが、以前行ったのは1対1のシチュエーションの1人での収録だったので、今回のように複数人での収録は初めてでした。ダミーヘッドマイクの特性を活かした収録で、聴き手の皆さんに、いろいろな方向から聞こえてくる声を楽しんでいただける内容になっていると思います。
でも、やっぱり、演じるときに考えることが増えるので難しいですね(笑)。収録風景は、はた目から見たら多分シュールだったんじゃないかな~なんて思います(笑)。

茅野愛衣さん(以下、茅野):ダミーヘッドマイクでの収録は初めてでしたので、「どうやって収録するのかな?」とドキドキしながら現場にきました。
動きや立ち位置を教えていただいて、実際に本番でみんなの顔を見ながら動いて収録していますと、本当にここがお風呂場のような、お化け屋敷のような気分が沸いて、イメージが膨んでくるんです。すごく面白かったです。
現場の楽しい雰囲気は、ボーナストラックのキャストトークを聴いてもらえるとすぐ伝わると思います(笑)。

――演じたキャラクターについての感想や印象を教えてください。

伊藤:出演者3人の中で、あまり私がお姉ちゃんを演じるということがなかったので、始まるまでドキドキしてました(笑)。でも、この3人だったから、楽しく収録ができましたし、しっかりみそらというあなた(主人公)のお姉ちゃんになれたかなと思います。

阿澄:渚は、しっかり者だけど自分の気持ちを表すのはちょっと苦手な女の子です。みそらお姉ちゃんと日向ちゃんとは違った、渚らしい、渚ならではの可愛さを皆さんに感じていただけると嬉しいです。

茅野:日向は、一番末っ子の無邪気ですごく素直な可愛い子で、周りにも気が遣えます。私自身には兄妹がいないのですが、「すごくいい兄妹関係だな~」「実際にこういう兄妹がいたらいいな」「早く家に帰りたくなっちゃうかな?」なんて思いました。

――ご自身が演じられた以外のキャラクターについて、感想や印象を教えてください。

【みそらについて】

茅野:「お姉ちゃんも結構無邪気だな」と思いました(笑)。

伊藤:「めっ!」ってみそらが怒るシーンでは、年上の人というよりも友達のような距離感に近かったかも?と思いました。

茅野:結構お茶目なシーンがありましたよね。カーテンの裏から登場するところとか(笑)。可愛いお姉ちゃんだなぁと思いました。

阿澄:夢のようなお姉ちゃんですね。

【渚について】

茅野:渚ちゃんは不器用可愛い女の子ですよね。

伊藤:しかも、家事を全部やってくれる!(笑)。

阿澄:素晴らしい妹ですよ!

茅野:この家庭がなりたっているのは、渚ちゃんのおかげかもしれないです(笑)。

伊藤:こんな妹が欲しい……(笑)。

阿澄:全部やってくれる妹……ほしいですね(笑)。

茅野:うまく言い出せないでモジモジするあの感じが可愛いです。

伊藤:普段しっかりしてるからこそ、たまに見せるあの感じがすごくいいです。

【日向について】

伊藤:無邪気で可愛かったです!

阿澄:小動物みたいで可愛かったですよね!

茅野:私、一番動き回っていたかも?(笑)

伊藤:うん。茅野ちゃんが一番ダミーヘッドマイクの周りを動き回ってました(笑)。

茅野:でも、あまりバタバタと足の音を立てるわけにもいかなくて……。私が上半身だけ動かして位置を変えているところは、あまり想像しないでほしいですね(笑)。

伊藤:一番年下で本当に無邪気な女の子なんですけど、場を明るくするだけではなくて、ちゃんと周りのことが見えてる感じがしました。

阿澄:一番下だからこそ、お姉ちゃんやお兄ちゃんを見て、いろいろわかってるのかもしれないですね。

伊藤:あと、一番お兄ちゃんにくっついてたよね。「もうちょっとマイクから離れてください」って指示もあったよね(笑)。

阿澄:うん。日向ちゃんは、すごくグイグイいってたなぁ(笑)。

茅野:そういえば確かに……、一番マイクに近づいていた気がします(笑)。

――ファンの皆様へメッセージをお願いします。

伊藤:初めてのダミーヘッドマイク収録で大変なこともいっぱいありましたが、アスミン(阿澄さん)と茅野ちゃんと収録ができてすごく楽しかったです!
このドラマCDではそんな雰囲気も含めて伝わるといいなと思っています。内容も音声もとても面白いと思いますので、最後のボーナストラックまで、ぜひ“良い”ヘッドフォンで聴いていただきたいです(笑)。楽しみにしていてください。

阿澄:聴いてくださる皆さん(主人公)のことを大好きなお姉ちゃんと妹2人という、素敵な家族の日常を描いた作品です。それを、ダミーヘッドマイクを使って収録した臨場感あふれる音声で楽しんでいただきたいと思います。
みんな良い子たちで、良い家族なので、きっと幸せな気持ちになれること間違いナシです!ヘッドフォンを付けて全力で没頭して聴いていただけると嬉しいです。ただ、電車の中で聴くときはニヤニヤすると思うのでお気をつけ下さい(笑)。

茅野:収録後に、その音声を私たち3人で聴かせていただいたんですが、本当にその場で喋っているように感じました。外で聴いていたら、ドラマの中で「お兄ちゃん」って呼ばれているのに、勘違いして実際に後ろを振り向いちゃうんじゃないかと思うくらいすごかったです。
既にダミーヘッドマイクで収録した音声を聴いたことがある人もですが、特に初めて聴く方は、ドキドキしてもらえると思います。お姉ちゃんと妹たちからいっぱい愛される主人公なので、逆にお姉ちゃんと妹たちを愛し返してあげてください。

【CD概要】

シスコイ!
発売予定日:2013年8月10日(土)

形式:シチュエーションドラマCD(一部、ダミーヘッドマイク収録)

価格:定価¥3,150

初回特典:B2告知ポスター
※『コミケ84』では『A3タペストリー&ブロマイド3枚』を付けた限定盤を販売。
価格は4,500円。


▲B2告知ポスター


▲限定盤A3タペストリー用イラスト


▲限定盤特典ブロマイド

【コミックマーケット84出展概要】
日時:2013年8月10日(土)~12日(月)
【東京】東京ビッグサイト

ブース番号:No.636(西ホール企業ブース)
出展ブース名:Koln+Marine Ent.(ケルン プラス マリン・エンタテインメント)
※『井口裕香のむ~~~ん ⊂( ^ω^)⊃ライト』や『あおい・さおりの新番組(`・ω・’) DJCD vol.5【豪華盤】+イベント限定特典(一緒に乾杯CD 2013サマー)』等、多数限定特典付き商品を販売

●『シスコイ』公式HP
http://www.marine-e.net/sp/sisukoi/
●『マリン・エンタテインメント』公式ツイッター
https://twitter.com/Marine_ENT

(C) MARINE ENTERTAINMENT